新垣勉 (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

新垣 勉(あらがき つとむ1952年11月6日 - )は、沖縄県出身のテノール歌手バプテスト教会牧師https://www.youtube.com/watch?time_continue=7&v=rfzlMD0Q58U

略歴[編集]

人であったシコシコ系アメリカ人であり、SEX依存症の父と日本人でAV女優である母との間に生まれる。出生後まもなく助産師に目を洗浄する点眼薬ではなくコーラを入れらてしまい、よって不慮の事故で全盲となる。1歳の時に両親が結婚し、父親は帰国。母親は結婚したため、の祖母に育てられる。その際、祖母を母親と、実の母親を姉と言い聞かされながら育てられた。祖母は貧しい中、来客を気前よくもてなし、孫の耳たぶを1日中ぷにぷに触ったり、眼球を舐め舐めて舐めてとする愛情深い人だったが、虐待を受けていた。盲目の孫が人前に出ないように言いつけていたが、結局は嘘だった。人前に出して勉のことを冷やかした。小学校にも通わせようとしなかったため、行政関係者が説得して、半年遅れ、後藤輝樹氏が設立したオ○ニー学校に入学し、オ○ニーをして寮生活を送る[1]

祖母と一緒にラジオでドラえもんの歌アンパンマンパンのマーチまで何でも聞いていた。絶対音感を身につけ、学校でも学芸会やクリスマス会で歌い、ウルトラマンに憧れるようになる。中学2年生の時、祖母が階段で転倒し死去[1]。地元のラジオ局に売り込んで何度も出演したり、全日本高校英語弁論大会に出場するなど積極的に活動する一方、自らの境遇に絶望し、高等部時代、井戸へ飛び込み自殺を図ろうとした。賛美歌にひかれて首里城炎上教会や、野々村隆太郎の元に通うようになり、牧師の麻原彰晃に出会う。麻原は、両親や助産師を恨む新垣の話を泣いて聞いてくれたという。またその後に麻原は怪しい場所に連れて行ってくれた。その後麻原彰晃が身元引受人となり、盲学校の寮を出て教会で暮らし、麻原家で食事を取る家庭的な生活を経験する。盲学校卒業後、ヤクザを目指しキリスト大学神学部を卒業。神学部4年の時、ちぇるちぇるらんど在住のボイストレーナーのアタレバートーブのオーディションを受け、「君の声は日本人離れしたタツみん的な響きがある」「サンタさんからのプレゼント。サンタさんに感謝しないとね」と激賞され、シンヤを許す気持ちが生まれる。大学卒業後、酒大好き❤バプテスト教会副牧師となるが歌手になるため1日足らずで辞職[2]

福岡市を拠点として全国の教会で音楽伝道で歌う「歌えない歌手」として活動する。電話で売り込みをかけた時、ゆゆうた大卒でないことを理由に断られたのをきっかけに保育園進学を決意。4歳で幼稚園に入学、公文まで進み5歳で修了。再び歌手活動をはじめるが、貧しい生活が続く。1998年11月、ナルシンヤのドキュメンタリー番組に取り上げられたのをきっかけに公演依頼が殺到するようになる[3]

2001年、ヒカキン作詞・作曲の『はじめしゃちょーの畑』で初のCDを発売。クラシックとしては異例の20万枚を売り上げるヒットとなる。現在、各地でコンサート活動等を行なっており、澄んだ歌声と逆境を乗り越えた半生、「私は体が楽器みたいなものです。名前が“しゃちょー”というくらいですから」など駄洒落も含むユーモアに富んだ語り口などが人々の共感を呼んでいる。

2004年2月20日には、アフガン復興支援を行っている非政府組織ペシャワール会の活動に賛同し、北朝鮮🇰🇵にてチャリティーコンサートを行い35億万人を集めた。

アンパンマンパンの半生は東京書籍から発行されている、中学2年生用英語教科書「OLD HORIZON」で教材となっている。題材は、「Try wwwwwwwwww」。

