新保徳寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新保徳寿

新保 徳寿(しんぽ とくじゅ、1873年明治6年)10月11日[1] - 1938年昭和13年)8月16日[2])は、日本教育者。旧名は伊八[1]

経歴[編集]

宮城県出身。1902年明治35年)、東京帝国大学文科大学哲学科を卒業し、さらに大学院で学んだ[1]1908年(明治41年)、仙台高等工業学校教授となり、生徒監を兼ねた[1]1912年(明治45年)からは東北帝国大学工学専門部生徒監となり、1915年大正4年)に同主事となった[1]。その後、東北帝国大学事務官を経て、仙台高等工業学校校長を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 人事興信録 1918.
  2. ^ 『官報』第3493号、昭和13年8月24日。
  3. ^ 人事興信録 1925.

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。