新利根川橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道4号標識
新利根川橋
Route 4 Shintonegawa Bridge.JPG
基本情報
日本の旗 日本
所在地 茨城県猿島郡
交差物件 利根川
建設 三菱重工業
座標 北緯36度07分37秒 東経139度45分30秒 / 北緯36.12694度 東経139.75833度 / 36.12694; 139.75833
構造諸元
材料 鉄・鉄筋コンクリート
全長 751.1m
12.7m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

新利根川橋(しんとねがわばし)とは、茨城県猿島郡五霞町と茨城県猿島郡境町との間の利根川赤堀川)を渡る、国道4号春日部古河バイパスである。

概要[編集]

1981年昭和56年)4月7日日本道路公団(当時)が建設し、20年の償還期間を設けた有料道路として、往復2車線の暫定供用を開始した。2001年平成13年)4月7日に無料開放され、国道4号春日部古河バイパスの一部として管理されている。なお橋脚・橋台等の下部工は竣工時から往復4車線分準備していたものの、長らく2車線のままであった。その後、圏央道の建設工事に並行する形で、4車線化工事を実施し、2015年(平成27年)3月27日に4車線化された[1]

上流の利根川橋の交通量の負担軽減が、架橋目的の一つであったが、有料橋だった当時、所要時間がそれほど変わらない下流の境大橋へ迂回する車両が殆どで、当初計画していた建設費用や用地費用129億円を通行料金で徴収する償還計画が、計244億円の債務を抱えたまま償還が破綻した[2]

構造[編集]

  • 鋼3連続桁橋×3 (9径間)(4車線)

隣の橋[編集]

(上流) - 利根川橋 - 東北新幹線利根川橋梁 - 新利根川橋 - 圏央道利根川高架橋 - 境大橋 - (下流)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “新4号国道で唯一の春日部古河バイパスの2車線区間が4車線で開通します。平成27年3月26日(木)〜27日(金)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省関東地方整備局 北首都国道事務所・宇都宮国道事務所, (2015年3月20日), http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000620018.pdf 2015年3月30日閲覧。 
  2. ^ 櫻井よしこ (2001年5月10日). “「 どうする気なのか『道路公団』未曾有の大赤字 」”. 週刊新潮』2001年5月17日号 (新潮社). http://yoshiko-sakurai.jp/2001/05/10/3750 2016年5月5日閲覧。 

関連項目[編集]