新共同訳聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新共同訳
The Bible, The New Interconfessional Translation.jpg
正式名称 The Bible, The New Interconfessional Translation
略称 新共同訳
言語 日本語
旧約聖書
出版時期
1987
新約聖書
出版時期
1987
完全版
出版時期
1987
原文 ギリシア語新約聖書(修正第3版)、ビブリア・ヘブライカ・シュトットガルテンシア
著作権状態 ©共同訳聖書実行委員会 日本聖書協会

新共同訳聖書(しんきょうどうやくせいしょ)は、聖書日本語の一つ。1987年に初版が刊行された。正式な英語名は The Bible, The New Interconfessional Translation

概要[編集]

20世紀後半以降、近代以降のエキュメニズム(教会一致運動)の流れに沿って、それまで異なる聖書を用いてきたカトリック教会プロテスタント諸派が世界各国で共同して聖書の翻訳に取り組んだ。日本でもこの流れを受けて超教派のメンバーからなる翻訳委員会が結成され、まず1978年共同訳聖書(新約のみ)を世に問うた。しかし、共同訳聖書は「イエスス」「パウロス」などの固有名詞の原音表記主義や、翻訳が意訳すぎて従来親しまれた言葉が消えてしまったなどのために評判がよくなく、あまり受け入れられなかったため、新たな共同訳聖書の翻訳が行われた。これが新共同訳聖書である。

新共同訳聖書は旧約聖書新約聖書全巻の翻訳であり、教派によって扱いの分かれる書物(第二正典、Deuterocanonical books)も「旧約聖書続編」という名称で収録している。翻訳の底本は旧約聖書(ヘブライ語)がドイツ聖書協会発行のビブリア・ヘブライカ・シュトゥットガルテンシア、新約聖書(ギリシア語)が聖書協会世界連盟のギリシア語新約聖書修正第三版(UBS3と略称。ネストレ・アーラント第26版と同文)、旧約聖書続編が『ギリシア語旧約聖書』(ゲッティンゲン研究所)である。

翻訳作業組織である共同訳聖書実行委員会のメンバーには現代日本を代表する聖書学者、プロテスタントカトリック教会の神学者など多くのメンバーが名を連ねた[1]日本ハリストス正教会からの参加もあったが、教義解釈の違いから最終的なメンバーには名前を残していない。

新共同訳聖書は日本聖書協会から出版されており、旧約・新約全書、旧約聖書のみ、新約聖書のみ、旧約聖書続編付き、引照付き(新約聖書の箇所は旧約聖書のどの箇所から引用されたかなどを脚注で示す)、大文字版、英語版との両語版(TEV/GNT・NIV|新国際版聖書)、韓国語版との両語版など、さまざまな形で出ている。

現代口語による翻訳というだけでなく、多くの教会での典礼や礼拝に用いるための聖書を目指したことから、いろいろな教派の翻訳慣行を取り入れている。その結果、従来の聖書翻訳にはなかった独特な語法もみられるが、現代の日本のエキュメニズムでは、もっともよく読まれ、用いられる聖書となっている。カトリック教会日本キリスト教団ルーテル教会諸派、日本聖公会などエキュメニズムにコミットする多くの教派で主要な聖書として用いられ、典礼礼拝の場で広く使われている。

正教会日本正教会)でも伝道会などでは用いられる[2]。ただし多くの場合、同じ日本聖書協会によるものであっても口語訳聖書の方が推奨される。また、奉神礼では全く用いられない。福音派聖霊派では新共同訳とは別に、日本語に大きな影響を与えた文語訳聖書の伝統的な人名表記を採用した聖書を公式に使用することが多い。[3][4]

日本聖書協会2009年1987年の発行以降20年以上が経過した新共同訳に代わって新しい訳「聖書協会共同訳聖書」を作成することを決定した。事前協議によりカトリック教会とプロテスタント教会の共同事業とすることが方針として定められ、その後の2010年夏には翻訳作業が始まり出版準備が進められていた[5]2015年12月以降、一部の文書からパイロット版の販売が始まっていた[6]。そして、2018年12月3日[7]に聖書協会共同訳聖書が発売された。新共同訳から、実に31年ぶりであった。

用語[編集]

エキュメニカルな訳であるが、委員によればカトリックとプロテスタントの神学的相違による対立はなかったとされている[8]。ただしカトリック教義を反映し、カトリック用語を採用した箇所が指摘されている[8]

カトリック用語[編集]

