斯波四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

斯波 四郎(しば しろう、1910年4月7日 - 1989年4月29日)は山口県阿東町(現:山口市)出身の作家で、本名は柴田 四郎である。

人物[編集]

著書[編集]

  • 「禽獣宣言」朋文社(1957年
  • 『檸檬・ブラックの死』講談社 1959
  • 『山塔』文藝春秋新社、1959 
  • 「愛と死の森」雪華社(1960年
  • 「月曜日の憂鬱」講談社(1962年
  • 「校外グループ集合」秋元書房(1963年
  • 「緑の島」学習研究社1964年
  • 「含羞の花」審美社(1966年
  • 『仰臥の眼 斯波四郎遺作品より』柴田小夜子編 中央公論事業出版 1990

関連本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「文藝春秋90周年記念特別企画・誌上「同級生」交換 芥川賞・直木賞喜びの軌跡」、『文藝春秋』(2013年1月号)、文藝春秋 pp. 54p