新天竜川橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道1号標識

新天竜川橋(しんてんりゅうがわばし)は、静岡県磐田市と同県浜松市間に流れる天竜川の両端を結ぶ国道1号道路橋梁。天竜川に架かる橋としては、最下流から6番目の位置にある(新新天竜川橋を含めると7番目)。

すぐ下流側にある天竜川橋(現静岡県道261号磐田細江線の橋梁)は、旧国道1号のものであり、国道1号の路線変更に伴う形で新天竜川橋が建設された。

1995年(平成7年)より、従来の片側2車線の計4車線道路から片側4車線の計8車線道路への拡幅工事(新天拡幅)を行い、2008年(平成20年)3月24日に8車線での供用を開始した。

概要[編集]

  • 橋長:912 m
  • 路線名:国道1号(浜松バイパス
  • 車線数:4車線(新新天竜川橋を含めると合計8車線となる)

新天拡幅[編集]

国道1号の新天竜川橋付近は近隣の地域でも屈指の渋滞ポイントであり、渋滞が慢性的に発生し、問題となっていた。また、新天竜川橋には歩道自転車歩行者道)が無かったため、天竜川を横断するためには路側帯を通行するしかなく、非常に危険な状態であった。この2点の解消を主な目的として、新天竜川橋の拡幅工事が1995年(平成7年)に開始された。総事業費は約460億円。なお、新天拡幅は新天竜川橋のみの拡幅工事を指すわけではなく、これを含めた北島交差点までの拡幅工事のことを指す。

最終的には、新しく建設された新新天竜川橋と合わせて合計8車線の道路となり、新天竜川橋は磐田方面へ向かう車両のみ通行する4車線道路(橋)となる。なお、2006年(平成18年)10月8日の新新天竜川橋の供用以降、2008年2月18日まで従来の新天竜川橋はリフレッシュ工事のために閉鎖された。

歴史[編集]

新新天竜川橋についてはこちらの項を参照。

  • 1965年(昭和40年)8月 - 完成。
  • 1974年(昭和48年)4月 - 2車線から4車線へ拡幅。
  • 2006年(平成18年)10月8日 - 新新天竜川橋供用開始、下りが路線変更により閉鎖。
  • 2006年(平成18年)11月12日 - 午前5時より上りが新新天竜川橋へ路線変更。以降耐震補強工事と改修工事のため閉鎖。
  • 2008年(平成20年)2月18日 - 午前5時より上り2車線のみで再開通。(工事は4車線供用開始まで継続)
  • 2008年(平成20年)3月24日 - 午前3時より上り専用として4車線供用開始。

新新天竜川橋[編集]

新新天竜川橋は、新天竜川橋の下流側すぐのところに架けられた橋梁。2006年10月8日に供用を開始。供用開始後から同年11月12日の間と2008年2月18日から同年3月24日の間は下り専用2車線道路として、2006年11月12日から2008年2月18日午前5時までは片側2車線の計4車線道路として機能していたが、2月18日以降は上り側が封鎖(上りは新天竜川橋に路線変更)となり、3月24日から浜松方面へ向かう車両のみ通行する下り専用の4車線道路橋となった。

新新天竜川橋の歴史[編集]

  • 2006年(平成18年)10月 - 完成。
  • 2006年(平成18年)10月8日 - 新新天竜川橋供用開始、暫定下り専用2車線。
  • 2006年(平成18年)11月12日 - 午前5時より片側2車線計4車線として供用開始。新天竜川橋は工事のため閉鎖。
  • 2008年(平成20年)2月18日 - 午前5時より下り2車線のみに路線変更。
  • 2008年(平成20年)3月24日 - 午前3時より下り専用として4車線供用開始。