新体制運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新体制運動(しんたいせいうんどう)とは、1940年昭和15年)、日本の近衛文麿首相が中心となり、同年の第2次近衛内閣による外交政策で日独伊三国同盟が締結され、アドルフ・ヒトラー政権率いるナチス・ドイツベニート・ムッソリーニ政権率いるイタリア王国ナチ党ファシスト党を模して内政面で、国民組織を結成しようとした政治運動である。

明治維新に始まる近代資本主義の下での帝国主義路線(小ブルジョア‐市民革命)を批判し、明治以来の「学校制度の廃止」、「政党の解体」、「労働組合の大同団結」を通して、「私有財産制の廃止」と「帝国主義列強との競争」を目指した。

「バスに乗り遅れるな」[編集]

「新体制運動」が進められた背景には、「私有財産制廃止を要求する社会主義運動の広まり」と、「世界的な全体主義の台頭」が挙げられる。当時、欧州の一部の国々、とりわけソビエト連邦イタリア王国ナチス・ドイツ一党独裁による「挙国一致体制」が進められていた。世界恐慌から通ずる情勢不安において、これらの国々が経済成長(不況脱却)をしているかのように見受けられたことから、私有財産を廃止した全体主義こそが今後の世界の指針になりうると考えられた。また、日本に先行して全体主義体制の確立を試みていた満州国満州国協和会も新体制運動に影響を与えていた[1][2]

新体制運動を主導した近衛文麿が、雑誌『日本及日本人』で「英米本位の平和主義を排す」と題する論文を発表するなどして私有財産制を否定するマルクス主義に触れた大正期から昭和初期にかけては、これらの思想は学者・研究者、ジャーナリスト文学者などが主導したが、まもなく農村出身の苦学の若年層たちを通して彼らの実家である農村の貧困層や無教養層にも広まった。

1933年(昭和8年)の日本共産党幹部らによる転向宣言後は、軍部(主に陸軍)や警察にも大きな影響を与えた。1937年(昭和12年)に首相に就任した近衛文麿(第1次近衛内閣)は、これを世界的潮流と認識し、「やがて世界は『ソ連』、『ドイツイタリア』、『アメリカイギリス』、『日本』の四大勢力により分割支配されるだろう」と予想した。そのため日本では、時流に取り残されることを恐れ、また新体制に諸問題の解決を期待する運動が高まり、「バスに乗り遅れるな」というスローガンが広く使用されるようになった。このことが日独伊三国同盟への道を急速に開き、1940年(昭和15年)9月27日、ドイツ首都ベルリンにおいて条約が正式に調印された[3]

この思想が広まった国々(主にソ連、ドイツ、イタリア、日本など)では共産主義ファシズムが台頭し、三国同盟締結後の翌1941年(昭和16年)の日米開戦(太平洋戦争大東亜戦争)、連合国枢軸国による第二次世界大戦の拡大への伏線となった。

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤隆「近衛新体制: 大政翼賛会への道」219頁、1983年
  2. ^ 尾崎秀実著作集3 185頁「満洲国と協和会」中央公論昭和15年12月号
  3. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版]岩波書店 〈岩波新書355〉1959年 180-181ページ

参考文献[編集]

  • 永原慶二監修、石上英一他編集『岩波 日本史辞典』岩波書店 1999年 ISBN 978-4-00-080093-8

関連項目[編集]