斜方切頂立方八面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斜方切頂立方八面体
斜方切頂立方八面体
斜方切頂立方八面体
種別 半正多面体ゾーン多面体
面数 26
面構成 正方形: 12
正六角形: 8
正八角形: 6
辺数 72
頂点数 48
頂点構成 4, 6, 8(正方形1枚と正六角形1枚、正八角形1枚が集まる)
Great rhombicuboctahedron vertfig.png
シュレーフリ記号 tr{4, 3}
ワイソフ記号 2 3 4 |
対称群 Oh
双対多面体 六方八面体
特性 凸集合
テンプレートを表示

斜方切頂立方八面体(しゃほうせっちょうりっぽうはちめんたい、: rhombitruncated cuboctahedron)、または大菱形立方八面体[1](だいりょうけいりっぽうはちめんたい、: great rhombicuboctahedron)、切頂立方八面体(せっちょうりっぽうはちめんたい、: truncated cuboctahedron)、切頭立方八面体[1](せっとうりっぽうはちめんたい)、角切り立方八面体(かくぎりりっぽうはちめんたい)とは、半正多面体の一種で、立方八面体の各頂点を切り落としたような立体である。ただし、正確に立方八面体の各頂点を切り落とした形にはなっていない。

性質[編集]

赤い面は正六面体由来、青い面は正八面体由来、黄色い面は菱形十二面体由来
  • 表面積: 一辺をとすると
  • 体積: 一辺をとすると
  • 外接球半径: 一辺を2とすると
  • ゾーン多面体の一種でもある。

この図形の不正確なものと頂点が共通となる立体[編集]

近縁な立体[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b ダウド・サットン(2005)『プラトンとアルキメデスの立体 - 三次元に浮かびあがる美の世界』(青木 薫訳)ランダムハウス講談社