断裂帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
赤:トランスフォーム断層・茶:断裂帯
大西洋中央海嶺。赤い部分がトランスフォーム断層
東太平洋海膨。赤い部分がトランスフォーム断層

断裂帯(だんれつたい、: fracture zone)とは、海底地形が極めて不連続となっている崖状・溝状の巨大な海底断層崖であり、トランスフォーム断層による地殻の不連続の延長上の海底に見られる。すなわち、トランスフォーム断層の外側の痕跡部分にあたる。中央海嶺から出て、それに直交する方向に直線状に伸びる。地殻の最上部地帯にあたる。大洋底の拡大に伴って伸びた亀裂であると考えられている。大規模なものは、特に太平洋東部に多い[1]。狭義の断裂帯は、トランスフォーム断層の痕跡にすぎず、地震はほとんど発生しない。

世界の主な断裂帯[編集]

大西洋[編集]

いずれも大西洋中央海嶺を横切っている。

  • チャーリー・ギップス断裂帯(北緯53°~54°付近)
  • クルチャトフ断裂帯(北緯43°~44°付近)
  • オーシャノグラファー断裂帯(北緯34°~36°付近)
  • ケーン断裂帯(北緯23°~24°付近)
  • ヴェーマ断裂帯(北緯10°~11°付近)
  • セントポール断裂帯(北緯2°~4°付近)
  • ロマンシュ断裂帯(赤道付近)
  • アセンション断裂帯(南緯7°~8°付近)
  • セントヘレナ断裂帯(南緯15°~17°付近)

太平洋[編集]

いずれも東太平洋海膨を横切っている。

  • メンドシノ断裂帯英語版
  • マレー断裂帯
  • クラリオン断裂帯英語版
  • ガラパゴス断裂帯(赤道付近)
  • ケブラダ断裂帯(南緯2°~3°付近)
  • ウィルクス断裂帯(南緯10°~17°付近)
  • ギャレット断裂帯(南緯15°~17°付近)
  • オーストラル断裂帯(南緯20°付近)
  • メンダナ断裂帯(南緯30°付近)
  • イースター断裂帯(南緯33°~34°付近)
  • メナード断裂帯(南緯50°付近)
  • エルタニン断裂帯(南緯55°~60°付近)

太平洋にある、メンドシノ断裂帯英語版、マレー断裂帯、クラリオン断裂帯英語版の3つの断裂帯はいずれも太平洋東北部に位置し、長さは3000~4000km、垂直変位は2000~3000mに及ぶ[2]。メンドシノ断裂帯は、北アメリカ西岸の沖合からハワイ沖まで東西に走る断裂帯であり、断層の延長線上に、高さ1000mに達する崖状の地形が見られる[3]

インド洋[編集]

  • オーエン断裂帯(ソマリア沖、北緯7°~12°、東経55°~60°付近に北東-南西方向に走る)
  • ロドリゲス断裂帯(モーリシャスの東方、南緯20°付近、インド洋中央海嶺の南端)
  • マラガシー断裂帯(南緯25°~50°、東経40°~45°付近、)
  • プリンス・エドワード断裂帯(南緯25°~50°、東経35°~30°付近)
  • モザンビーク断裂帯[4](南緯25°~50°、東経25°~33°付近)

マラガシー断裂帯からモザンビーク断裂帯は、マダガスカル島の南方で、北北東-南南西方向にほぼ平行に走る 断裂帯で、南西インド洋海嶺を横切っている。

  • アムステルダム断裂帯(南緯27°~45°、東経80°付近、南北方向に走る)

アムステルダム断裂帯は南東インド洋海嶺を横切っている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本大百科全書「断裂帯」
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「断裂帯」
  3. ^ 世界大百科事典 第2版「断裂帯」
  4. ^ 『世界地名大事典 アジア・アフリカ I あーし』朝倉書店 p.139