新井敏康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新井 敏康
(あらい としやす)
生誕 1958年
研究分野 数学基礎論[1]
研究機関 名古屋大学広島大学神戸大学千葉大学東京大学[1]
出身校 筑波大学数学系大学院博士課程修了。[1]
主な受賞歴 日本数学会秋季賞(2004年)[1]
プロジェクト:人物伝

新井 敏康(あらい としやす、1958年 - )は、日本の数学者論理学者東京大学大学院数理科学研究科教授。専門は数学基礎論[1]国立情報学研究所教授の新井紀子は妻[2]

東京都生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒。筑波大学数学系大学院博士課程修了。理学博士。

略歴[編集]

著作[編集]

図書[編集]

  • 新井紀子 共著『計算とは何か』東京図書〈math stories〉、2009年10月。ISBN 978-4-489-02054-4。
  • 数学基礎論』岩波書店、2011年5月18日。ISBN 978-4-00-005536-9。[3]

記事[編集]

  • 新井敏康「ゲーデルの無矛盾性証明」『現代思想 2007年2月臨時増刊号(総特集 ゲーデル)』第35巻第3号、青土社、2007年3月、 82-93頁、 ISBN 978-4-7917-1160-4。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Researchmap
  2. ^ 国立情報学研究所情報社会相関研究系教授新井紀子氏『HQ』Vol.19
  3. ^ PDFの正誤表が公開されている。「数学基礎論」正誤表”. 科学技術振興機構. 2013年4月26日閲覧。

関連項目[編集]