新井章治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
あらい しょうじ
新井 章治
生誕 1881年12月8日
埼玉県大里郡大麻生村[1]
死没 (1952-09-01) 1952年9月1日(70歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学大学部政治経済学[2]
職業 実業家
肩書き 東京電力会長、日本発送電総裁

新井 章治(あらい しょうじ、1881年明治14年)12月8日 - 1952年昭和27年)9月1日)は、日本の実業家。元・東京電力会長。元・日本発送電総裁。

経歴[編集]

埼玉県大里郡大麻生村(現熊谷市)に篤農家だった新井健吉の長男として出生[3]1905年に早稲田大学大学部政治経済学科を卒業[1][2]秩父鉄道勤務を経て日本鉄道に入社するも病気で退社し、加療の後に義父の葉住利蔵が経営していた利根発電1913年に入社して取締役支配人となる。1921年に利根発電が東京電燈に吸収合併されてからは前橋支店長から本社で営業部次長となり1933年に取締役営業部長に就任してから常務取締役(1936年)・副社長(1937年)を歴任した[1]。この間横浜市への贈賄容疑で逮捕起訴されるも無罪が確定している。

1940年に東電社長だった小林一三商工大臣として第2次近衛内閣に入閣することに伴い、東京電燈社長に昇格[4]。更に会長も兼務して1942年配電統制令による解散を迎える。東電解散後は東電など関東地方の電力会社が合併された関東配電社長となるが、翌1943年に日本発送電総裁[4]に就任し1947年に公職追放で辞職するまでその座にあった[5]

戦後に日発は解体され関配と設備や人員を再編する形で東京電力が設立されるものの、初代会長だった新木栄吉(元日銀総裁)が駐米大使になるのに伴い旧東電関係から請われる形で会長に迎えられる[4]。しかし会長就任前後から病状が悪化し就任数ヵ月後の1952年9月1日に死去、旧東電・日発時代の部下だった安蔵弥輔社長が会長に昇格し同じ旧東電出身で最後の関配社長だった高井亮太郎が後任の社長となった。


人物[編集]

趣味は碁[1]。宗教は真言宗[1]。住所は東京荏原区小山町[3](現品川区小山)。

家族・親族[編集]

新井家
  • 父・健吉1857年 - ?、埼玉県平民篤農家[6][7]
  • 母・とよ1860年 - ?、埼玉県、小野澤金平の二女)[6]
  • 妻・ひさ1889年 - ?、群馬県、葉住利蔵の長女)[3]
  • 長男・泰治1908年 - ?、東横電鉄社員)[3]
    • 同妻・経子(島根県士族・櫻内幸雄の四女)[3]
  • 長女・ゑつ1911年 - ?、田村作太郎の二男専之助の妻)[3]
  • 二女(1914年 - ?)[6]
  • 三女・三枝子長野県人・岩波益雄の弟千春の妻)[3]
  • 四女(1920年 - ?、吉國一郎の妻)[5][6]
  • 叔父・喜代松(分家)[8]
  • 叔母・すみ(北彌四郎の二男庄三郎の妻)[8]
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』38頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月9日閲覧。
  2. ^ a b 『早稲田大学校友会会員名簿 大正14年11月調』130頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 『人事興信録 第13版 上』ア134頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月11日閲覧。
  4. ^ a b c 新井章治とはコトバンク。2016年1月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 『豪閥 地方豪族のネットワーク』434-441頁。
  6. ^ a b c d 『人事興信録 第6版』あ62頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月10日閲覧。
  7. ^ 『大日本篤農家名鑑』295頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月10日閲覧。
  8. ^ a b 『人事興信録 第10版 上巻』ア187頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年9月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 『早稲田大学校友会会員名簿 大正14年11月調』早稲田大学校友会、1915-1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版 上巻』人事興信所、1934年。
  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録 昭和15年版』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年。


先代:
小林一三
東京電燈社長
1940年 - 1942年
次代:
(解散)
先代:
池尾芳蔵
日本発送電総裁
1943年 - 1947年
次代:
大西英一