新さくら丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新さくら丸
基本情報
船種 貨客船(1972-1981)
クルーズ客船(1981-1999)
船籍 日本の旗 日本
所有者 日本産業巡航見本市協会
大阪商船三井船舶
運用者 日本産業巡航見本市協会
商船三井客船
建造所 三菱重工業神戸造船所[1]
母港 東京
姉妹船 なし
建造費 約42億6123万円[2]
航行区域 国際遠洋
船級 NK
信号符字 JDHY
経歴
発注 1970年6月15日[2]
起工 1971年7月17日[1]
進水 1971年12月18日[1]
竣工 1972年7月18日[3][1]
就航 1972年7月27日[1]
引退 1999年9月30日[3]
その後 2001年解体
要目
総トン数 13,082 トン(見本市船時)[4]
16,431 トン(客船改装時)[5]
全長 175.8 m[4]
垂線間長 160.0 m(見本市船時)[4]
160.15 m(客船改装時)[5]
24.6 m[4]
深さ 14.8 m[4]
満載喫水 9.0 m(見本市船時)[4]
7.9 m(客船改装時)[5]
機関方式 ディーゼル[1]
主機関 三菱8UEC85/180D 1基[1]
最大出力 21,600 PS[5]
定格出力 18,400 PS[2]
最大速力 23.6ノット[4]
航海速力 20.6ノット(満載・見本市船時)[4]
15ノット(客船改装時)[5]
航続距離 10,290海里(見本市船時)
8,420海里(貨客船時)[2]
旅客定員 92名(見本市船時)
558名(客船改装時)[5]
乗組員 79名[5]
テンプレートを表示

新さくら丸(しんさくらまる)は日本の巡航見本市船である。後にクルーズ客船に改造された。なお、マルエーフェリーで東京航路に就航した「新さくら丸」とは別の船である。

概要[編集]

日本産業巡航見本市協会が1962年に就航した世界初の見本市専用船「さくら丸」の代船として1965年秋より建造計画に着手し、1966年10月に基本方針を承認し1969年8月7日に通産大臣の承認を得た[2]

その後三菱重工業神戸造船所で1971年7月より起工し1972年7月18日に竣工した。建造に当たっては約40億円の当初予算でさくら丸の売却益や改装計画時の競輪補助金に加え日本自転車振興会から28億6千万円・日本小型自動車振興会から1億9千万円の競輪およびオートレースの収益を原資とする機械工業振興資金の補助を受けたが[4][2]、その後経費増大で42億円台となった[2]

建造に当たっては造船技術者と別に豊口克平・秋岡芳夫伊藤憲治・樋口治によるデザイン委員会が組織され、セミマック式の煙突や航海船橋の下に空間を設け風を後ろに通し煙突の煙を後甲板に落とさぬ配慮を図る等の提案が行われ日本で初めてデザイナーが内装から船舶の外形を含めて船舶のデザインを手がける形となった[6]。また、日数の短縮とスケジュール確保に必要な速力に余裕を持たせるため高速型の船型とし経済的範囲で航海速力を高める運用を図った[2]

海外で商品見本市を開いて日本製品を売り込むことを目的とし、船自体が日本の造船技術の見本品でもあった。就役時には展示・貨物倉スペースと居住スペースを完全に分離独立する形で[2]、前から2/3がデリック付きの船倉で一般貨物船形と後ろ1/3にブリッジや客室を据え付けたやや見慣れない船形となった。SOLAS条約の1960年基準に沿った最新の防火設備を取り入れ[1]、航見本市期間外には貨客船として採算性の高い運航を行える事も考慮しコンテナや冷蔵貨物などの多種目の貨物への対応も図られた[1][2]

その後日本の貿易収支が恒常的に黒字となったため、1978年に独自での巡航見本市業務を終了し1979年にアメリカ商務省主催の米国産品巡航見本市「ボーティック・アメリカ」に用いた後1980年に日本産業巡航見本市協会は解散[2]、「新さくら丸」は大阪商船三井船舶に売却され、三菱重工業神戸造船所でクルーズ客船への改造工事を行い、1981年12月9日に竣工した。大阪港、名古屋港、東京港で関係者に公開された後、12月26日東京発のクリスマスクルーズで就航した。改造の際には船名の変更も検討されたが、馴染まれていることから船名はそのままとなった[7]

