新京成リテーリングネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新京成リテーリングネット株式会社
Shinkeisei Retailing Net Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
274-0065
千葉県船橋市高根台一丁目6番2号
設立 1974年昭和49年)3月20日
業種 {{{業種}}}
法人番号 5040001017563
事業内容 鉄道売店業・駅ホーム監視業務・清掃管理業務
代表者 代表取締役社長 冨田裕也
資本金 1000万円
純利益 5373万9000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 4億6201万6000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 14人(2013年9月30日現在)
主要株主 新京成電鉄株式会社
特記事項:設立当初の社名は下総緑地株式会社、後に下総興業株式会社を経てスタシオン・セルビス株式会社
テンプレートを表示

新京成リテーリングネットは、新京成線の各駅構内で売店を運営する新京成電鉄グループの企業である。本社は千葉県船橋市

かつて営業していた売店はSKショップと称していた。またそのほかに、コンビニタイプの売店「キャロットショップ」も運営していたが、新京成とセブン-イレブン・ジャパン(SEJ)との提携に伴い店舗をセブン-イレブンに転換していくことになった[2][3]。 売店は以前は新京成線全駅にあったが、その後一部の店舗は廃止され現在は全駅にはない。営業時間は店舗ごとに異なり、終日営業の店舗、午前のみ営業の店舗がある。かつては午後のみ営業する店舗もあった。かつては東葉高速線の一部駅にも店舗があったが2013年6月末で全店閉店し、東葉高速線からは完全撤退した。

2006年(平成18年)3月から2018年(平成30年)3月末[4]まで、ホームの監視業務、駅舎の清掃業務を新京成電鉄から受託して行っていた。

同社の店舗でのみ発売している独自デザインのパスネットも販売されていた(現在はPASMOへ移行のためパスネット自体が販売終了されている)。

以前は下総興業(しもうさこうぎょう)およびスタシオン・セルビスという社名であった。

2018年(平成30年)5月10日に新京成リテーリングネットに改称[4]

沿革[編集]

新京成線以外の店舗[編集]

キャロットショップ[編集]

自社ブランドのコンビニエンスストア松戸駅上本郷駅寄り乗換口、閉店済)、常盤平駅(改札付近)、北習志野駅(ホーム)、新津田沼駅(改札内コンコース、閉店済)にあった。常盤平駅を除き、改札内にあった。

新京成によるセブン-イレブン・ジャパンとの提携[編集]

2013年(平成25年)10月30日に新京成電鉄がセブン-イレブン・ジャパン(SEJ)と提携(エリアフランチャイズ化)したことに伴い、スタシオン・セルビス(当時)が運営する駅構内の施設内に順次展開するとしている[2][3]。ただし駅構内に売店がない駅については言及されていない。

備考[編集]

前社名について[編集]

「スタシオン」は「駅(station)」をフランス風に発音した言葉。フランス語でstationは主に「立つ」「止まる」という意味であるが、地下鉄の駅などもstationと称する(当該記事参照)。ちなみに、一般的な鉄道駅はgare(ガール)である。

なお、フランス語では、「Station Service」(スタシオン・セルビス)は、ガソリンスタンドのことである(英語の「サービスステーション」(service station)に由来する。詳細は当該記事参照)。

他の京成グループ内他社の類似会社[編集]

京成グループ内には京成電鉄北総鉄道沿線においてファミリーマート(旧am/pm)を展開するコミュニティー京成がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新京成リテーリングネット株式会社 第45期決算公告
  2. ^ a b c d “駅売店をセブンイレブンに 14年度までに8店 新京成”. 千葉日報(千葉日報社). (2013年10月31日)
  3. ^ a b c 駅売店のセブン-イレブン展開で業務提携 新京成電鉄 2013年10月30日[リンク切れ]
  4. ^ a b c 連結子会社の社名変更に関するお知らせ (PDF) - 新京成電鉄 2018年4月26日