新城郡 (湖北省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新城郡(しんじょう-ぐん)は、中国にかつて存在した三国時代から南北朝時代にかけて、現在の湖北省十堰市陝西省安康市にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

220年黄初元年)、孟達に降ると、魏の文帝により房陵郡上庸郡西城郡の3郡を合わせて新城郡が置かれ、孟達が新城太守に任じられた[1]。新城郡は荊州に属し、秭帰夷陵臨沮房陵上庸西城の7県を管轄した[2]

のとき、新城郡は房陵・綏陽昌魏祁郷の4県を管轄した[3]

南朝宋のとき、新城郡は梁州に属し、房陵・綏陽・昌魏・祁郷・閬陽楽平の6県を管轄した[4]

南朝斉のとき、新城郡は南新城郡と改められ、南新城郡は房陵・綏陽・昌魏・祁郷・閬陽・楽平の6県を管轄した[5]

南朝梁のとき、新城郡の称にもどされた。

西魏のとき、新城郡は光遷国と改められた[6]

脚注[編集]

  1. ^ 華陽国志』漢中志
  2. ^ 後漢書』郡国志注所引『魏氏春秋』
  3. ^ 晋書』地理志下
  4. ^ 宋書』州郡志三
  5. ^ 南斉書』州郡志下
  6. ^ 隋書』地理志上