斎藤義龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
斎藤義龍 / 斎藤高政
Saitō Yoshitatsu.jpg
斎藤義龍像(常在寺蔵)
時代 戦国時代
生誕 大永7年6月10日1527年7月8日
死没 永禄4年5月11日1561年6月23日
改名 豊太丸(幼名)、斎藤義龍、范可(号)
別名 新九郎(通称)、利尚、高政、一色義龍、一色左京大夫
戒名 雲峯玄龍居士
墓所 岐阜県岐阜市常在寺
官位 治部大輔左京大夫美濃守
幕府 室町幕府美濃国守護代/相伴衆
主君 土岐頼芸足利義輝
氏族 斎藤氏一色氏
父母 父:斎藤道三、母:深芳野[注釈 1]
兄弟 義龍孫四郎喜平次利堯利治(長龍)、帰蝶織田信長正室)、女子(斎藤利三正室)、女子(姉小路頼綱正室)、女子(土岐頼純室)、女子(稲葉貞通正室)、女子(斎藤利之妻、斎藤元忠の母)、義兄弟:正義
正室:近江の方浅井久政の養女で亮政の娘[注釈 2]
龍興
テンプレートを表示

斎藤 義龍(さいとう よしたつ)/ 斎藤 高政(さいとう たかまさ)は、戦国時代武将美濃国戦国大名道三流斎藤氏の第2代当主(美濃一色氏初代とする説もある)。室町幕府相伴衆

生涯[編集]

大永7年(1527年)7月8日、斎藤利政(後の道三)の長男(庶子)として生まれる。母は側室の深芳野。幼名は豊太丸、元服後は利尚、高政と名を変えている(『高木貞一氏所蔵文書』)[1]が、本記事では義龍で統一する。

天文23年(1554年)2月22日から3月10日の間に、道三が隠居したため、美濃守護代斎藤氏の家督を継いで稲葉山城主となったとされる[2]。この隠居は父・道三の自発的なものではなく、家臣の信頼を得られず、領国経営が円滑に進まなかったための交代劇という見方もある[3]。なお、天文17年(1548年)相続説や、道三の隠居(義龍に稲葉山城を譲り、自身は鷺山城に移動)は『美濃国諸旧記』で述べられているが、『信長公記』や『江美濃記』などの信頼性の高い史料に記述が無く、道三は隠居していないという説もある。

その後、道三は義龍を「耄者ほれもの愚か者の意味)」と断じ、「利口者」の孫四郎喜平次らを溺愛するようになる[4]。一方の義龍も、父の政策と立ち居振る舞いに対して不満と危機感を募らせていく。ついには道三が義龍を廃嫡して、正室の小見の方の腹である孫四郎を嫡子にしようとし、末弟の喜平次には「一色右兵衛大輔」と名門一色氏を名乗らせた[4]ことから、両者の関係は最悪の事態を迎えた。

弘治元年(1555年)、義龍は叔父とされる長井道利と共謀して孫四郎・喜平次らをおびき出して日根野弘就に殺害させたため、道三は大桑城に逃走した[4]。弘治2年(1556年)、義龍は長良川にて道三と対峙、道三を支持する勢力は少なく、旧土岐氏の勢力に支えられて道三を討ち果たした(長良川の戦い)。また、明智氏など道三に味方した勢力も別動隊を用いた迅速な用兵でほぼ同時期に攻め滅ぼしている。尾張国から織田信長が道三を救援に来ていたが間に合わなかった。義龍と多少の戦闘をしつつ信長は撤退した[4]。なお、この時に義龍の末弟・斎藤利治が尾張の織田家に亡命し、織田信長より偏諱を与えられ長龍と改名している。

尾張織田家との戦闘が続く中、義龍は京都の将軍足利義輝より「一色氏[注釈 3]を称することを許され、美濃守護代家斎藤氏より改名、永禄元年(1558年)に治部大輔に任官し、永禄2年(1559年)には上洛し、足利義輝に謁見する。義龍は足利幕府相伴衆に列せられ戦国大名としての大義名分を得た。さらに南近江の六角義賢と同盟を結び、北近江浅井久政とも戦う[注釈 4]。しかし尾張国の織田信長の侵攻がより激しくなるなどの不利な条件もあり、勢力拡大は果たせなかった。

