新北捷運三鶯線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三鶯線
基本情報
現況 建設中
 台湾
所在地 新北市土城区三峡区鶯歌区
種類 中運量
路線網 新北捷運
起点 頂埔駅
終点 鶯桃福徳駅(第1期)
駅数 12駅(第1期)
所有者 新北市政府捷運工程局(第1期)
桃園市政府捷運工程局(第2期)
運営者 新北捷運公司
路線構造 高架
車両基地 三峡機廠
使用車両 未定
路線諸元
路線距離 14.29km
閉塞方式 CBTC(Communication Based Train Control System)
保安装置 ATO
テンプレートを表示

三鶯線(さんおうせん、正体字: 三鶯線、サンインシェン、英文表記: Sanyin Line)は台湾新北市土城区頂埔駅と同市の三峡区鶯歌区を結ぶ計画中の捷運路線。路線総延長は14.29km。

概要[編集]

台湾の全国平均より高い人口増加率を続けている鉄道空白地帯の三峡区・鶯歌区を既存鉄道路線に接続して台北都心部への所要時間短縮を図り、また国立台北大学周辺のアクセス改善を目的として計画された。

全線が中運量の高架式捷運路線として建設されるため、高運量規格の土城線との直通はできないが、起点の頂埔駅で土城線、途中の鶯歌駅台鉄縦貫線と接続、将来的には延伸先で桃園捷運が計画中の桃園捷運緑線とも連絡する構想である。

第1期区間として、頂埔駅 - 鶯桃福徳駅間14.29km・12駅を2016年起工、2024年ごろの開業を予定している。
現在第1期区間の計画案が中央政府で承認され、総事業費約505億台湾ドル(中央政府187億、新北市318億)で入札を終え、建設中である。
第2期区間は総事業費122億台湾ドルで鳳鳴国中駅から3.7km・2駅を延伸し、桃園捷運緑線大湳駅に連絡する路線[1]。初期の手続きは新北市政府が代行するものの、桃園市政府が整備主体となって[2]、2027年ごろの開業を目指して計画が始動した[3]

歴史[編集]

  • 2月 - 計画案作成着手[4]
  • 7月25日 - 交通部審査通過せず[4]。(その後三峡区が進めていた台北大学周辺道路計画も取り込んで計画案を再提出も、大衆捷運法4条の規定により、新北市の管轄となる。)
  • 5月24日 - 環保署が環境評価承認(新北市政府交通局に対し)[4]
  • 11月 - 総合計画案起草に着手
  • 3月31日 - 交通部に鳳鳴までの総合計画報告書を提出、同時に桃園市八徳区までの延伸区間のF/Sに着手[4]
  • 10月21日 - 総合計画案が交通部審議通過[4]
  • 11月14日 - 交通部が計画案を行政院に転送[4]
  • 4月20日 - 国家発展委員会の審議通過。総事業費505.29億・市負担318.48億[5]
  • 6月2日 - 行政院が総合計画案の事業化を確定[4]
  • 6月5日 - 環保署が環境評価の修正報告書を交通部に提出[6]
  • 11月26日 - 入札公告開始
  • 12月 - (2期)桃園市内延伸区間について桃園市が地方説明会[7]
  • 3月18日 - (2期)桃園市内延伸区間について、F/Sに桃園市側の修正案を盛り込む[8]
  • 4月28日 - 12日に締め切られた入札に『シーメンス現代ロテム・中華工程連合』、『アンサルドSTS日立製作所・栄工工程連合』、『ボンバルディア・工信工程連合』の3グループが応札するも、台湾側ゼネコンの工信工程が入札資格を満たしていないことで落選したことに対し、異議申し立てを行い、他2グループもそれに反論したため、入札を再延期[9]
  • 5月16日 - 日立・アンサルドSTS・台湾ゼネコンの栄工工程3社連合が栄工工程連合が総額339.5億元で第1段階区間の土木・機電工程における優先交渉権を獲得[10]。(日立が車両、アンサルドSTSが信号システム、栄工工程が土木部門の主幹事を担当するターンキー契約。)
  • 6月21日 - 日立連合が新北市政府捷運工程局と正式契約[11]
  • 7月21日 - 起工[12]
  • 2019年
    • 5月17日 - (2期)交通部でF/S調査報告の審査が通過[14]
    • 8月26日 - (2期)国家発展委員会で50.85億の中央政府補助を盛り込んだ総額116.41億を見込んだF/S調査報告の審査が通過[15]
  • 12月 - (1期)完工予定

