新ピークオイル論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新ピークオイル論(しんピークオイルろん)とは、石油の供給ピークを迎える前に需要のピークが来ると言う考えである。単にピークオイル論[1]ピークオイル・ディマンド[2]とも呼ばれる。

概要[編集]

技術の進歩による石油の使用量減少や不安定な価格による嫌厭などにより石油の需要が減ると考えられている。第23回世界エネルギー会議(WEC)では2030年にピークを迎えその後は減少すると予想された[3]

原因[編集]

電気自動車[編集]

石油製品であるガソリンを必要としないことから電気自動車の普及により石油の需要が減少する[4][5]

再生可能エネルギー[編集]

風力や太陽光、潮流といった自然エネルギーによる発電の増加によって、石油など化石燃料による発電需要が減少する。

出典[編集]

関連項目[編集]