斎藤精一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
斎藤精一郎
生誕 (1940-03-28) 1940年3月28日(77歳)
日本の旗 日本 東京府
研究機関 千葉商科大学
立教大学
研究分野 社会経済学、金融論
母校 東京大学
実績 サプライサイド経済学を日本に紹介した
テンプレートを表示

斎藤 精一郎(さいとう せいいちろう、昭和15年(1940年3月28日 - )は日本経済学者エコノミスト。専攻は社会経済学金融論NTTデータ経営研究所所長、千葉商科大学名誉教授

来歴[編集]

東京府(現・東京都)出身。日比谷高校1963年東京大学経済学部卒業後、日本銀行に入行。日銀在職時にフランス銀行へ留学。1972年立教大学社会学部産業関係学科講師に転進。1973年に同学部助教授、1980年に同学部教授に昇進。1990年代からマスメディアへ登場するようになり、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京系)でコメンテーターを務める。2005年に立教大学を定年退職し、千葉商科大学大学院会計ファイナンス研究科教授に就任。2009年3月に千葉商科大学を定年退職し同年7月に千葉商科大学名誉教授の称号を授与される。

評価[編集]

著書『2003年日本経済非常事態宣言』に対して、経済学者の若田部昌澄は「同意すべき点もあるし、鋭い認識も見られる」としながらも「全体としてこの本の抱える矛盾は深刻であり、その支離滅裂さに評者は冗談ではないかと思いながら読了した」と評した[1]

主な著作[編集]

  • 斎藤精一郎 『2003年日本経済非常事態宣言』 日本経済新聞社2002年。ISBN 978-4532350352。
  • 『ゼミナール現代金融入門』(日本経済新聞社
  • 『経済学は現代を救えるか』(文藝春秋
  • 『マネー・ウォーズ』(PHP研究所
  • 『アングラ・マネー』(講談社
  • 『サプライサイド・エコノミックス』(日本経済新聞社)
  • 『情報エコノミーの衝撃』(日本経済新聞社)
  • 『新しい世界新しい経済』(日本経済新聞社)

出演したテレビ番組[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 若田部昌澄 「第2章 Book navigation 03 エコノミスト非常事態宣言」『エコノミスト・ミシュラン』 田中秀臣野口旭・若田部昌澄(編)、太田出版2003年、138-141頁。ISBN 978-4872337952。

関連項目[編集]