斯波詮国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
斯波詮国
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 孫三郎、加左衛門(通称)、空心(法号)、一風(道号)
氏族 高水寺斯波氏
父母 父:斯波詮森
行詮義眞

斯波 詮国(しば あきくに)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将。

父詮森が病死した後、仙台、盛岡、秋田を転々としていたが21歳の時に大坂の陣があるのを聞きつけ、秋田から家来30人を連れて本多正信配下として参戦しようとしたが、伏見に到着したところで大坂城が落城して参加出来なかった。このために落胆して、代々縁ある高野山遍明院に出家した。

3年後に高野山を出て、竹岡徳右衛門を頼って京都西六条に住み着き、そこで病死した。

参考文献[編集]

  • 『奥州斯波系図』(続群書類従 巻百十三 系図部八)の詮国の息子・行詮による覚書