  • マタイ5:32「不法な結婚」(「非合法な結婚」フランシスコ会訳聖書)(ギ:πορνείας,ポルネイアス) [9]
  • ローマ10:4「キリストは律法の目標」(「キリストが律法を終わらせられた」新改訳聖書)(ギ:τέλος γὰρ νόμου Χριστὸς εἰς δικαιοσύνην παντὶ τῷ πιστεύοντι.[10]

翻訳者と研究員[編集]

翻訳者は諸教会から40名余り集められ、それをまとめる編集委員会の共同委員長としてB・シュナイダーと高橋虔が就いた。それに国語の専門委員5名、 訳文を監査する検討委員10名が参画した。[12]

続編、第二正典、アポクリファ、外典の扱い[編集]

新共同訳はローマ・カトリックとプロテスタントの共同によるエキュメニカルな訳であり、プロテスタントが外典として扱ってきた書物についてローマ・カトリック・聖公会用に続編として収録されている。

ウェストミンスター信仰告白など歴史的なプロテスタント福音主義信仰告白は聖書を66巻であると告白しており、プロテスタントである福音派の立場からは「聖書の外典を続編として加え」たことについて、「読者にはその区別がよくわからないようです。」と指摘されている[13]。また、新共同訳の「旧約続編」についての主張は「正典と外典の違い」を無視しているとの指摘がある[14]

しかし、ローマ教皇を中心とするカトリック教会はヴルガータを権威あるものとしており、カトリック教会の立場からは、これらが第二正典として認められている[15][16]

ただし、新共同訳にはカトリック教会が第二正典とするものだけではなく、「カトリック教会も受け入れない外典が付け加えられている」[17]と福音派からは指摘されている。

批判[編集]

  • 新共同訳聖書は日本語訳聖書の伝統に反して、文語訳、口語訳から引き継がれてきた地名・人名・書名等の固有名詞を簡単に変えてしまっているとの批判がある(例: 口語訳「エペソ」→新共同訳「エフェソ」、口語訳「ペテロ」→新共同訳「ペトロ」、口語訳「ゼパニヤ」→新共同訳「ゼファニヤ」、口語訳「パリサイ人」→新共同訳「ファリサイ派(の人々)」、口語訳「伝道の書」→「コヘレトの言葉」)[18]
  • 「新約聖書ギリシャ語初歩」(教文館)の著者土岐健治教授一橋大)は「原典との対照」という点に関しても、「日本語」という点に関しても「新共同訳は完全な失敗作」であるとしている。例えば、ヨハネ伝1章1節の訳「言(ことば)は神と共にあった」は、まずルターが"mit"と誤訳し、それが英訳聖書に"with"と受け継がれ、それをそのまま新共同訳が踏襲している。これは日本正教会訳聖書やロシア正教会聖シノド聖書でも「と共に」である[27]ギリシャ語では「プロス」で、ラテン語訳では"apud Deum"と正しく訳されていて、その意味は「の家で」「のもとで」である。「と共に」とは絶対に訳せない。近年新しく発行された聖書協会共同訳と現代ロシア語訳聖書第二版増補では、この点には触れられて注釈か修正で対応された。
  • 旧約に関しても、新共同訳は「ヘブライ語原典に拠っている」として、章節の数をヘブライ語原典に合わせているが、これは七十人訳聖書以来の翻訳の伝統に対する「配慮に欠けている」という批判がある[28]。例えば、伝統的な章節ではレビ記6章1節以下が新共同訳では5章20節以下になっており、利用にあたって不便である。
  • レビ記13章46、47節で「重い皮膚病」、衣服に生じる「かび」とそれぞれ異なる訳語があてられている元のヘブル語はצָרָעַתtsara’ath[29](新改訳聖書ではツァラアト)である。病名として訳すのは間違いだという批判があり、国立ハンセン病療養所長島愛生園内にある長島曙教会の大嶋得雄牧師などにより粘り強い運動が続けられている[30]
  • マタイ伝5:3 「心の貧しい人々は、幸いである」について(翻訳者がほぼ全員、「原文を偽っている」という結論に達していたにもかかわらず、協会が)「変えてしまったら売れなくなる」として、「定着度の高い表現は変えない」ことになった。「翻訳者たちに高い翻訳料を払い、10億円もの予算を使って取り組んだことがそんなところに流れてしまう」(本田哲郎[31]

関連項目[編集]

ISBN[編集]

初版[編集]

中型聖書(NI63) B6判、1987年9月5日初版
ISBN 4-8202-1033-5
中型聖書—旧約続編つき(NI63DC) B6判、1987年9月5日初版
ISBN 4-8202-1034-3
中型聖書 B6判
ISBN 4-8202-1035-1
中型聖書—旧約続編つき B6判
ISBN 4-8202-1036-X

