斎藤清 (卓球選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斎藤清 Table tennis pictogram.svg
基本情報生年月日 (1962-09-30) 1962年9月30日(56歳)選手情報利き腕グリップ ペンホルダーフォア面ラバー テナジー05バック面ラバー なし戦型 ドライブ主戦型
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子卓球
アジア卓球選手権
1982 ジャカルタ 団体
1984 イスラマバード 混合ダブルス
アジア競技大会
1982 ニューデリー シングルス
1982 ニューデリー 団体
1986 ソウル ダブルス
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

斎藤 清(さいとう きよし、1962年9月30日 - )は、日本卓球選手。

全日本卓球選手権男子シングルスで歴代2位の8度優勝や通算勝利数最多101勝の輝かしい記録を持っている。

人物[編集]

山形県東田川郡立川町(現庄内町)出身。立川中から埼玉の熊谷商業高等学校を経て明治大学を卒業後、日産自動車に入社。2010年現在、全日本卓球選手権男子シングルスで歴代2位の8度優勝する(のちに同じ明治大学出身の水谷隼2017年に9度目の優勝を果たす)。ソウルオリンピック日本代表。妻は元卓球選手の嶋内よし子。所属組織は「埼玉県教職員卓球連盟」。2010年に全日本卓球選手権で通算勝利を101勝とする。現在では埼玉県深谷市にある埼玉工業大学の職員として活動している。

主な戦績[編集]

  • 1977年 - 全国中学校卓球大会 男子シングルス 優勝
  • 1979年 - 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 男子ダブルス優勝、団体優勝
  • 1980年 - 全国高等学校総合体育大会卓球競技大会 男子シングルス、ダブルス、団体優勝[1]
  • 1981年 - 全日本学生卓球選手権 男子シングルス 優勝 男子ダブルス 優勝
  • 1982年 - 全日本学生卓球選手権 男子シングルス 優勝 男子ダブルス 優勝、全日本卓球選手権 男子シングルス 優勝 男子ダブルス 優勝 混合ダブルス 優勝
  • 1983年 - 全日本学生卓球選手権 男子シングルス 優勝 男子ダブルス 優勝、全日本卓球選手権 男子シングルス 優勝 男子ダブルス 優勝 混合ダブルス 優勝
  • 1984年 - 全日本卓球選手権 男子シングルス 優勝 男子ダブルス 優勝
  • 1985年 - 全日本社会人卓球選手権 男子シングルス 優勝
    • 全日本卓球選手権 男子シングルス 優勝
  • 1986年 - 全日本社会人卓球選手権 男子ダブルス 優勝
    • 全日本卓球選手権 混合ダブルス 優勝
  • 1987年 - 全日本社会人卓球選手権 男子ダブルス 優勝
    • 全日本卓球選手権 混合ダブルス 優勝
  • 1988年 - 全日本卓球選手権 男子シングルス 優勝 混合ダブルス 優勝
  • 1989年 - アジアカップ 男子シングルス 優勝、全日本社会人卓球選手権 男子シングルス 優勝、全日本卓球選手権 男子シングルス 優勝
  • 1990年 - 全日本社会人卓球選手権 男子シングルス 優勝、全日本卓球選手権 男子シングルス 優勝
  • 1992年 - 全日本卓球選手権 男子シングルス 優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 卓球男子 斎藤(熊谷商)単複二冠 読売新聞 1980年8月6日朝刊18ページ