この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

新妻聖子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

にいづま せいこ
新妻 聖子
生年月日 (1980-10-08) 1980年10月8日(39歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県稲沢市祖父江町
国籍 日本
民族 日本人
身長 156 cm
血液型 AB型
職業 女優歌手
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 2002年 -
配偶者 一般男性
著名な家族 新妻由佳子(姉)
事務所 プロダクション尾木
公式サイト www.seikoniizuma.com
テンプレートを表示

新妻 聖子(にいづま せいこ、1980年10月8日 - )は、日本女優歌手愛知県稲沢市祖父江町出身[1]上智大学法学部国際関係法学科卒業。プロダクション尾木所属。

来歴・人物

父親の仕事の都合で、11歳から約7年間タイで過ごす。音楽好きの両親の影響で幼い頃から様々なジャンルの歌に触れる。バンコクのインターナショナルスクールを卒業した後、上智大学法学部国際関係法学科に入学。歌手を目指してレコード会社のオーディションを受けていた2002年、大学在学中に『王様のブランチ』(TBS)でブランチリポーターとして芸能界デビュー[2]。1年半レポーターとして出演した。この時、同時期にテレビ朝日のアナウンサー試験を受けており最終選考まで残っていたが、悩んだ末にブランチリポーターを選択している[3]

2003年、ミュージカル『レ・ミゼラブル』に、オーディションでエポニーヌ役に大抜擢され、初舞台を踏む[2]。以降『ミス・サイゴン』にもキム役で出演するなど、主にミュージカルを主軸として活動している。

2006年7月19日、NHK朝の連続テレビ小説純情きらり』の挿入歌(この場合は番組オープニングテーマ曲に歌詞をつけている)「夢の翼」でCDデビューも果たす。また、2010年には映画『アンダンテ 〜稲の旋律〜』に主演。主題歌「アンダンテ」の作詞も担当し、作曲は実姉であるシンガソングライターの新妻由佳子が担当した。

2017年6月15日、かねてから交際していた一般男性と結婚したことを報告した[4]。2018年2月11日には第1子妊娠を報告[5][6]。同年7月20日には第1子となる長男を出産したことを発表した[7]

受賞

出演

テレビ

テレビドラマ

ラジオ

舞台

  • レ・ミゼラブル
    • (2003年7月 - 9月、2004年1月・7月・11月、2005年3月 - 5月・12月、2006年4月、2007年6月 - 9月、2009年6月) - エポニーヌ 役
    • (2011年5月-6月) - ファンティーヌ 役
  • ミス・サイゴン(2004年8月 - 11月、2008年7月 - 11月、2009年1月 - 2月、2012年8月-2013年1月) - キム 役
  • 21C:マドモアゼルモーツァルト(2005年7 - 11月) - モーツァルト 役(主演)
  • サド侯爵夫人(2005年11月) - ルネ 役
  • LOVE LETTERS(2005年2月) - メリッサ 役
  • 忍者イリュージョンNARUTO(2006年5月) - 歌姫ワカ 役
  • 骨唄(2006年7月 - 8月) - 栞役
  • マリー・アントワネット(2006年11月 - 2007年5月) - マルグリット・アルノー 役
  • THE LIGHT IN THE PIAZZA(2007年12月) - クララ 役
  • MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ魔人(2008年3月 - 4月) - 光岡 役
  • スペリング・ビー(2009年7月 - 8月) - オリーブ・オストロフスキー 役
  • NINE the musical(2009年12月 - 2010年1月) - ルイーザ・コンティーニ 役
  • キャンディード(2010年6月) - クネゴンデ 役
  • SHOW-ism 『DRAMATICA/ROMANTICA』(2010年7月)
  • イリアス(2010年9月)- 予言者・カッサンドラ 役
  • プライド(2010年12月) - 緑川萌 役
  • 青空…!(2011年1月 - 2月) - 村野五月 役
  • 国民の映画(2011年3月 - 5月) - レニ・リーフェンシュタール 役
  • SHOW-ism III『DRAMATICA/ROMANTICA W』(2011年6月)
  • GOLD -カミーユとロダン-(2011年12月) - カミーユ・クローデル 役
  • Bitter days, Sweet night (2012年8月) - ナツコ 役
  • SHOW-ism V『DRAMATICA/ROMANTICA V』(2012年10月)
  • トゥモロー・モーニング(2013年4月) - キャット 役
  • クランク・イン(2013年12月) - 真里 役
  • DNA-SHARAKU(2016年1月、新国立劇場中劇場) - 佐山ハル 役
  • 王家の紋章(2016年8月) - キャロル 役 