新組み版[32][編集]

小型聖書 A6判、1988年初版
ISBN 4-8202-1037-8
小型聖書—旧約続編つき A6判、1988年初版
ISBN 4-8202-1038-6
小型聖書 A6判 革装
ISBN 4-8202-1039-4
小型聖書—旧約続編つき A6判 革装
ISBN 4-8202-1040-8
中型聖書 B6判、1989年初版
ISBN 4-8202-1045-9
中型聖書—旧約続編つき B6判、1989年初版
ISBN 4-8202-1046-7
中型聖書 B6判 革装
ISBN 4-8202-1047-5
中型聖書—旧約続編つき 革装
ISBN 4-8202-1048-3
大型聖書 A5判、1990年初版
ISBN 4-8202-1057-2
大型聖書—旧約続編つき A5判
ISBN 4-8202-1058-0
大型講壇用聖書(NI98) A4判、1990年初版
ISBN 4-8202-1061-0
大型講壇用聖書—旧約続編つき A4判
ISBN 4-8202-1062-9
1994年初版 中型聖書 旧約続編つき B6判 革装
ISBN 4-8202-1048-3
1991年初版 中型聖書 B6判
ISBN 4-8202-1049-1
1988年初版 聖画入り(NI55P) B6判
ISBN 4-8202-1063-7
1993年初版 引照つき 22cm
ISBN 4-8202-1066-1
1993年初版 引照つき旧約続編つき A5判
ISBN 4-8202-1067-X
大型引照つき聖書 A5判
ISBN 4-8202-1068-8
(NIO59DCS)—旧約続編つき
ISBN 4-8202-1069-6
電子ブック版
ISBN 4-8202-1070-X
1993年初版 小型聖書 A6判
ISBN 4-8202-1101-3
1994年初版 小型聖書 A6判
ISBN 4-8202-1103-X
1994年初版 小型聖書 旧約続編つき A6判
ISBN 4-8202-1104-8
1995年初版 21cm 革装
ISBN 4-8202-1110-2
1993年初版 大型聖書 A5判
ISBN 4-8202-1117-X
1995年初版 20cm 革装
ISBN 4-8202-1130-7
1995年初版 中型聖書 B6判
ISBN 4-8202-1138-2
1995年初版 旧約続編つき B6判
ISBN 4-8202-1139-0

中型ハンディバイブル[編集]

中型ハンディバイブル 横組 B6判 ビニールクロス装、1996年初版
ISBN 4-8202-1201-X
中型ハンディバイブル—旧約続編つき 横組 B6判 ビニールクロス装、1997年初版
ISBN 4-8202-1202-8
中型ハンディバイブル(白) 横組 B6判 ビニールクロス装、1998年初版
ISBN 4-8202-1203-6

小型聖書[編集]

小型聖書(NI44) A6判 ビニールクロス装、1996年初版
ISBN 4-8202-1204-4
小型聖書—旧約続編つき(NI44DC) A6判 ビニールクロス装、1997年初版
ISBN 4-8202-1205-2
小型聖書(白) A6判 合成皮革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1206-0
小型聖書(NI49S) A6判 折革装 ケース入り 三方金、1988年初版
ISBN 4-8202-1207-9
小型聖書—旧約続編つき(NI49DCS) A6判 折革装 ケース入り 三方金、1999年初版
ISBN 4-8202-1208-7
小型聖書(赤) A6判 折革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1209-5
小型聖書—旧約続編つき(赤) A6判 折革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1210-9

中型聖書[編集]

中型聖書(NI53) B6判 ビニールクロス装、1996年初版
ISBN 4-8202-1211-7
中型聖書—旧約続編つき(NI53DC) B6判 ビニールクロス装
ISBN 4-8202-1212-5
中型聖書 B6判 折革装 ケース入り 三方金、1997年初版
ISBN 4-8202-1214-1
中型聖書—旧約続編つき B6判 折革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1215-X
中型引照つき聖書—旧約続編つき B6判、1998年初版
ISBN 4-8202-1241-9
中型引照つき聖書 B6判、1998年初版
ISBN 4-8202-1242-7
中型聖書(赤) A6判 折革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1248-6
中型聖書—旧約続編つき(赤) A6判 折革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1249-4
聖画入り聖書 B6判 厚表紙、1996年初版
ISBN 4-8202-1213-3

大型聖書[編集]

