斎藤真美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さいとう まみ
斎藤 真美
プロフィール
本名 非公表
愛称 まみまみ、まみみ
出身地 日本の旗 大阪府大阪市淀川区
生年月日 (1988-10-07) 1988年10月7日(32歳)
最終学歴 神戸大学海事科学部
勤務局 朝日放送テレビ
部署 編成局アナウンス部
活動期間 2012年 -
ジャンル アナウンサー
配偶者 あり
公式サイト アナウンサープロフィール 斎藤真美
出演番組・活動
出演中 おはよう朝日土曜日です
なるみ・岡村の過ぎるTV
出演経歴 見知らぬ関西新発見!みしらん
キャスト月曜日
堀江政生のほりナビ!!
教えて!ニュースライブ 正義のミカタ
速報!甲子園への道
全国高校野球選手権大会中継
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学
おはようコールABC
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

斎藤 真美(さいとう まみ、1988年10月7日 - )は、朝日放送テレビ[1](ABC)所属のアナウンサー。実姉は毎日放送(MBS)出身のフリーアナウンサー斎藤裕美で、自身が『おはようコールABC』のメインキャスターを務めていた時期に、同番組で定期的に共演していた。

来歴[編集]

大阪市淀川区の出身で、姉の裕美と同じ小・中学校、高校(大阪府立北野高等学校)、大学(神戸大学海事科学部マリンエンジニア学科)に進学。大学への在学中には、船舶エンジンの機械設計や、およそ1ヶ月にわたって日本列島を縦断する航海実習などを経験した。その一方で、在学中の2010年には、今宮戎神社(大阪市)の2011年「福娘」(45名)および「福娘代表」(4名)の内の1名に選出された[2]。また、『今ちゃんの「実は…」』(朝日放送テレビ)の「街で見かけるあの娘の素顔は実は…」(ロケコーナー)で、千鳥からのインタビューを受けた[3]

裕美に続いてアナウンサーを志していたことから、大学在学中の就職活動で在京局のアナウンサー試験を受けたところ、ある局から採用の内定を得た。しかし、後に受験した在阪局の朝日放送(当時)からも内定が伝えられると、「地元の大阪(で働いた方)が良い」という理由で同局への入社を即決した[4]

大学卒業後の2012年に、アナウンサーとして朝日放送へ正式に入社。同年7月3日放送の『おはよう朝日です』(朝日放送テレビ)と『おはようパーソナリティ道上洋三です』(朝日放送ラジオ、以下『おはパソ』と略記)で番組デビューを果たした。入社当初は、姉の裕美も在阪他局(毎日放送)のアナウンサーであったことから、全国でも珍しい「(同じ時期に別々の放送局へ勤務する)姉妹アナウンサー」として取材を受けることもあった[5]

2012年10月からは、『キャスト』の月曜日17時台に新設されたランキング調査、紹介コーナー「アレ・キニナール? ランキング」のリポーターとしてレギュラー出演。朝日放送ラジオでも、『堀江政生のほりナビ!!』ナイターオフ編成版の水曜日で、2012年度・2013年度に堀江政生のアシスタントを務めた。同年11月16日に放送された朝日放送テレビ『探偵!ナイトスクープ』で、「爆笑!小ネタ集!!『シャーペンかぶってんねん』」のロケで、中学時代の同級生(男性)や探偵役の石田靖とともに登場[6][7]

2014年4月から2015年3月までは、『おはようコールABC』木・金曜日でサブキャスター、『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(いずれも朝日放送テレビが午前中に関西ローカルで生放送)でアシスタントを担当。2015年4月以降は横山太一桂紗綾(同年9月28日から2020年10月2日の最終回までは横山とのダブル司会)で、『おはようコールABC』の全曜日(月 - 金曜日)に出演している。さらに、同年10月1日放送分からは、姉の裕美が木・金曜日のニュースキャスターを担当。レギュラー番組では初めて、姉妹で共演していた[8]

また、朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系列全国ネットの番組にも随時出演。2013年・2014年の1月1日には、新春特別番組『芸能人格付けチェック!』シリーズで、前年まで「格付けマダム」として出演してきた赤江珠緒に代わる「格付けアナ」として出演。2013年には、2月17日に放送の特別番組『KAMIWAZA〜神芸〜2013』でアシスタントを担当したほか、『速報!甲子園への道』全国ネットパートでメインキャスターを務めた[9]ビートたけしの司会による『家庭の医学』シリーズでも、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』時代の2015年4月21日放送分から、『名医とつながる!たけしの家庭の医学』時代の2017年12月26日放送分まで、アシスタントを担当している。

2020年9月末に一般男性と結婚。『おはようコールABC』の最終回では、その旨を初めて公表したうえで、結婚後も朝日放送テレビアナウンサーとしての活動を続けることを明かした[10]。最終回の翌週(10月10日)から、『おはよう朝日土曜日です』の司会を担当。

人物[編集]

