新井克太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新井 克太郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県戸田市
生年月日 (1959-10-22) 1959年10月22日(58歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1977年 ドラフト外
初出場 1981年4月8日
最終出場 1981年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

新井 克太郎(あらい かつたろう、1959年10月22日 - )は、埼玉県戸田市[1]出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

埼玉・大宮工業高時代は、1年次の夏前に野球部を退部する[2]。以降は、知り合いが所属する軟式野球チームで遊びでプレーするだけであった[2]

3年次に、たまたま新聞で見た大洋ホエールズの新人入団テストを腕試しに受験する。200人の中から新井を含めた2人が合格し、1977年オフにドラフト外として入団した[2]

4年目の1981年に、一軍初登板を果たす。通算6試合目となった8月31日の対中日ドラゴンズ戦で初先発を果たし、149球を投げ5安打1失点でプロ初完投初勝利を記録した[2]。しかし、2度目の先発となった9月6日の対中日ドラゴンズ戦では早々に打込まれ降板。その後は伸び悩み、勝ち星は前述1勝のみに終わり1983年限りで現役を引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1981 大洋 14 2 1 0 0 1 2 0 -- .333 159 36.0 47 8 10 1 1 18 1 0 23 20 5.00 1.58
通算:1年 14 2 1 0 0 1 2 0 -- .333 159 36.0 47 8 10 1 1 18 1 0 23 20 5.00 1.58

記録[編集]

  • 初登板:1981年4月8日巨人戦(横浜)4-8 5番手として6回2死より登板、1/3回無失点
  • 初完投・初勝利:1981年8月31日中日戦(横浜)6-1 被安打5 奪三振2 四死球5

背番号[編集]

  • 68 (1978年 - 1983年)

脚注[編集]

  1. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、18ページ
  2. ^ a b c d 【8月31日】 1981年(昭56)高校1年で野球部退部 テスト生 新井克太郎 23年ぶり快挙”. スポニチ (2011年8月31日). 2017年10月9日閲覧。

関連項目[編集]