永禄3年(1560年)、伊勢太神宮供米に対する過所(通行許可証)を下々役人中にあてて印判状形式で与えている(「神宮文庫所蔵文書」)。この印判状も戦国大名が多く発給した文書形式であり、義龍がこれを採用したことは注目される[6]

さらに、義龍になって国内の武士にあてた知行宛行状が数多く発給されるようになる。その所領がすべて貫高に結ばれる例もみられるようになる(「斎藤文書」)。この貫高制は戦国大名の知行制の特質をなすもので、この貫高制によって荘園制に終止符をうつことができ、新しい知行制・軍役体系が次第に構築されていたことが推測される[6]。後に剃髪して玄龍と号している。

永禄4年(1561年)、左京大夫(左京兆)に任じられるが、同年の5月11日に病死した(『永禄沙汰』『厳助往年記』)[7]。享年35。辞世は「三十余年、守護天入、刹那一句、仏祖不伝[8]」。後を子の龍興が継いだ。

人物・逸話[編集]

  • 実父は道三ではなく土岐頼芸であるとの説がある。母・深芳野は道三の側室となったときにはすでに頼芸の子を懐妊していたという[9]。ただし、信憑性に乏しく、当時でも義龍の父親は道三だと認めている第三者の手紙(六角義賢が永禄3年(1560年)、家臣に宛てた書状『六角承禎条書』による)がある。
  • 義龍は父殺しの汚名を避けるためか、足利氏の一門である一色氏を称して、一色左京大夫と名乗った。また主家の土岐氏も成頼が一色氏出身でその三代孫の頼栄が一色氏を名乗っている。自己の正当性を主張するためとも考えられる。義龍の母・深芳野の母方の祖父が尾張知多郡守護の一色義遠(『美濃国諸家系譜』)、あるいは深芳野の父が一色義清であるとも言われる。義龍方についた土岐氏旧臣である桑原・安藤・日根野・竹腰らは、それぞれ一色家家臣ゆかりの延永・伊賀・氏家・成吉に改名したという説もあるが、斎藤家家臣の一色家家臣団名への改姓時期は義龍没後で龍興の治世である永禄4年(1561年)である。道三の実子ではないという噂を逆手に取り、父殺しの汚名を避ける大義名分を得て、一色を名乗ることにより美濃国人1万7千5百を自らの指揮下に結集させる事に成功したとされる[9]
  • 道三は信長に美濃国を譲る遺言書のようなものを書いており[10]、義龍は最後まで道三から認められなかった。
  • 永禄2年(1559年)に織田信長が僅かな供を連れて上洛した際には、道中に火縄銃で装備した手勢を派遣して、暗殺を謀っている[4]。結局は失敗するものの、これは記録に残る日本初の狙撃である。
  • 身長六尺五寸(約197cm)の大男であったとされる[11]
  • ハンセン病にかかっており、それがもとで早死したといわれている。しかし『大かうさまぐんきのうち』を見るとハンセン病ではなく、奇病で妻と息子とともに同時に死去したとされる[12]
  • 義龍は道三討伐後に「范可(はんか)」と名乗ったという。「范可」とは中国・の時代に止むを得ない事情により父親を殺した人物であり、義龍は自分の境遇と重ねこの名前を使うようになったとされる[4]。ただし、「范可」にまつわる故事の実在は確認されていない。また、義龍が「范可」を名乗るのは、実際には道三を殺す以前からである。『美江寺文書』によれば弘治元年(1555年)12月、「范可」名で同寺に禁制を出している[6][13]。これにより、義龍は道三の首実検をしてから自分の行ないを悔やみ、罪障消滅のために「范可」と名乗ったとする太田牛一の説明は誤りであって、道三と戦う決意をした時には「范可」を名乗っていたことが証明されている[14]桑田忠親は、「養父にあたる道三の首を斬ることが、実父土岐頼芸の仇を討つことになり、実父に対して孝行だ、と理解した結果であったと思われる」としている[15]。また桑田は義龍の心境を、「父親と戦わなければならないはめになったので、どうせ、おれは范可なのだと、居直った様子が感じとれる」とも述べている[14]
  • 勝俣鎮夫は、道三から義龍への継承、道三の戦死までの経緯に関して、従来の説を批判している。道三の美濃国内における発給文書の少なさを指摘して、義龍の家督継承は国内政治を省みない道三の施策を批判した重臣によって行われた強制的な当主交代であり、翌年の長良川の戦いは追放された道三が家督奪還を目指して兵を挙げたものであるとする見解を述べている[3]