大型聖書(NI64) A5判 クロス装、1999年初版
ISBN 4-8202-1216-8
大型聖書—旧約続編つき(NI64DC) A5判 クロス装、1999年初版
ISBN 4-8202-1217-6
大型聖書 A5判 折革装 ケース入り 三方金、1998年初版
ISBN 4-8202-1218-4
大型聖書—旧約続編つき A5判 折革装 ケース入り 三方金、1998年初版
ISBN 4-8202-1219-2
大型引照つき聖書 A5判 折革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1220-6
大型引照つき聖書—旧約続編つき A5判 折革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1221-4
大型引照つき聖書 A5判 クロス装 ケース入り
ISBN 4-8202-1256-7
大型引照つき聖書—旧約続編つき A5判 クロス装 ケース入り
ISBN 4-8202-1257-5

講壇用聖書[編集]

大型講壇用聖書(NI98) A4判 総革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1224-9
大型講壇用聖書—旧約続編つき(NI98DC) A4判 総革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1225-7
小型講壇用聖書(NI68) A5判 総革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1239-7
小型講壇用聖書—旧約続編つき(NI68DC) A5判 総革装 ケース入り 三方金
ISBN 4-8202-1240-0

新約聖書[編集]

1988年初版 新約聖書詩編つき 日ポ対照 A5判
ISBN 4-8202-2035-7
1988年初版 新約聖書詩編つき A5判
ISBN 4-8202-2036-5
1989年初版 新約聖書 和文/新共同訳 英文/TEV対照 B6判
ISBN 4-8202-2047-0
1989年初版 新約聖書 B6判
ISBN 4-8202-2057-8
1994年初版 新約聖書 日西対照 A5判
ISBN 4-8202-2058-6
1995年初版 新約聖書 A6判
ISBN 4-8202-3101-4
1995年初版 新約聖書 B6判
ISBN 4-8202-3106-5
1995年初版 新約聖書詩編つき B6判
ISBN 4-8202-3107-3
1994年初版 新約聖書詩編つき A5判
ISBN 4-8202-3110-3
小型新約聖書 A6判 紙装、1998年初版
ISBN 4-8202-3201-0
小型新約聖書—詩編つき A6判 ビニールクロス装、1995年初版
ISBN 4-8202-3203-7
小型新約聖書—詩編つき A6判 折革装 ケース入り 三方金、1999年初版
ISBN 4-8202-3204-5
中型新約聖書 B6判 紙装、1998年初版
ISBN 4-8202-3206-1
中型新約聖書—詩編つき B6判 ビニールクロス装、1996年初版
ISBN 4-8202-3207-X
中型新約聖書—詩編つき B6判 クロス装 ビニールケース入り
ISBN 4-8202-3208-8
大型新約聖書—詩編つき A5判 クロス装、1997年初版
ISBN 4-8202-3210-X
小型新約聖書—詩編つき(ローズ) A6判 ビニールクロス装 ケース入り
ISBN 978-4-8202-3230-8
ミニ判新約聖書—詩編つき(ピンク) B7判 ビニールクロス装
ISBN 978-4-8202-3235-3
ミニ判新約聖書—詩編つき(ブルー) B7判 ビニールクロス装
ISBN 978-4-8202-3236-0
ミニ判新約聖書—詩編つき(グリーン) B7判 ビニールクロス装
ISBN 978-4-8202-3237-7
ミニ判新約聖書—詩編つき(青)革 B7判 革装 ケース入り 三方金
ISBN 978-4-8202-3238-4
ミニ判新約聖書—詩編つき(ピンク)革 B7判 革装 ケース入り 三方金
ISBN 978-4-8202-3239-1

対照聖書[編集]

新約聖書 和文/新共同訳 英文/TEV対照 A6判 1996年初版
ISBN 4-8202-3205-3
新約聖書 和文/新共同訳 英文/TEV対照 B6判 1996年初版 
ISBN 4-8202-3209-6
中型和英対照新約聖書 B6判 ビニールクロス装 1998年初版
ISBN 4-8202-3215-0
中型和英対照新約聖書 B6判 クロス装 ビニールカバー 1998年初版
ISBN 4-8202-3216-9
小型和英対照新約聖書 A5判 ビニールクロス装
ISBN 4-8202-3224-X

