新大阪センイシティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新大阪センイシティー(しんおおさかセンイシティー)は、大阪府大阪市淀川区にある繊維卸問屋街を中心とした3館編成の複合商業施設、および施設を運営する協同組合である。施設の愛称は「ゆめっせ」。

沿革[編集]

大阪駅前の再開発に伴って、同駅南側にあった繊維問屋街が新大阪駅1964年(昭和39年)開業)の北側の現在地に移転することになり、総工費約110億をかけて3館(延べ床面積約13.9万m2)を建設し、繊維問屋や関連店舗をはじめとした350社が入居した。また上層階にはホテルや展示場も設けられていた。

当初は町の洋品店の仕入れ先として重宝し賑わいを見せ、夏場にはアサガオ市を行うなど親しまれたが、メーカーと直接取引する量販店が主流となり、さらにSPAによる直販にも押されテナントは次第に閉店していった。

このためまず2006年に3号館を閉鎖し建て替え、ホームセンターなど繊維問屋とは無関係のテナントが入居することになった。

残る1・2号館も2012年3月に建替えのため休館し[1]、2013年11月にリニューアルオープンした。なお、一部の店舗は北側にある新大阪繊維問屋街や中央区の船場センタービルなどで仮営業を行っていた[2]

2号館の跡地に4階建てと2階建て[3]の2つのビルを建設し、4階建ての方にセンイシティーが入居して営業再開した[1]。しかしながら前述の事情から建て替えの際に撤退・廃業した問屋もあり、新しいビルに入居したのは開業当初の1/10にすら満たない30社に留まった[1]

年表[編集]

テナント[編集]

  • 繊維卸問屋(約30店、一部店舗では小売りも行う)
  • ライフコーポレーション本社、宮原店
  • コーナン(2007年3月に、3号館1階に入居)
  • 上新電機(2007年3月に、3号館2階に入居)
  • スポーツデポ(2007年3月に、3号館2階に入居)

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ヘソ出し、パンチラ…衝撃のお色気ポスターも懐かしい「センイシティー」休館へ産経新聞 2012年3月25日)
  2. ^ 店舗移転先
  3. ^ ライフコーポレーションの本社と店舗が入居。
  4. ^ 「ゆめっせ」は協同組合新大阪センイシティーの登録商標(第3256685号ほか全8件)である。
  5. ^ a b 新大阪センイシティー ゆめっせカード終了のご案内

関連項目[編集]

座標: 北緯34度44分7.95秒 東経135度29分38.25秒