斎藤真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「齋藤眞」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

斎藤 真斎藤 眞、さいとう まこと、1921年大正10年)2月15日 - 2008年平成20年)1月16日)は、日本政治学者東京大学名誉教授。専門はアメリカ政治史。

略歴・人物[編集]

斎藤勇(英文学者、文化功労者、東京大学名誉教授)の次男として東京都に生まれる。アメリカ文学者の斎藤光は実兄。

1927年、成城学園小学校入学[1]。1937年に受洗[1]。同年、成城高等学校文科乙類入学[1]。1940年に同校を卒業[1]

高木八尺に師事し、1942年東京大学法学部政治学科卒業。ハーバード大学留学等を経て1959年から東京大学法学部教授、1981年から国際基督教大学教授を歴任。その他に国際基督教大学平和研究所所長、アメリカ学会会長などを務めた。門下生に五十嵐武士古矢旬など多数いる。

1989年12月から日本学士院会員1997年文化功労者2005年文化勲章受章。

日本基督教団所属のクリスチャンだった。2008年1月16日慢性気管支炎のため東京都内の病院で死去。享年86。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『現代アメリカの内政と外交――高木八尺先生古稀記念』(東京大学出版会、1959年)
  • 『講座アメリカの文化(3)機会と成功の夢――農業主業から産業主業へ』(南雲堂、1969年)
  • 『アメリカ政治外交史教材』(東京大学出版会、1972年/第二版、2008年)
  • 『総合研究アメリカ(3)民主政と権力』(研究社出版、1976年)

共編著[編集]

  • (深谷満雄)『アメリカの対外政策決定と議会――その構造と展開』(日本国際問題研究所、1965年)
  • 嘉治元郎)『アメリカ研究入門』(東京大学出版会、1969年)
  • 永井陽之助山本満)『戦後資料・日米関係』(日本評論社、1970年)
  • 細谷千博今井清一蝋山道雄)『日米関係史開戦に至る10年――1931-1914年(1-4)』(東京大学出版会、1971年-1972年)
  • (シグムント・スカード)『講座アメリカの文化(別巻2)世界におけるアメリカ像――研究と展望』(南雲堂、1972年)
  • 本間長世亀井俊介)『日本とアメリカ――比較文化論(全3巻)』(南雲堂、1973年)
  • (嘉治元郎)『アメリカ学入門』(南雲堂、1975年)
  • (細谷千博)『ワシントン体制と日米関係』(東京大学出版会、1978年)
  • (大西直樹)『今、アメリカは』(南雲堂、1995年 ISBN 978-4523262190)

訳書[編集]

  • ダニエル・ベル編『保守と反動――現代アメリカの右翼』(みすず書房、1958年)
  • ハロルド・ニコルソン『外交』(東京大学出版会、1965年、新版・選書、1968年)
  • リチャード・ホフスタッター『アメリカ現代史――改革の時代』(みすず書房、1967年)
  • C・A・ビアード『アメリカ政党史』(東京大学出版会、1968年)
  • C・E・メリアム『政治権力――その構造と技術』(東京大学出版会、1973年)
  • M・ジェンセン『アメリカ憲法の制定』(南雲堂、1976年)
  • 合衆国商務省編『アメリカ歴史統計――植民地時代-1970年(全3巻)』(原書房、1986年-1987年、新装版1999年)
    • 1巻 1987年版 ISBN 978-4562018154/1999年版 ISBN 978-4887213449
    • 2巻 1987年版 ISBN 978-4562018161/1999年版 ISBN 978-4887213456
    • 3巻 1987年版 ISBN 978-4562018840/1999年版 ISBN 978-4887213463
  • シェルドン・ウォリン『政治学批判』(みすず書房, 1988年)
  • A・ハミルトンJ・ジェイJ・マディソンザ・フェデラリスト』(福村出版、1991年/岩波書店、1999年)
  • ジョン・ハイアム『自由の女神のもとへ――移民とエスニシティ』(平凡社、1994年 ISBN 978-4582473322)
  • シェルドン・S・ウォリン『アメリカ憲法の呪縛』(共訳、みすず書房、2006年 ISBN 978-4622071877)

関連項目[編集]

脚注[編集]