新保寅次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新保寅次

新保 寅次(しんぼ とらじ、1874年明治7年)8月6日 - 1955年昭和30年))は、日本教育者

経歴[編集]

新潟県出身。1898年(明治31年)、東京帝国大学文科大学国文科を卒業し、大学院に入った。高田中学校教諭、福岡県立中学伝習館教諭、真岡中学校校長、宇都宮中学校校長、鹿児島県立第二中学校校長、山口高等学校校長、松本高等学校校長を歴任し、1932年(昭和7年)から広島高等学校校長を務めた。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『北越詩話 坤』、坂口仁一郎、1919年、p476。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第5版』帝国秘密探偵社、1932年。
公職
先代:
森巻吉
日本の旗 松本高等学校長
1929年 - 1932年
次代:
西川順之
先代:
前波仲尾
鹿児島県立第二鹿児島中学校
1915年 - 1919年
次代:
江崎誠
先代:
香川直勝
栃木県立宇都宮中学校
1911年 - 1915年
次代:
岩田静夫
先代:
滝川重太郎
栃木県立真岡中学校
1908年 - 1911年
次代:
中村寅松