趣味は、星空の鑑賞、食べ歩き、旅行で、好きな映画は「風の谷のナウシカ」。早朝の生放送番組『おはようコールABC』を担当していた独身時代には、本番(勤務)を終えた午後から自宅でビールを嗜んだり、テレビゲームに興じたりしながら1人で過ごすことが多かったという。

星空の鑑賞については、「北野高校1年生の時に西はりま天文台へ泊まり込んで課外研修を受けたことをきっかけに興味を持ち始めた」とのことで、プラネタリウムや天体観測地を頻繁に訪問。「工学を浅く広く勉強したかった」という理由で理系の学部(神戸大学海事科学部)に所属していた大学生時代には天文学と縁がなかったものの、朝日放送への入社後に、西はりま天文台のグループ宿泊施設で学生時代の仲間と同窓会を開いたことがある[11]

お笑いも好きで、入社時の自己紹介では、「親しみやすいアナウンサーを目指す」「『ナイトinナイト』などのバラエティ番組をいつか担当したい」といった抱負を披露していた[12]。また、運動が得意でないことを自認しながらも、2012年11月25日には朝日放送テレビの番組企画の一環として第2回神戸マラソンフルマラソンに初挑戦。6時間7分32秒のタイムで完走した。

身長は169cm。2014年3月16日京セラドーム大阪で開かれたファッションイベント・KANSAI COLLECTION2014 SPRING&SUMMERでは、喜多ゆかりと共にライブパートのMCを務めるかたわら、ショーモデルとしてランウェイを歩いた[13]。2015年4月以降は、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』 (朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系列で放送の全国ネット番組)のアシスタントを喜多から引き継いでいる。

出演番組・作品[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • ABCニュース(不定期)
    • 『おはようコールABC』の出演曜日拡大後から終了までは、担当から事実上外れていた。終了の翌週(2020年10月第2週)から担当を再開。

過去[編集]

テレビ[編集]

  • 全国高校野球選手権大会中継
    • 入社1年目の2012年から、「燃えろ!ねったまアルプス」(阪神甲子園球場アルプススタンドからの応援中継)のリポーターを担当。2013年・2014年・2016年・2018年には、「甲子園スタジオ」のキャスターを務めていた。
  • キャスト月曜日(2012年10月 - 2015年3月、コーナーキャスター)
    • 2012年10月から2013年9月までは、「アレ・キニナール?ランキング」(月曜日に放送されていたランキング調査・紹介コーナー)のみ出演。2013年10月28日以降の月曜日には、「ヤノスポ」で(当時矢野燿大が進行していたスポーツコーナー)および清水とおる気象予報士)が出演する天気予報コーナーのパートナーと、「キャストレ!」(当時18時台で放送されていたトレンド情報コーナー)の進行役兼リポーターを兼務していた。
  • 探偵!ナイトスクープ(2012年11月16日 小ネタの中で登場(前述)、2018年8月24日・8月31日 見習い秘書)
  • 速報!甲子園への道(2012年・2013年)
    • 入社1年目の2012年に、関西ローカルパートにアシスタントとして出演。2013年には、角野友紀(2015年4月からフリーアナウンサーに転身)、竹内由恵森葉子(いずれもテレビ朝日アナウンサー)と共同で全国ネットパートのメインキャスターを務めた。
  • 神戸マラソン2012 新たなる自分へ(2012年12月1日)
    • 田口壮とともに、同番組の「フルマラソンチャレンジャー」として、第2回神戸マラソンでフルマラソンに初挑戦。
  • 人気者でいこう!芸能人格付けチェックシリーズ(第10弾 - 第12弾)
  • ビーバップ!ハイヒール(入社前から出演を希望していた『ナイトinナイト』枠木曜日の番組)
    • 「本当に恐ろしい!ニッポン異常気象最前線」(2013年1月31日放送分) - ゲリラ豪雨の実験リポートを担当。スタジオにも出演した。
    • 「あなたのルーツを解き明かす名字の謎」(2015年9月3日放送分)- 「データガール」の肩書でレギュラーを務める八塚彩美大野聡美と共に、「プレミアム名字の由来クイズ」の出題者としてスタジオに登場。
  • 知ってるor知ったか?クイズ!バレベルの塔(2013年1月5日放送のパイロット版、問題読み)
  • KAMIWAZA?神芸?2013(2013年2月17日、アシスタント)
  • 見知らぬ関西新発見!みしらん (「突撃みしらん」リポーター兼天気キャスター、2013年1月5日 - 9月21日)
  • 全国おもしろニュースグランプリ2013 朝日放送代表(2013年12月31日、テレビ朝日制作、全国ネット)
  • 明石家さんまのコンプレッくすっ杯 (2014年1月10日、アシスタント)
  • 教えて!ニュースライブ 正義のミカタ(2014年4月5日 - 2015年3月、アシスタント)
  • おはようコールABC(2014年4月 - 2020年10月2日、月 - 金曜日メインキャスター)
    • 2015年3月までは、主に木・金曜日のエンタメキャスターを務めていた。同年4月からは、月 - 水曜日にも出演。同年10月1日から2017年3月までは、姉の裕美が木・金曜日のニュースキャスターを担当していた関係で、裕美との姉妹ロケに臨むこともあった。
  • クイズプレゼンバラエティー Qさま!!(2015年5月18日、テレビ朝日制作、全国ネット) - 朝日放送を代表する格好で、「国立大学出身チーム」のメンバーとして出演。
  • 名医とつながる!たけしの家庭の医学(2017年7月11日 - 2017年12月26日、アシスタント)
    • 前身番組『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』第3代(最終)アシスタント(2015年4月21日 - 2017年6月6日)から、司会のビートたけしと揃って続投。全国ネットでは自身初のレギュラー番組であった『みんなの家庭の医学』時代から、『おはようコールABC』(大阪の本社スタジオでの生放送)への出演スケジュールとの兼ね合いで、隔週木曜日には『おはようコール』への出演後に日帰りで東京メディアシティでの収録に臨んでいた[14]
  • サンデーLIVE!!(2018年1月7日・8月22日・12月9日、テレビ朝日・朝日放送・メ〜テレ共同制作、全国ネット) - 「朝メシLIVE!!」のコーナーで奈良県奈良市、京都府京都市から中継リポート。
  • 耐え子の日常 第22話(2020年3月1日、おばちゃん店員役)

