斗猛矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斗猛矢
プロフィール
リングネーム 斗猛矢
助清
足立 知也
身長 178cm
体重 88kg
誕生日 (1973-03-12) 1973年3月12日(46歳)
出身地 北海道登別市
所属 フリー
デビュー 1996年1月25日
テンプレートを表示

斗猛矢(ともや)は、日本プロレスラー政治家北海道登別市議)。北海道登別市出身。本名:足立 知也(あだち ともや)。

略歴[編集]

1996年1月25日デビュー。道産子プロレス道場 元気に所属し、PWCなどのインディー団体で経験を積む。コンドル(当時は「ヘブン」)、アジアン・クーガー、ファントム船越とZIPANGを設立。

1997年10月18日、出身地である北海道登別市でプレ旗揚げ戦、翌1998年3月に旗揚げ戦を行う。しかし同年9月、クーガーと船越が、西野勇喜、ザ・グレート・タケルと、当時参戦していたIWA・JAPANを中心に活動するユニット「Jolt Jokers」を結成を興行中に宣言した事を受けて離脱(団体追放処分)した事から、団体活動は徐々に縮小化、他団体参戦が中心となる(2003年3月、団体は活動休止)。

2002年12月、WMFに参戦。初試合が登別市での凱旋興行として挙行される。

2003年7月25日、王座決定トーナメントで優勝し、WMF認定ジュニアヘビー級王座を獲得。

2005年より、改めて登別市に拠点を持ち、EMMA(エンマ)を結成。プロレス教室を開き選手の育成を開始。当初は公共施設を借りる形での練習であり、本人は首都圏を中心に活動。

2007年4月29日、北海道夕張市で開催された大仁田厚の自主興行(チャリティープロレス)に、プロレス教室の練習生と共に参戦。活動拠点を登別市に移した事、道場を設立し団体としての旗揚げを予定している事を正式に宣言。

同年10月21日、当時三冠ヘビー級王座にあった佐々木健介を招聘してのEMMA旗揚げ戦を、道場である「アレナノボリベツ」で開催。

2008年4月、第2弾興行を開催。

2019年現在、EMMAとしての興行は行っておらず、道内で行われる各団体(道南リング北都プロレス全日本プロレスDDTプロレスリングWRESTLE-1など)の興行への参戦が中心となっている。

政治活動[編集]

2019年2月27日、4月に実施される(第19回統一地方選挙)登別市議会議員選挙に立候補すると本人から発表された。

同年4月21日に行われた登別市議会議員選挙にて、674票を獲得し初当選[1]

エピソード[編集]

旗揚げ戦に絡んで判明した北海道のプロレス団体への認知度[編集]

北海道を拠点として旗揚げしたプロレス団体としては、(拠点が別地域に移ったものなどを含めると)若松市政が興し、斗猛矢も所属した道産子プロレス道場 元気を嚆矢として、ジョージ高野FSR畠中浩旭のASP、佐山聡掣圏道、クレイン中條の北都プロレスがある。

しかし、札幌テレビが制作し、EMMA旗揚げ戦を取り上げ、2007年11月4日に放映されたドキュメント番組「D!アンビシャス」では、「道内初のプロレス団体!」と番組紹介でも、番組中のテロップでも流された(現在同局のHPでは表現が少し柔らかくなり「道内発のプロレス道場」と掲載されているが、設立当時のFSRを紹介した北海道新聞の記事でも「道内初の道場」と銘打たれていた)。

タイトル歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成31年4月21日執行登別市議会議員選挙 開票の速報”. 登別市(2019年4月21日). 2019年4月22日閲覧。