齋藤正樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
齋藤正樹

齋藤 正樹(さいとう まさき、1943年10月13日 - 2013年11月2日)は、日本の外交官。駐カンボジアニュージーランド大使、財団法人交流協会台北事務所長を務めた。

人物[編集]

1943年広島県で生まれる。広島大学附属福山高等学校東京大学教養学部を卒業後1966年外務省へ入省。入省同期には野上義二浦部和好孫崎享大塚清一郎などがいる。外務省大臣官房領事移住部長、カンボジア特命全権大使ニュージーランドサモア特命全権大使を経たのち、財団法人交流協会台北事務所長をつとめた[1]

しかし、2009年台湾中正大学での講演で「台湾の国際的地位は未定」と発言したことから、馬英九政権はこの発言に「中華民国の主権を否定するもの」と強く反発し、台湾外交部は齋藤代表を呼び出して厳重抗議した。後日齋藤は辞意表明した。「一身上の都合」を理由としているが、事実上、失言の責任を取ったとみられる[2]

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]