斎藤歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さいとう あゆむ
斎藤 歩
生年月日 (1964-12-20) 1964年12月20日(55歳)
出生地 日本の旗 日本北海道釧路市
身長 181 cm
血液型 B型
職業 劇作家
演出家
俳優
演劇プロデューサー
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1987年 -
配偶者 あり(西田薫)
事務所 ノックアウト
テンプレートを表示

斎藤 歩(さいとう あゆむ、1964年12月20日 - )は、日本の劇作家演出家俳優演劇プロデューサー北海道釧路市出身。ノックアウト所属。日本演出者協会理事。札幌座チーフディレクター。妻は女優の西田薫。

来歴[編集]

北海道釧路市に生まれ、父の転勤によって幼少期に本州に引っ越す。千葉県立佐倉高等学校から父の母校であった北海道大学に進学。当初は地質学に興味があり、科学者志望だった[1]1984年、北大教養部自治会再建運動で委員長に立候補。民青系、社青同系、革マル系候補を圧倒する票を得たものの投票総数が規定に満たなかったため不成立となった。ほぼ同時期、北大演劇研究会のアングラなテント公演、反天皇制演劇で知られる「驪団」公演を北大構内で行う運動をきっかけに演劇研究会に入会したのが演劇に関わるようになったきっかけである[2]。大学は教養部2年生を3回繰り返すなどして、結局3年半で中退する。

1987年、北大演劇研究会出身者を中心メンバーとして「札幌ロマンチカシアター魴鮄舎(そうぼうしゃ)」を旗揚げし、1995年の活動休止まで座長を務める。JR琴似駅北口の倉庫を拠点に公演を行う。その他、A.S.G(アーティスツ・ギルド・オブ・サッポロ)など数々の劇団に携わる。演出家、脚本家、俳優として北海道を中心に活動。80年代後半は鈴井貴之増澤ノゾムとともに札幌の若手劇作家として注目された。

1996年札幌市文化奨励賞を受賞。同年、北海道演劇財団設立に伴い、TPS(シアタープロジェクトさっぽろ)契約アーティストに就任。2000年、北の舞台創造実行委員会『逃げてゆくもの』演出で文化庁芸術祭優秀賞を受賞。この年より現在の事務所に所属となり、東京と北海道の2拠点を往復しながら活動している。2008年3月より、TPS代表幹事。2016年より北海道演劇財団芸術監督

2002年、自作・自演・自演出の『冬のバイエル』がこの年の東京新聞現代劇ベスト5に選出される。2005年、『亀、もしくは…。』を作者カリンティ・フリジェシュの故国ハンガリーで上演。

2010年より、北海道戯曲賞最終選考委員を務める。2011年より城西国際大学メディア学部特別講師。

人物[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

劇場版アニメ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

テレビドラマ[編集]

1999年

2001年

2002年

2003年

2004年

  • 天切り松 闇がたり(フジテレビ)
  • おばさんデカ 第13作(フジテレビ)

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

その他テレビ[編集]

コマーシャル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ #16 斎藤歩さん(俳優・演出家・劇作家)”. いいね!Hokudai. 北海道大学 (2014年11月11日). 2018年4月18日閲覧。
  2. ^ ピックアップ魂 vol.2 斎藤歩篇 前編”. 役者魂.jp. イー・スピリット (2010年9月28日). 2018年4月18日閲覧。
  3. ^ サマーウォーズ”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。
  4. ^ 素晴らしい世界” (日本語). 北海道テレビ. 2020年9月12日閲覧。