斎藤秋圃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

斎藤 秋圃(さいとう しゅうほ、安永元年(1772年[1]) - 安政6年10月16日1859年11月10日))は、江戸時代後期から末期にかけて活躍した四条派絵師。前名は葵双鳩、福岡藩支藩秋月藩御用絵師。桑原鳳井、石丸春牛、村田東圃と共に筑前四大画家と呼ばれた。

略伝[編集]

「江稼圃肖像(部分)」 江稼圃・江芸閣賛 長崎県立長崎図書館蔵 文化5年(1808年)

京都出身。姓ははじめ池上、葵。名は相行。通称は市太郎、惣右衛門。別号に葦行、双鳩など。斉藤家の言い伝えでは、秋圃は醍醐家の庶子で、南禅寺の文禮和尚に預けられ、のち池上相常の養子となったという。絵は円山応挙江稼圃らに学んだという。享和2年(1802年)35歳ごろは、亦介(又輔)と称し、大坂新町で幇間を務めており、呉雀楼で滝沢馬琴と会っている。翌年『葵氏(きし)艶譜』を出版(3年後に『郭中艶譜』と改題され再出版)。葵姓は、母が葵殿と称したのが由来だという。

文化2年(1805年)秋月藩主黒田長舒に召さ出され、3人扶持12石で御組外絵家業を仰せつかる。文化10年(1812年)葵から斎藤に改姓。文政11年(1828年隠居し、大宰府に居を移す。天保9年(1838年)長男が江戸で出奔、秋月藩でお家断絶する。安政6年(1859年)没、享年92。墓は光明寺。家業は次男が夭折してたため三男の斎藤梅圃が継いだが、梅圃の作品は殆ど残っていない。

福岡で活躍した仙厓と交流が深く、一説に仙厓の師とも言われる。謹直な画風から軽妙洒脱な絵まで多様な作品をこなしたが、動物画、特に鹿の絵を得意とした。ただし、晩年は乱作気味で質の良くない作品も混じる。弟子に吉嗣梅仙、萱島鶴栖など。福岡市博物館の2階展望ロビーの壁には、秋圃の「博多太宰府図屏風」が刻まれている。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 款記・印章 備考
江稼圃肖像 絹本著色 1幅 長崎県立長崎図書館 1808年(文化5年) 款記「葵衛寫」 江稼圃・江芸閣賛
双鹿図 絹本著色 1幅 福岡市博物館 1805年(文化3年) 亀井南冥
島原陣図屏風 紙本著色 六曲一隻 秋月郷土館 1837年(天保8年) 島原凱陣二百年祭の記念事業として秋月藩10代藩主・黒田長元の命により、軍学者の指導のもと制作された。本図は「戦闘図」で左隻にあたり、対になる右隻の「出陣図」は木付要人筆。
十二ヶ月風俗図絵巻 紙本著色 1巻 九州歴史資料館 1837年(天保8年) 款記「七十翁 秋圃寫」 麗水舎金生歌
仙厓和尚縄床図 紙本淡彩 1幅 聖福寺 1839年(天保10年) 福岡県指定文化財。藤原義美賛[2][3]
博多太宰府図屏風 紙本著色 六曲一双 個人(九州歴史資料館寄託 1840年(天11年) 款記「七十三翁秋圃寫」/「秌圃」朱文長方印
熊谷直実と平敦盛図絵馬 板地著色 1面 筑紫野市歴史博物館 1840年(天保11年)
四季農耕図屏風 紙本著色 六曲一双 葦書房 1840年(天保11年) 国立歴史民俗博物館に複製が展示
仙厓和尚像 絹本著色 1幅 聖福寺 1841年(天保12年) 特裔祖檀賛[4][3]
鹿図屏風 六曲一双 有田町歴史民俗資料館 1850年(嘉永3年) 款記「行年八十二歳土筆翁秋圃」[5]
四季耕作図屏風 六曲一双 有田町歴史民俗資料館東館 1851年(嘉永4年) 款記「八十三齢土筆翁秋圃」
張良・黄石公図絵馬 板地著色 1面 現人神社 1851年(嘉永4年)
仁田四郎猪退治図絵馬 板地著色 1面 金刀比羅宮 1855年(安政2年)
五百羅漢図 紙本墨画淡彩 49幅 興徳寺(福岡市西区姪浜 興徳寺には他にも障壁画を全て描いた2室や、同時の和尚を描いた頂相がある。
涅槃図 紙本墨画淡彩 1幅 出光美術館 無款 仙厓・二川相近・斎藤愚連堂賛。仙厓を釈迦に見立てた変り涅槃図[6]
仙厓和尚涅槃図 紙本淡彩 1幅 聖福寺 無款 仙厓・二川相近・斎藤愚連堂賛。上記の出光本とほぼ同じ図様[7]

脚注[編集]

  1. ^ 墓所である光明寺供養塔に安政6年に92歳でなくなったと記されていることから逆算して明和5年(1768年出生説が取られることが多かったが、斎藤家から見つかった資料から4年ずれた安永元年が適切だと考えられる(『齋藤秋圃・梅園関係資料』p.10)。
  2. ^ 図録(2013年)pp.128,232。
  3. ^ a b 東京国立博物館 京都国立博物館 日本経済新聞社文化事業部編集 『臨済禅師一一五〇年 白隠禅師二五〇年遠忌記念 禅―心をかたちに―』 日本経済新聞社、2016年4月20日、pp.190,393。
  4. ^ 図録(2013年)pp.116,224-225。
  5. ^ 『季刊 皿山 有田町歴史民俗資料館・館報』No.110、2016年夏(PDF)。
  6. ^ 八波(2015)。
  7. ^ 図録(2013年)pp.128,232-233。

参考文献[編集]

  • 橋冨博喜 「齋藤秋圃研究(一) 齋藤家資料について」太宰府市市史資料室編集『年報太宰府学』第6号、太宰府市、2012年3月
  • 八尋和泉 「齋藤秋圃像―仙厓筆二件と自画像―」太宰府市市史資料室編集『年報太宰府学』第6号、太宰府市、2012年3月
  • 橋冨博喜 「齋藤秋圃研究(ニ) 翻刻『京遊日記』(稿)」太宰府市市史資料室編集『年報太宰府学』第7号、太宰府市、2013年3月
  • 八波浩一 「斎藤秋圃筆「涅槃図」に関する一考察─仙厓の寿像としての「変わり涅槃図」の一例をめぐって」『出光美術館研究紀要 第20号 2014年』2015年1月31日、pp.149-183
  • 太宰府市教育委員会編集・発行 『太宰府市の文化財 第133集 太宰府の絵師調査報告1 齋藤秋圃・梅圃関係資料』 2018年3月31日
展覧会図録
  • 筑紫野市立歴史民俗資料館編集発行 『企画展 筑紫路の絵師 ─斎藤秋圃と吉嗣家・萱島家─』 1989年12月1日
  • 福岡県立美術館学芸課 魚里洋一企画・編集 『[ 特別展 ] ─筑前四大画家の時代─ 斎藤秋圃と筑前の絵師たち』 福岡県立美術館、2002年
  • 福岡市博物館編集 『栄西禅師八百年大遠諱記念特別展 日本最初の禅寺 博多聖福寺』 日本最初の禅寺 博多・聖福寺展実行委員会、2013年4月20日