新場駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯46度45分24秒 東経142度44分3秒 / 北緯46.75667度 東経142.73417度 / 46.75667; 142.73417 新場駅(しんばえき)は、樺太大泊郡千歳村に存在した鉄道省樺太東線南樺鉄道との連絡駅であった。

歴史[編集]

  • 1926年(大正15年)
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 南樺太の内地化により、鉄道省(国有鉄道)に編入。
  • 1945年(昭和20年)8月 - ソ連軍が南樺太へ侵攻、占領し、駅も含め全線がソ連軍に接収される。
  • 1946年(昭和21年)
    • 2月1日 - 日本の国有鉄道の駅としては、書類上廃止。
    • 4月1日 - ソ連国鉄に編入。ロシア語駅名は「ダチノエ・サハリンスコエ」。
  • 2011年 - 廃止。

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名からであり、地名は、付近の牧場が枯渇したために新たにこの地に設けられた牧場を「新場」と呼んだことからによる[2]

運行状況[編集]

樺太東線(1944年当時[3]
南樺鉄道(1940年当時[4]
  • 昭和十五年七月一日訂補では新場駅留多加駅との間を1日4往復していた。

隣の駅[編集]

鉄道省樺太鉄道局
樺太東線
貝塚駅 - 新場駅 - 中里駅
南樺鉄道
新場駅 - 江ノ浦駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本鉄道旅行地図帳 滿洲・樺太(今尾恵介原武史 監修 新潮社 2009年)p.65
  2. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)p.221
  3. ^ 南樺太:概要・地名解・史実 p.60
  4. ^ 南樺太:概要・地名解・史実 p.59