新お茶の水ビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新お茶の水ビルディング
Shin ochanomizu building 2014.jpg
新お茶の水ビルディング(2014年9月撮影)
施設情報
所在地 東京都千代田区神田駿河台四丁目3番地
座標 北緯35度41分55.7秒 東経139度45分54.5秒 / 北緯35.698806度 東経139.765139度 / 35.698806; 139.765139座標: 北緯35度41分55.7秒 東経139度45分54.5秒 / 北緯35.698806度 東経139.765139度 / 35.698806; 139.765139
状態 完成
竣工 高層棟:1981年8月31日
店舗棟:1981年6月30日
用途 オフィス、店舗、駐車場
地上高
高さ 93.07m
各種諸元
階数 地上22階、塔屋2階、地下3階
敷地面積 6,889
建築面積 3,990 建蔽率58%)
延床面積 44,040 容積率639%)
構造形式 地上:S造、地下:SRC造
エレベーター数 オフィス低層用4基
オフィス高層用4基
駐車台数 自走式・機械式併用、最大123台
関連企業
設計 KMG建築事務所(郭茂林
日本設計事務所
施工 鹿島建設清水建設安藤建設三井建設JV
所有者 日本出版販売
管理運営 日本出版販売
テンプレートを表示

新お茶の水ビルディング(しんおちゃのみずビルディング)は、東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地の高層ビル

概要[編集]

東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅のB1出口に直結する。また、店舗棟(お茶の水サンクレール)正面に東日本旅客鉄道(JR東日本)御茶ノ水駅聖橋口改札があるため、中央線快速総武緩行線との乗り換えも容易で、交通利便性が非常に高い。

建築物としては東西34.4m、南北36.0m、基準階貸室面積は最大948.26(286.85)、延床面積は44,040.20m²あり、東京都市サービスによる地域熱供給が行われている[1]

日本出版販売本社社屋として建てられたため、低・中層階に日本出版販売と関連会社が入居するほか、高層階の一部は賃貸事務所として幾つかの企業本社が入居している。

フロア構成[編集]

入居企業[編集]

新お茶の水ビルディング病院棟。「井上眼科病院」が入居する。

脚注[編集]

  1. ^ 地域熱供給導入事例 > 神田駿河台、一般社団法人日本熱供給事業協会