斎藤良輔 (脚本家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

斎藤 良輔(さいとう りょうすけ、1910年10月25日 - 2007年7月31日[1])は、脚本家。

栃木県生まれ。水戸高等学校(現茨城大学)中退。松竹脚本部研究所をへて松竹脚本部に入社。[2]1937年「風の中の子供」(坪田譲治原作、清水宏監督)、1948年「風の中の牝鶏」(小津安二郎)、1948年「鐘の鳴る丘」(菊田一夫原作)、49年「花の素顔」(舟橋聖一原作、渋谷実監督)、50年「てんやわんや」(獅子文六原作、渋谷実)、51年「自由学校」(同)、52年「本日休診」(井伏鱒二原作、渋谷)、53年「やっさもっさ」(同)、54年「日の果て」(梅崎春生原作、山本薩夫監督)、1956年「人妻椿」(小島政二郎原作、原研吉監督)、65年「雪国」(川端康成原作、大庭秀雄監督)などを手がけた。

[編集]

  1. ^ 脚本家の斎藤良輔さん死去:朝日新聞
  2. ^ 『現代日本人名録』