新倉史祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新倉 史祐
プロフィール
リングネーム 新倉 史祐
新倉 史弘
ベトコン・エクスプレス1号
本名 新倉 史祐
身長 186cm
体重 108kg
誕生日 (1957-08-23) 1957年8月23日(61歳)
出身地 神奈川県横浜市
デビュー 1981年1月10日
引退 1993年3月15日
テンプレートを表示

新倉 史祐(にいくら ふみひろ、1957年8月23日[1] - )は、1981年から1993年まで活動した日本のプロレスラーである。現役引退後は、飲食店経営の傍らプロレス評論家として活動している[1]

来歴[編集]

神奈川県横浜市出身[1]1980年、23歳で新日本プロレスに入門[1]1981年1月10日、東京・後楽園ホールに於ける斎藤弘幸(現・ヒロ斎藤)戦でデビュー[1]1984年9月、新日本プロレスを退団した長州力らが設立したジャパンプロレスに合流し、ジャパンプロレス勢の一員として全日本プロレスに参戦した。全日本プロレス参戦時には、ジャイアント馬場から期待されタイガーマスク(二代目)川田利明らと対戦した。

1986年馳浩とともに覆面レスラーのベトコン・エクスプレス1号・2号として(1号が新倉、2号が馳)、プエルトリコWWCカナダカルガリースタンピード・レスリングに遠征した。1987年にジャパンプロレスは崩壊し、フリーとしてパイオニア戦志に参戦。その後、SWSNOW(第1次)に参戦したが、1993年に現役を引退した。

得意技[編集]

ジャーマンスープレックス
カンガルーキック

タイトル歴[編集]

  • インターナショナルタッグ王座(カルガリー版)(w / 馳浩

人物[編集]

  • 新倉の1週間後に17歳で入門した髙田伸彦(現:高田延彦)ら若手選手の中では兄貴分的存在として慕われた。
  • ジャパンプロレス時代に明石家さんまの番組に所属選手全員で出演した際、終始にこやかだった為「アンタは優しそうな顔やね」と言われ、逆に当時オールバックヘアーに口髭の強面だったアニマル浜口は「この人は恐そう」と言われ浜口はさんまを怒鳴りつけた。
  • 現役時代はボクシングの三迫ジムへ3年間通い、ボクシング技術も習得した。
  • 佐山聡が新日本プロレスで初代タイガーマスクとして活動していた頃(1981年4月から1983年8月)、新日本プロレス道場で佐山の練習相手を務めた[1]。昼間はプロレスファンが道場に押し寄せていたため、正体不明のギミックを守るため深夜1時から3時頃まで練習した後、新倉が佐山を自宅まで自動車で送ったという[1][2]ラウンディングボディプレスも夜間練習で開発したものだが、練習に飽きるとリング上でビニールのバットを使って野球をして遊ぶこともあったと語っている[1]。また、この頃佐山はマスクを被らず素顔で練習や生活をしていたが、熱心なファンからはタイガーマスクだと声をかけられることもあったと証言している[1]

著書[編集]

  • 『プロレスラーの秘密の話』(1995年、エスエル出版会)
  • 『プロレスラーの秘密の話 2』(1997年、エスエル出版会)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 佐々木賢之 - 四次元プロレスの深部を探る 昭和編3 新倉史祐 『Gスピリッツ Vol.15』 pp.20-23(2010年、辰巳出版) ISBN 477780772X
  2. ^ 社会人を経験後に入門した新倉は若手ながら既に自動車の運転免許を所持しており、送迎のため佐山は付き人山崎一夫ではなく新倉を指名したという。