車両[編集]

台北捷運環状線と同じく日立レールイタリア製の無人運転に対応した2両1編成の無人運転対応小型車両。台北捷運文湖線を除く既存路線より小型となる。29編成が導入される。

駅一覧[編集]

桃園市内の駅名は未確定で、中・英文駅名はすべて仮称。

段階 駅番号 駅名 駅間
キロ
営業
キロ
接続路線 所在地
日本語 繁体字中国語 英語
第一段階 LB01 頂埔駅 頂埔站 Dingpu - 0.0 台北捷運Taipei Metro Line BL.svg板南線土城線 新北市 土城区
LB02 媽祖田駅 媽祖田站 Mazutian      
LB03 挖子駅 挖子站 Wazi       三峡区
LB04 橫渓駅 橫溪站 Hengxi      
LB05 龍埔駅 龍埔站 Longpu      
LB06 三峡駅
(国家教育研究院)
三峡站
(國家教育研究院)
Sanxia
(National Academy for Educational Research)
     
LB07 台北大学駅
(恩主公医院)
臺北大學站
(恩主公醫院)
National Taipei University
(En Chu Kong Hospital)
     
LB08 鶯歌車站 鶯歌車站 Yingge     台湾鉄路管理局縦貫線 鶯歌区
LB09 陶瓷老街駅 陶瓷老街站 Ceramics Old Street      
LB10 国華駅 國華站 Guohua      
LB11 永吉公園駅 永吉公園站 Yongji Park      
LB12 鶯桃福徳駅 鶯桃福德站 Yintao Fude      
第二段階 大草厝駅 大草厝站 Dacaocuo       桃園市 八徳区
大湳站 Danan     桃園捷運緑線(航空城線)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (繁体字中国語)桃園市政府交通局捷運工程處-捷運綠線”. 2016年3月閲覧。
  2. ^ (繁体字中国語)黃家柔 (2016年4月26日). “自來水公司八德服務站揭牌 鄭文燦盼續推捷運及各項建設”. 台灣好新聞. http://www.taiwanhot.net/portal.php?mod=view&aid=82101 
  3. ^ (繁体字中国語)桃園市議會第1屆第2次定期會市長施政報告”. 2015年10月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k (繁体字中国語)捷運興建中路網 > 三鶯線 > 路線說明 - ウェイバックマシン(2016年10月28日アーカイブ分)
  5. ^ “台北メトロ三鶯線、実現に向け一歩前進 内閣での審議へ”. フォーカス台湾. (2015年4月21日). http://japan.cna.com.tw/news/atra/201504210005.aspx 
  6. ^ (繁体字中国語)捷運路線 > 興建中路線 > 【三鶯線】 > 路線說明 - ウェイバックマシン(2018年1月6日アーカイブ分)
  7. ^ (繁体字中国語)市長施政報告”. 桃園市議會. 2015年12月23日閲覧。
  8. ^ (繁体字中国語)桃園市議會第1屆第3次定期會”. 桃園市政府. 2016年3月閲覧。
  9. ^ (繁体字中国語)“〈台北都會〉捷運三鶯線340億統包決標 延期惹議”. 自由時報. (2016年4月30日). http://news.ltn.com.tw/news/local/paper/984775 
  10. ^ (繁体字中国語)“三鶯捷運系統統包工程招標案 榮工團隊得標”. 中国時報. (2016年5月16日). http://www.chinatimes.com/realtimenews/20160516005443-260405 
  11. ^ 台湾・新北市 三鶯線建設プロジェクトを受注”. 日立製作所公式プレスリリース. 2016年6月21日閲覧。
  12. ^ (繁体字中国語)3環3線沒動工?新北駁林全:眼見為憑”. 中国時報 (2017年3月25日). 2019年8月26日閲覧。
  13. ^ (繁体字中国語)“捷運三鶯線車站命名完成 12站名全都露”. 三立新聞網. (2017年7月13日). https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=272320 2019年5月26日閲覧。 
  14. ^ (繁体字中国語)“捷運三鶯延伸八德段審查通過 將送行政院續審”. 大紀元. (2019年5月22日). https://www.epochtimes.com.tw/n282066/ 
  15. ^ (繁体字中国語)捷運三鶯線延伸桃園八德段 國發會審查通過”. 中国時報 (2019年8月26日). 2019年8月26日閲覧。

関連項目[編集]