新北捷運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新北捷運
New Taipei Metro
基本情報
 台湾
所在地 新北市、(計画は一部桃園市台北市を含む)
種類 都市高速鉄道、ライトレール
開業 2018年12月24日(淡海軽軌緑山線)
運営者 新北大衆捷運股有限公司
公式サイト http://www.ntmetro.com.tw/
詳細情報
総延長距離 営業路線:7.3km
路線総延長:31.34 km(建設中のものを含む)
路線数 営業中1路線
建設中3路線、計画中2路線
駅数 営業中11駅
建設中24駅
軌間 1,435mm(標準軌
電化方式 三鶯線:第三軌条方式 (750V直流)
淡海・安坑軽軌:架空電車線方式
備考 列車全長:
中運量:(三鶯線)2両固定編成
低運量:(淡海・安坑線)5両固定編成
テンプレートを表示
新北捷運
各種表記
繁体字 新北捷運
拼音 Xīnběi Jiéyùn
通用拼音 Sinběi Jiéyùn
注音符号 ㄒㄧㄣ ㄅㄟˇ ㄐㄧㄝˊ ㄩㄣˋ 
発音: シンベイジェユン
台湾語白話字 Sin-pak chiat ūn
日本語漢音読み しんほくしょううん
英文 New Taipei MRT
テンプレートを表示

新北捷運(しんほくしょううん、英語: New Taipei MRT)は台湾新北市淡水区新店区土城区三峡区鶯歌区桃園市の一部で起こる慢性的な交通渋滞を緩和すべく建設中の捷運システム(都市高速鉄道ライトレール)である。台湾北部(北北桃中国語版地区)において台北市台北捷運桃園市桃園捷運に次ぐ第3の路線網で、淡海軽軌安坑軽軌三鶯線などの路線が含まれる。個々の路線網は台北都市圏の郊外部において互いに接続することなく孤立しているが、既存の台北捷運各線と接続することで大規模なネットワークを形成する。新北市政府の行政機関である捷運工程局が計画・仕様策定・入札管理や建設時の監督業務を担い、新北大衆捷運股份有限公司によって運営される。最初の路線である淡海軽軌[註 1]が2014年に起工され、2018年12月24日に最初の路線となる緑山線が開業した。

歴史[編集]

運営[編集]

以下は2018年時点で唯一開業している淡海LRTについてのもの[註 2]

大衆捷運法中国語版に基づき、他市の捷運路線同様に駅構内や車内での飲食は禁止されている。国内他社路線同様、台湾華語英語台湾語客家語の車内放送がなされ[6]、各駅の券売機は観光客や移民向けに日本語韓国語タイ語マレー語インドネシア語などを追加した10ヶ国語に対応している[7]

運賃[編集]

2019年2月から有料化された。現金の場合は5kmまでは初乗り20元、以降3kmごとに5元ずつ加算となる[8]。乗車券はICトークンの台北捷運と異なり感熱紙が採用される[9]。 台湾国内の主要IC乗車カードである悠遊卡一卡通愛金卡に対応し[9]、IC利用時に限り20%引のIC運賃や台北捷運・台北聯營公車(台北市市区公車新北市公車中国語版)との乗継割引(1時間以内)も適用される[5]。台北捷運で発売している「1280元1ヶ月定期票」にも対応[5]

また2019年6月に国際・国内ブランド合わせて9種のモバイル決済(Apple PayGoogle Pay、Samsung Pay、iPASS x LINE Pay、AlipayUnion Pay 、Garmin Pay、Fitbit Pay、Hami Pay)を導入予定[10]

淡海線では信用乗車方式が採用され、不正乗車は50倍の罰金が科される[5]

距離 - 5km 5 - 8km
普通運賃(現金・大人) NT$20 NT$25
IC(普卡・学生) 16 20
IC児童(台北市の6-12歳が対象) 12 15
IC社福(敬老・障害)・児童(新北市の6-12歳が対象) 8 10

路線一覧[編集]

新北市捷運建設計画図。
※路線図には台北捷運および桃園捷運の路線も含まれている。※政府建設計画欄は新=新十大建設(2005-)前=前瞻基礎建設計画(2017-)
路線 区間 距離 規格 車両
基地






F/S 総合計画 入札











開業
(予定)
系統 路線








































LB 三鶯線 1段階 頂埔駅 - 鶯桃福徳駅 14.29 中運量・LRRT 三峡機廠 2023年12月
2段階 鶯桃福徳駅 - 大湳駅 3.88 2026年
V 淡海軽軌 緑山線 紅樹林駅 - 崁頂駅 7.34 低運量・LRT 淡海機廠 ●2018年12月24日
三芝延伸線 崁頂駅 - 聖約翰大学駅 -
藍海線 浜海沙崙駅 - 淡水漁人碼頭駅 5.35 2019年[11]
淡水漁人碼頭駅 - 淡水駅
八里延伸線 淡水魚人碼頭駅 - 八里駅 5.14
K 安坑軽軌 十四張駅 - 双城駅 7.8 安坑機廠 2021年12月
P 五股泰山軽軌中国語版 分子尾駅 - 輔大医院駅 10.45
S 深坑軽軌 動物園 - 石碇服務駅 8

車両[編集]

低運量型[編集]

淡海線、安坑線は台湾車輌公司製の5両編成の連接型ライトレールが採用された。

中運量型[編集]

三鶯線では無人運転に対応した2両編成が採用され、台北捷運環状線(4両編成)のものと同仕様となっている。

ドライバーレス・メトロ(導入予定)
製造元日立レールイタリア(旧アンサルドブレーダ)
最高速度 - 80km/h
運用路線 - 三鶯線

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 緑山線と藍海線で構成。高雄捷運公司が3年間運営。
  2. ^ 淡海LRTは開業1ヶ月間運賃無料

出典[編集]

関連項目[編集]