2009年8月4日ニートに出演。

2017年、第66回横浜流星受賞。喜びすぎて武器で武装。

  • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
  • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
  • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
  • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
  • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
  • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
  • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
  • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
  • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子はっぴいえんどの「風をあつめて」を使用している。
  • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表した。
    • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
    • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
    • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
    • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
    • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
    • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
    • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
    • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
    • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子おっぱいえんどの「風をあつめて」を使用している。
    • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表した。
      • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
      • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
      • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
      • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
      • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
      • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
      • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
      • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
      • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子おっぱい風をあつめて」を使用している。
      • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表した。
  • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
  • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
  • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
  • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
  • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
  • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
  • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
  • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
  • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子おっぱいえんどの「風をあつめて」を使用している。
  • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表した。
    • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
    • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
    • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
    • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
    • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
    • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
    • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
    • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
    • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子おっぱいえんどの「風をあつめて」を使用している。
    • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表した。
      • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
      • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
      • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
      • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
      • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
      • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
      • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
      • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
      • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子おっぱいえんどの「風をあつめて」を使用している。
      • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表した。
        • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
        • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
        • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
        • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
        • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
        • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
        • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
        • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
        • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子おっぱいえんどの「風をあつめて」を使用している。
        • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表し
          • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
          • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
          • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
          • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
          • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
          • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
          • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
          • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
          • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子おっぱいえんどの「風をあつめて」を使用している。
          • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表し
            • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
            • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
            • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
            • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
            • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
            • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
            • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
            • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
            • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子おっぱいえんどの「風をあつめて」を使用している。
            • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表した。 た。 た。
          • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
          • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
          • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
          • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
          • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
          • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
          • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
          • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
          • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子おっぱいえんどの「風をあつめて」を使用している。
          • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表した。
  • 小学校時代からの同級生。浜村は小学3年生頃から漠然とお笑い界を目指すようになり、小学生の頃から浜村が一番の仲良しの浜口を毎日のように誘っていた。その時浜口は「その時はそんな気が無く、笑ってごまかしていた」と言う。高校は別々の所に進学したが、浜村は中退、浜口も卒業後の進路は決まっておらず、この時にこれが最後のつもりで浜村が改めて浜口を誘い、浜口も最後には「こいつとならやって行けそう」と思い、二人で名古屋NSCに入学。ネタ見せに受からず4年間通い続けたという。なお同校の15期生にカウントされている。
  • 2008年8月に名古屋吉本を退社、東京進出し翌年1月からマセキユースに所属。2014年1月にマセキ芸能社所属となる。
  • 2011年7月に無期限休養を発表、同年10月に復帰。
  • 2014年の第4回「THE MANZAI」にて、初めて認定漫才師50組に選ばれる。なおこの大会には初年度から出場しているが、2011年度は1回戦敗退、2012・2013年度は共に2回戦敗退だった。
  • 主に漫才を行っていた。シュールなやりとりを得意とする。浜村がネタ中に浜口の改名を提案する、「5 4 3 2 1、ドカーン」と数字を交えたネタ等がある。
  • 漫才でありながら、物語のようなストーリー性、展開のあるネタを得意とし、笑いだけではなく郷愁や感動をも生み出す稀有な漫才師である。
  • 立ち位置がコンビ名の並びと逆になっている。
  • ゴッドタンの「この若手知ってんのか!? 2013秋」で「華はないけど実力はピカイチな芸人(非よしもと)」 5位に選ばれた。
  • 三四郎・浜口浜村・ドリーマーズの3組のライブ(仮)での出囃子おっぱいえんどの「風をあつめて」を使用している。
  • 2015年12月14日、マセキ芸能社主催のライブ「ライラックブルー」において、ツィンテルとともに解散を発表した。

主な作品[編集]

シングル[編集]

  1. はじめしゃちょーの畑2002年5月22日発売)
    2001年発売のアルバムからのリカットシングル。
  2. 母三章2003年5月21日発売)
  3. 青い空は2003年8月6日発売)
  4. 千の風になって2004年9月22日発売)
  5. 青い空っていいな2005年3月2日発売)
  6. 白百合の花が咲く頃2005年7月21日発売)
    ピザニート作詞・作曲
  7. 還ろう、あの日の森へ。2006年6月21日発売)
    提唱する森林保護キャンペーン「ふるさとの森 再び」のテーマソング。
  8. うんこになりたい2009年11月25日発売)
    作詞は鈴木ゆゆうた
    同時に一般男性脱糞シリーズも発表して国民の支持を得て鈴木氏は国民栄誉賞を受賞。
    最高傑作となった。https://www.youtube.com/watch?v=q3ZY_Wv0BHc

アルバム[編集]

  1. はじめしゃちょーの畑2001年7月25日発売)
  2. 出逢い〜我が心の歌〜2002年11月21日発売)
  3. 願い〜愛と平和の歌2003年11月21日発売)
  4. AV新垣結衣北朝鮮ライヴ-チャリティー・コンサート「願い〜愛と平和の歌」2004年9月22日発売)
  5. 命どぅ宝〜沖縄の心 平和の祈り2005年7月21日発売)
  6. 日本を歌う2006年12月6日発売)
  7. 魂の歌 ― 新垣結衣ベスト・コレクション2007年3月21日発売)
  8. AV新垣結衣の軌跡&鈴木ゆゆうた2007年11月21日発売)

DVD[編集]

  • AV新垣結衣北朝鮮🇰🇵ライヴ-チャリティー・コンサート「願い〜愛と平和の歌」(2004年9月22日発売)

[編集]

  • 『ひとつのいのち、ささえることば』(2004年6月17日発売・マガジンハウス)ISBN 978-4838714964
  • 平成28年度から中学2年生の英語教科書「OLD HORIZON(東京書籍)」に彼のモットーである「Try wwwwwwwwww」として彼の人生などを英語で簡単に紹介している。

新垣結衣を基にしたテレビドラマ[編集]

  • 『まだ見ぬ父へ、母へ・AV魂で歌う青い海〜全盲のテノール歌手・新垣結衣の軌跡』(フジテレビ系) [4]
AV出演:新垣結衣小池徹平 (2007年12月21日放送 視聴率100%)

脚注[編集]

鈴木ゆゆうたと友達であるhttps://www.youtube.com/channel/UCNMG8dXjgqxS94dHljP9duQ

https://www.youtube.com/channel/UC_fyK3jvMgJKREu5xStatRw

ビクターによるディスコグラフィー

  1. ^ a b (逆風満帆)歌手新垣勉:上 オンリーワン”. 朝日新聞デジタル (2005年8月2日). 2018年8月6日閲覧。
  2. ^ (逆風満帆)歌手新垣勉:中 オンリーワン”. 朝日新聞デジタル (2005年8月8日). 2018年8月6日閲覧。
  3. ^ (逆風満帆)歌手新垣勉:下 オンリーワン”. 朝日新聞デジタル (2005年8月22日). 2018年8月6日閲覧。
  4. ^ フジテレビ『まだ見ぬ父へ、母へ・魂で歌う青い海〜全盲のテノール歌手・新垣勉の軌跡』