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『聖書 新共同訳について』日本聖書協会 昭和62年(1987年) ISBN 4-8202-9001-0 pp.22-26。委員の一覧を掲載。
  2. ^ 正教会で用いられる聖書は何ですか?
  3. ^ 『聖書翻訳を考える』聖書図書刊行会
  4. ^ ハーザー』連載「新しい聖書の翻訳」
  5. ^ 聖書 聖書協会共同訳”. www.bible.or.jp. 2018年10月20日閲覧。
  6. ^ 新翻訳聖書パイロット版の販売について”. 日本聖書協会. 2016年1月11日閲覧。
  7. ^ 31年ぶりの新訳「聖書協会共同訳」発売 日本聖書協会が記者会見”. www.christiantoday.co.jp. 2018年12月30日閲覧。
  8. ^ a b 鈴木範久『聖書の日本語』岩波書店
  9. ^ 「日本の神学」1990年9月17日
  10. ^ 『日本聖書協会ニュース』1987年7月25日、加藤常昭
  11. ^ 『聖書を発見する』 岩波書店 p.25
  12. ^ 日本語訳聖書の歴史 和田 幹男
  13. ^ 泉田昭著『日本における聖書とその翻訳』日本聖書刊行会p.33
  14. ^ 尾山令仁著『ヨハネが受けたキリストの啓示』羊群社 p.323-325
  15. ^ エンデルレ書店『現代カトリック事典』
  16. ^ 和田幹男著『私たちにとって聖書とは何なのか-現代カトリック聖書霊感論序説』女子パウロ会
  17. ^ 尾山令仁著『聖書翻訳の歴史と現代訳』p.24
  18. ^ 「聖書翻訳を考える」、新改訳聖書刊行会編、いのちのことば社、2004年、154ページ
  19. ^ ルカによる福音書2章48節 聖書協会世界連盟(UBS)第5版 καὶ ἰδόντες αὐτὸν ἐξεπλάγησαν, καὶ εἶπεν πρὸς αὐτὸν ἡ μήτηρ αὐτοῦ, Τέκνον, τί ἐποίησας ἡμῖν οὕτως; ἰδοὺ ὁ πατήρ σου κἀγὼ ὀδυνώμενοι ἐζητοῦμέν σε.
  20. ^ ルカによる福音書2章48節 口語訳聖書 両親はこれを見て驚き、そして母が彼に言った、「どうしてこんな事をしてくれたのです。ごらんなさい、おとう様もわたしも心配して、あなたを捜していたのです」。
  21. ^ ルカによる福音書2章48節 ラテン語ヴルガータ聖書 et videntes admirati sunt et dixit mater eius ad illum fili quid fecisti nobis sic ecce pater tuus et ego dolentes quaerebamus te
  22. ^ ルカによる福音書2章48節 ジェイムズ王欽定訳聖書 And when they saw him, they were amazed: and his mother said unto him, Son, why hast thou thus dealt with us? behold, thy father and I have sought thee sorrowing.
  23. ^ ルカによる福音書2章48節 標準訳英語聖書 And when his parents saw him, they were astonished. And his mother said to him, “Son, why have you treated us so? Behold, your father and I have been searching for you in great distress.”
  24. ^ ルカ傳福音書2章48節 大正改訳聖書 兩親イエスを見て、いたく驚き、母は言ふ『兒よ、何故かかる事を我らに爲しぞ、視よ、汝の父と我と憂ひて尋ねたり』
  25. ^ ルカに因る聖福音2章48節 日本正教会訳聖書 父母彼を見て駭けり、其母彼に謂へり、兒よ、何ぞ我等に斯く行ひたる、視よ、爾の父と我と憂ひて爾を尋ねたり。
  26. ^ ルカによる福音書2章48節 フランシスコ会訳聖書
  27. ^ この二つがルター訳を参照し「と共に」になった理由は不詳。
  28. ^ 一橋大学大学院言語社会研究科紀要「言語社会」2, 102-118, 2008-03-31,神の前における謙遜の営みについて :土岐健治インタビュー”. 2016年4月22日閲覧。
  29. ^ レビ記13章46節 ヘブル語タナッハ/ミクラー כָּל יְמֵי אֲשֶׁר הַנֶּגַע בּוֹ יִטְמָא, טָמֵא הוּא, בָּדָד יֵשֵׁב מִחוּץ לַמַּחֲנֶה מוֹשָׁבוֹ.
  30. ^ 聖書の中の「らい」
  31. ^ 「聖書を発見する」 岩波書店, p.146, 2010年11月
  32. ^ 佐藤邦宏著 「聖書の周辺(4)」『本のひろば』第499号(2000年3月号) キリスト教文書センター 平成12年(2000年) ISSN 0286-7001 pp.1-3。判型変更の経緯についての記事。