斑れい岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斑れい岩

斑れい岩(斑糲岩、はんれいがん、英語: gabbroガブロ)は、深成岩の一種。火山岩の玄武岩に対応。

有色鉱物角閃石輝石を多く含み、岩石全体が黒っぽい(ペグマタイト質のものは斜長石の白い部分が目立つことがある)。磁鉄鉱なども含んでいることがある。無色鉱物はほとんどが斜長石で、アルカリ長石石英をほとんど含まない。

閃緑岩との区別は、斜長石の灰長石成分(An)の割合による(An<50が閃緑岩、An>50が斑れい岩)。アルカリ長石が含まれるようになるとモンゾ斑糲岩、石英が含まれるようになると石英斑糲岩、アルカリ長石と石英の両方を含むと石英モンゾ斑糲岩となる。

表記[編集]

漢字が非常に難しいため、斑れい岩[1]あるいははんれい岩ハンレイ岩と書かれることのほうが多い。

語源[編集]

イタリアの工芸家が呼んでいた石材名gabbroに由来するが、初めは蛇紋岩や輝石からなる特殊な火成岩に使われていた。これを岩石名としたのは1810年、フォン・ブッフで、初めは蛇紋岩や輝石からなる特殊な火成岩の名であったが、後になって、今日のような意味で使われるようになった。斑糲岩という難しい訳語を作ったのは、小藤文次郎1884年明治17年〉)。糲は「くろごめ」玄米のことで、粒状で黒い斑点のある石という意味らしい。明治初期にはまた、「飛白石・カスリイシ」の訳も行なわれたが、これはかすり模様という意味でつけられた名前である。どちらも、白い斜長石と黒い輝石が白黒の斑点に見えることを意味する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2。(オンライン学術用語集[リンク切れ]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 久城育夫、荒牧重雄、青木謙一郎『日本の火成岩』岩波書店、1989年、ISBN 4-00-005766-9。
  • 豊遙秋青木正博『検索入門 鉱物・岩石』保育社、1996年、ISBN 4-586-31040-5。