新倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 埼玉県 > 和光市 > 新倉
新倉
—  町丁大字  —
和光北インターチェンジ
新倉の位置(埼玉県内)
新倉
新倉
新倉の位置
座標: 北緯35度47分20.6秒 東経139度36分45.5秒 / 北緯35.789056度 東経139.612639度 / 35.789056; 139.612639
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Wako Saitama.JPG 和光市
面積[1]
 - 計 3.122km2 (1.2mi2)
人口 (2017年(平成29年)10月1日現在)[1]
 - 計 15,505人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 351-0115[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 所沢

新倉(にいくら)は、埼玉県和光市町名および大字。現行行政地名は新倉一丁目から八丁目および大字新倉。郵便番号は351-0115[2]

地理[編集]

和光市の北部に位置する。人家の無い新河岸川以東の堤外地は大字のままとなっている。

歴史[編集]

かつては新倉村であった。

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 – 町村制施行によって新座郡新倉村が成立。
  • 1896年(明治29年)3月29日 – 新座郡の北足立郡への編入に伴い、所属郡が北足立郡となる。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 – 新倉村と白子村が合併し、大和町が成立。大和町の大字となる。
  • 1970年(昭和45年)10月31日 – 大和町が市制施行に伴い名称変更、和光市となる。
  • 1971年(昭和46年)11月1日 – 大字新倉の一部から新倉一・二丁目が成立。
  • 2004年(平成16年)11月1日 – 大字新倉と大字下新倉の各一部と松ノ木島町から新倉三〜八丁目が成立。(新倉7丁目が旧松ノ木島町。)
  • 2016年(平成28年)2月1日 – 和光北インター地域土地区画整理事業に伴い、四丁目・五丁目の一部において地番を変更。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
新倉一丁目 3,780世帯 6,667人
新倉二丁目 3,143世帯 6,866人
新倉三丁目 748世帯 1,748人
新倉四丁目・五丁目 77世帯 159人
新倉七丁目 11世帯 19人
新倉八丁目 36世帯 46人
7,795世帯 15,505人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目 番地 小学校 中学校
新倉一丁目 13〜15番、33番、35〜38番 和光市立北原小学校 和光市立大和中学校
その他 和光市立第二中学校
新倉二丁目 10~17番 和光市立大和中学校
28番(市道537号線以北の区域) 和光市立下新倉小学校
その他 和光市立新倉小学校
新倉三丁目 1~6番
その他 和光市立下新倉小学校
新倉四丁目 全域 和光市立新倉小学校
新倉五丁目 全域
新倉六丁目 全域
新倉七丁目 全域
新倉八丁目 全域 和光市立下新倉小学校

交通[編集]

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ミニ統計”. 和光市 (2017年10月3日). 2017年10月30日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 小・中学校通学区域”. 和光市 (2017年10月26日). 2017年10月30日閲覧。
  5. ^ 埼玉県の城和光市和光市文化遺産オンライン
  6. ^ 猫の足あと
  7. ^ 猫の足あと和光市和光市
  8. ^ 猫の足あと
  9. ^ 猫の足あと株式会社 彩石
  10. ^ 猫の足あとyaokami

参考文献[編集]