ラジオ[編集]

  • 堀江政生のほりナビ!!(2012年度・2013年度のそれぞれ下半期、パートナー)
  • 斎藤真美のもうすぐ先輩!(2013年3月3日 - 3月31日、日曜7:05 - 7:15)
    • 入社後初の冠番組として、2013年3月の期間限定で5回放送。
  • 斎藤真美のちょびっと(2015年11月30日 - 12月2日)
  • 桑原征平粋も甘いも
    • 2019年11月13日(水曜日) - 後述する『日曜は松喬日和』を隔週水曜日に収録していた縁で、 総合司会を務める「ABCラジオまつり2019」の宣伝を目的に、「征平の1時の一字」(13時台前半)にゲストで出演。
    • 2019年12月 - 「粋甘流☆美女と野獣NEO」(水曜13時台後半)にて、唱歌「お正月」の替え歌「お征平」を歌唱。
  • 日曜は松喬日和(2019年10月6日 - 2020年9月27日)

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2018年4月1日に旧・朝日放送(朝日放送グループホールディングス)の認定放送持株会社化に伴い、アナウンサーは全員、朝日放送テレビ所属となった。
  2. ^ 「福娘」45人をお披露目 大阪・今宮戎神社asahi.comが2010年12月5日付でYouTubeに公開した取材動画)などを参照
  3. ^ 2013年3月27日「今ちゃんの『実は…』」”. gooテレビ (2013年3月27日). 2014年8月21日閲覧。
  4. ^ 阪神も見習え!大阪愛貫いた斎藤真美アナの心意気”. 日刊スポーツ (2020年10月2日). 2020年10月2日閲覧。
  5. ^ 関西に才媛姉妹アナ誕生 ABC斎藤真美アナ「おは朝」でデビュー(『スポーツニッポン』2012年7月2日付記事)
  6. ^ 2012年11月16日「探偵!ナイトスクープ」”. gooテレビ (2012年11月16日). 2014年11月22日閲覧。。中学時代の斎藤から、授業中に同じシャーペンを使わないでほしいと声をかけられた男性が、『探偵!ナイトスクープ』へ依頼。嘘のクイズ企画へ参加させられた斎藤に対して同じ言葉を言い返した。
  7. ^ 過去の検索結果 2012/11/16放送”. 探偵!ナイトスクープ. 朝日放送. 2017年1月12日閲覧。
  8. ^ 斉藤真美アナ、裕美アナと「おはようコールABC」で姉妹共演(『スポーツニッポン』2015年9月28日付記事)。
  9. ^ 竹内由恵アナ:「熱闘甲子園」新キャスターに 5年ぶり「甲子園への道」も担当 毎日新聞デジタル、2013年6月20日閲覧
  10. ^ "ABC斎藤真美アナが結婚 一般男性と9月下旬に「おはようコール」最終回で発表". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  11. ^ 星空を眺めて気持ちをリフレッシュ(『スポーツニッポン』「在阪民放アナのリレーコラム アナランド」2019年11月24日付記事)
  12. ^ プロフィールページより。
  13. ^ 「KANSAI COLLECTION2014 SPRING&SUMMER」LIVE MC
  14. ^ 日刊スポーツ』に掲載の「アナグラ」(女性アナウンサーによるリレーコラム)2015年6月分を参照。『みんなの家庭の医学』前任アシスタントの喜多も、『おはよう朝日です』(月 - 金曜日に『おはようコールABC』の後枠で生放送)のアシスタントと並行しながら、斎藤と同様のスケジュールで収録に参加していた。
  15. ^ 放送業のアナ!在阪民放5局「後妻業の女」コラボ・ポスター(『スポーツニッポン』2016年6月28日付記事)
先代:
赤江珠緒
2代目格付けアナ
(2013年、2013年秋、2014年)
次代:
ヒロド歩美