評価[編集]

  • 義龍死後の永禄5年(1562年)に書かれた「一色左京大夫日記」によると、当時美濃は戦乱が続き国人たちが土岐氏・斎藤氏から半独立していた。義龍はこれを無理に抑え込もうとせず臣従を条件として一定の自治権を認めるという手法を取った。これにより国人たちは自分たちの権力を保証してくれた義龍の元に集まり、道三の中央集権により戦乱が続いていた美濃は平和になったと評価している。義龍死後の美濃は、後を継いだ龍興が14歳という年少だったこともあり国人たちの力が強くなっていった。肥大化した国人たちは龍興を見限り尾張の織田信長の美濃侵攻に協力し大名としての斎藤氏は滅亡した。 そして織田信長の統治下に入ったが本能寺の変後は織田家臣同士の戦いが始まり、江戸時代は天領も含めて分割統治という配慮がなされた。慶長年間に書かれた後世の加筆によると長良川の戦い(1556年)以降10年以上美濃1国さえ攻めとることができなかった織田信長が15年で20ヵ国以上支配したという事実を見比べ「如何に美濃が豊かであり斎藤義龍の支配が偉大だったかわかる。惜しむらくは国人の自治権を認めたことと早くに亡くなったことだ」としている。(国人の自治権を認めたことは斎藤家自体の勢力の減退と同義だった。ただし国人の自治権を認めなかった道三を国人の力を借りて倒した義龍は国人の自治権を認めなければなかったという事情もあった。)[16]

菩提寺[編集]

生前に、岐阜市常在寺菩提寺と制定している。この寺には国の重要文化財に指定されている斎藤義龍肖像画が所蔵されている。

この肖像画は、その子の龍興の寄進によるもので、肥満で下ぶくれの魁偉な容姿をしており、父の道三とはあまり似ていない[17]

系譜[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『美濃国諸家系譜』には稲葉良通の姉で、深芳野と良通は同腹で母は一色義遠の娘とある。一説に一色義清の娘ともいわれる。
  2. ^ 一説に浅井久政の娘ともいわれるが、『系図纂要』には浅井亮政の娘(久政の妹で養女)と記載されているため、後者の説が有力とされる。
  3. ^ 一色氏は足利一門に属しており、斎藤氏は勿論のこと、美濃守護家である土岐氏よりも格上の家柄であった[5]
  4. ^ 一色氏は織田信長の根本領地である尾張知多郡と海東郡の分郡守護や北伊勢半国守護を継承した家柄であり、義龍の目指す侵攻路は、それだったとする説もある。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『岐阜市史』
  2. ^ 桑田 1973, p. 99.
  3. ^ a b 勝俣 1996.
  4. ^ a b c d e f 『信長公記』
  5. ^ 谷口雄太「足利一門再考 -[足利的秩序]とその崩壊-」『中世足利氏の血統と権威』(吉川弘文社、2019年) ISBN 978-4-642-02958-2 P200.
  6. ^ a b c 勝俣 1980.
  7. ^ 勝俣鎮夫 「美濃斎藤氏の盛衰」 『岐阜県史通史編 原始・古代・中世』、1980年。 
  8. ^ 桑田 1973, p. 184.
  9. ^ a b 『美濃国諸旧記』巻之2(p.33-64)
  10. ^ 『江濃記』『大阪城天守閣所蔵文書』『妙覚寺所蔵文書』
  11. ^ 『美濃国諸家系譜』
  12. ^ 桑田 1973, p. 183.
  13. ^ 桑田 1973, p. 144.
  14. ^ a b 桑田 1973, p. 156.
  15. ^ 桑田 1973, p. 145.
  16. ^ 一色左京大夫日記
  17. ^ 桑田 1973, p. 151.

参考文献[編集]

  • 桑田忠親 『斉藤道三』 新人物往来社、1973年。 
  • 勝俣鎮夫 「美濃斎藤氏の盛衰」 『岐阜県史通史編 原始・古代・中世』、1980年。 
  • 勝俣鎮夫 『戦国時代論』 岩波書店、1996年。 

関連項目[編集]

関連作品[編集]

テレビドラマ