出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(と)とは、尺貫法における体積(容積)の単位

斗(と)
蓋付きの一斗缶
一斗缶
尺貫法(倍数単位)
体積
SI 約18.039 L(日本)
10 L(中国)
定義 10升
テンプレートを表示

10が1斗、10斗が1となる。日本では、明治時代に1升=約1.8039リットルと定められたので、1斗=約18.039リットルとなる。

中国では、1升=1リットルと定められたので、1斗=10リットルとなる。ただし、時代によって異なり、時代が下るに連れ容積が大きくなる傾向にある。代は1.94リットルであったが、代に3.43リットル。後漢で1.98リットルに一度減るが、その後は西晋で2.02リットル、で5.94リットルなどと増え続け、代には10.74リットルとほぼ現代と同じになった。

約1斗の容積を持つ直方体形のブリキ缶は、日本ではかつて「一斗缶」と呼ばれていた。第二次世界大戦後は「五ガロン缶」(5 USG=18.93リットル)という名称が広まったが、後に「18リットル缶」が正式名称とされた。灯油などを入れるプラスチック製の容器(通称:ポリタンク)は一斗缶の代替として作られたものであり、その容積は1斗(18リットル)か、それより少し多い20リットルである。