新人戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新人戦(しんじんせん)は、スポーツの競技において、新規に入部・入学、あるいは直近数年間にプロ選手の資格を得た選手を対象に行う公式戦の試合のことをいう。

代表例[編集]

  • 学生スポーツの場合、春季・秋季の期間中に新チーム(特に秋季は引退する3年生<大学生は4年生も>を除いたメンバーで新チームを組むことが多い)を編成しての最初の公式戦として「新人大会」を開催する競技・種目が多い。
    • 東京六大学野球連盟 毎年春・秋のリーグ戦終了後、1年生・2年生の選手を対象にした新人トーナメントを開催する
    • 日本高校野球連盟 毎年各都道府県・地区単位で行われる春季大会・秋季大会が実質的な新人戦(新チームによる編成の大会)。なお秋季ブロック大会の優勝校は明治神宮野球大会の地区代表として出場する権利が与えられる(事実上ブロック大会が明治神宮大会の予選を兼ねている)
    • 全国高等学校体育連盟 毎年種目ごとに各都道府県・地区単位で「新人大会」が行われている
    • 日本中学校体育連盟 毎年種目ごとに各都道府県・地区単位で「新人戦」が行われている
  • プロスポーツにおいても次の大会が広義の新人戦と位置づけられている

関連項目[編集]