新中野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新中野駅
2番出入口(2008年7月)
2番出入口(2008年7月)
しんなかの
Shin-nakano
M 04 東高円寺 (1.0km)
(1.1km) 中野坂上 M 06
所在地 東京都中野区中央四丁目2-15
駅番号 M05[1]
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 [1]丸ノ内線
キロ程 19.6km(池袋起点)
電報略号 シナ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
36,122人/日
-2018年-
開業年月日 1961年昭和36年)2月8日
テンプレートを表示

新中野駅(しんなかのえき)は、東京都中野区中央四丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線である。駅番号M 05

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅である。杉山公園鍋屋横丁の中間に位置しホームは青梅街道に沿っている。

2007年3月までに東京メトロの大部分の駅において案内サインシステムは新型のものに更新されたが、当駅では引き続き旧式のものを使用していた。2008年2月までに駅事務室と改札口の移設、エレベーターの新設と新型案内サインシステムへの更新を実施した。

中野坂上側に非常時や年末年始の臨時電車運転の際に使用する渡り線がある。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 M 丸ノ内線 荻窪方面
2 新宿銀座池袋方面

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員36,122人であり[2]、東京メトロ全130駅中106位。

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
1990年(平成02年) 15,899 [* 1]
1991年(平成03年) 16,074 [* 2]
1992年(平成04年) 16,605 [* 3]
1993年(平成05年) 16,545 [* 4]
1994年(平成06年) 16,249 [* 5]
1995年(平成07年) 15,784 [* 6]
1996年(平成08年) 15,973 [* 7]
1997年(平成09年) 15,630 [* 8]
1998年(平成10年) 15,504 [* 9]
1999年(平成11年) 15,183 [* 10]
2000年(平成12年) 28,811 15,211 [* 11]
2001年(平成13年) 28,813 15,181 [* 12]
2002年(平成14年) 29,463 15,079 [* 13]
2003年(平成15年) 29,616 15,205 [* 14]
2004年(平成16年) 29,630 14,964 [* 15]
2005年(平成17年) 29,492 14,868 [* 16]
2006年(平成18年) 30,197 15,142 [* 17]
2007年(平成19年) 30,856 15,475 [* 18]
2008年(平成20年) 31,759 15,841 [* 19]
2009年(平成21年) 31,252 15,707 [* 20]
2010年(平成22年) 31,751 15,890 [* 21]
2011年(平成23年) 31,125 15,635 [* 22]
2012年(平成24年) 31,702 15,789 [* 23]
2013年(平成25年) 32,577 16,263 [* 24]
2014年(平成26年) 33,026 16,490 [* 25]
2015年(平成27年) 33,934 16,913 [* 26]
2016年(平成28年) 35,079 17,482 [* 27]
2017年(平成29年) 35,626 17,751 [* 28]
2018年(平成30年) 36,122

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

新中野駅前都営バス

鍋屋横丁(新中野駅入口)京王バス東

杉山公園(新中野駅入口)(同上)

隣の駅[編集]

東京地下鉄(東京メトロ)
M 丸ノ内線
東高円寺駅 (M 04) - 新中野駅 (M 05) - 中野坂上駅 (M 06)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年05月26日閲覧)
  2. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  3. ^ 中野区統計書 - 中野区
  4. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  5. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]