チャータークルーズ船としては客室を前に延伸し公室を広く取り、ブリッジを前方に移設する改装を行い、商船三井客船が運航を行った。ふじ丸にっぽん丸就航後はさらにチャーターに特化したが、一般のクルーズも行った。1999年9月30日に引退[3]エム・イー・エス由良に係船された[8]

沿革[編集]

  • 1972年7月 - 三菱重工神戸にて竣工。第10次運航より巡航見本市業務に就航[1][5]
  • 1978年12月 - 第13次運航をもって日本産業巡航見本市を終了[5]
  • 1979年 - 日米貿易摩擦解消を目的とする米国産品巡航見本市「ボーティック・アメリカ」に使用[5]
  • 1980年10月 - 巡航見本市事業終了、日本産業巡航見本市協会解散[2][5]
  • 1981年7月 - 商船三井客船が買収、純客船への改装工事を起工[5]
  • 1981年12月 – クルーズ客船改装工事竣工[5]
  • 1990年2月 - 再改装を受け、イベントホールも設置する。
  • 1997年4月 – 安全に関する設備をさらに更新する。
  • 1999年9月30日 - 退役。のち解体される。

見本市船時代の概要[編集]

  • 重量トン数 11,097t
  • 総トン数 13,082t
  • 定員 計97人
  • 乗組定員 -人
  • 長さ 175.8m 幅24.6m 深さ14.8m 喫水 -m
  • 主機と軸数 ディーゼル1基、1軸
  • 出力 21,600馬力
  • 最高速力 20.6ノット

(「学研の図鑑 自動車・船」1973年初版による)

船内(見本市船時代)[編集]

客室甲板
  • 客室
    • A客室・定員2名4室
    • B客室・定員3名28室
  • 和室
  • 手荷物室
  • プールサイドベランダ
  • プール
遊歩甲板
  • バンケットホール
  • バー
  • ベランダ
  • 会議室
  • 娯楽室
  • 貴賓室
  • 読書室
  • 食堂
上甲板
  • エントランスホール
  • 受付
  • クローク
  • 放送室
  • 事務室
  • 派遣団団長公室
  • 事務局長公室
第2甲板
  • 展示場
  • 事務室
  • 印刷室
第3甲板・船倉
  • 展示場/貨物室

客船時代[編集]

研修船や企業の催しやレジャークルーズ等の需要増加や「にっぽん丸」の老朽化を考慮して旅客定員の増加など大幅な改造を施し純客船への改造を計画[5]。展示場部分を改装し客室増設や多目的ホール、ダイニングルーム、エスカレーター、エレベーター、スポーツデッキ等を新設[9]。1982年から1999年にかけて運航された。

船内(客船時代)[編集]

船内
  • 6階 スポーツデッキ/診療室
  • 5階 談話室/プール
  • 4階 メインホール(5階まで吹き抜け・520席[9])/ラウンジ/サロン/図書室/会議室/カードルーム
  • 3階 インフォメーション/ダイニングルーム(280席[9])/さくらプラザ/客室
  • 2階 教室/売店/客室
  • 1階 大浴場・洗濯室
    • 暗室・印刷室・ユーティリティールームあり
  • 客室[5]
    • 2人室:4室(見本市船から存続)
    • 3人室:28室(見本市船から存続)
    • 4人室:103室(新設)
    • 6人室:9室(新設)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 三菱重工業株式会社神戸造船所造船設計部「巡航見本市専用船「新さくら丸」」『関西造船協会誌』第146号、日本船舶海洋工学会、1972年12月30日、 73-84頁、2018年4月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 巡航見本市25年の記録 - 日本産業巡航見本市協会(1981年)
  3. ^ a b c 世界の艦船(2000年3月号,p147)
  4. ^ a b c d e f g h i 世界の艦船(1972年10月号,p98)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 三菱重工業株式会社神戸造船所造船設計部「外航純客船に改造された“新さくら丸”について」『関西造船協会誌』第184号、日本船舶海洋工学会、1982年3月30日、 119-128頁、2018年4月28日閲覧。
  6. ^ 我がデザインの年輪 - 樋口治(大阪大学リポジトリ)
  7. ^ 世界の艦船(1982年2月号,p152)
  8. ^ 世界の艦船(2000年3月号,p123)
  9. ^ a b c 月刊神戸っ子1982年2月号「海・船・港 日本最大の国際遠洋純客船に生まれ変わって 世界の海を駆ける新さくら丸」 - 月刊神戸っ子