映画

劇場アニメ

CM

  • ブルボン 「キープクールキャンペーン」・「フランスバターのクッキー」
  • 日本デジタル研究所 「歌姫 新妻聖子」篇(2016年6月 - )※企業プロモーションビデオにも出演

ディスコグラフィー

シングル

タイトル レーベル 発売日
夢の翼 ポニーキャニオン 2006年7月19日
愛をとめないで〜Always Loving You〜 2007年7月18日
ヴァージン・ロード 2008年1月16日
時の翼 2011年9月21日
ありがとう 2012年5月16日
この祈り~The Prayer~ ワーナーミュージック・ジャパン 2016年9月28日
アライブ/天地の声 2017年7月12日

アルバム

タイトル レーベル 発売日
ミュージカルアルバム「MUSICAL MOMENTS」 ポニーキャニオン 2008年7月16日
アンダンテ 2010年2月17日
ライブアルバム「LIVE MOMENTS」 2013年8月21日
SEIKO ソニー・ミュージック 2015年11月18日
Colors of Life ワーナーミュージック・ジャパン 2019年5月15日

参加作品

タイトル 備考
ON THE STAGE 2014年10月1日発売。別所哲也とのコラボレーションアルバム。
名古屋開府400年記念CD「煌めきの未来へ」 「煌めきの未来へ」歌唱。
映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法! ミュージカルソングス 2016年3月19日発売。「秘薬のレシピ」「考えてみて」「魔女の子守唄(アカペラ ver.)」「魔女の子守唄〜歌は魔法」歌唱。

タイアップ

曲名 タイアップ
愛をとめないで〜Always Loving You〜 NHK土曜時代劇陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜』主題歌
ヴァージン・ロード 東海テレビ安宅家の人々』主題歌
時の翼 劇場アニメ『とある飛空士への追憶』主題歌
自由の鳥になれ風になれ JDL(日本デジタル研究所)CMソング

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ profile”. 新妻聖子オフィシャルサイト. 2016年10月9日閲覧。
  2. ^ a b 新妻聖子が外資系会社員と熱愛!結婚前提の真剣交際”. スポーツ報知 (2017年1月29日). 2017年1月28日閲覧。
  3. ^ “すべての経験 歌に返ると信じて ミュージカル女優、歌手 新妻聖子さん”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年2月7日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501074632/http://www.yomiuri.co.jp/komachi/komachisan/cafe/20130207-OYT8T00447.htm 2013年2月12日閲覧。 
  4. ^ “新妻聖子、一般男性と結婚「新妻聖子がついに『新妻』になりました」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年6月15日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170615-OHT1T50155.html 2017年6月15日閲覧。 
  5. ^ “新妻聖子:第1子妊娠を発表 妊娠5カ月に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年2月11日). https://mantan-web.jp/article/20180211dog00m200011000c.html 2018年2月11日閲覧。 
  6. ^ 新妻聖子からのご報告。”. SEIKO NIIZUMA OFFICIAL BLOG Powered by Ameba. サイバーエージェント (2018年2月11日). 2018年2月11日閲覧。
  7. ^ “新妻聖子 第1子男児を出産「すでに親バカです」”. Sponichi Annex. (2018年7月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/21/kiji/20180720s00041000543000c.html 2018年7月21日閲覧。 
  8. ^ “新妻聖子に「第7回岩谷時子賞」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年6月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160613-OHT1T50116.html 2016年6月13日閲覧。 
  9. ^ “役作りで髪を脱色!富司純子主演人情ドラマが今春放送”. ウォーカープラス. (2015年1月15日). http://news.walkerplus.com/article/54257/ 2015年1月15日閲覧。 
  10. ^ “新妻聖子「真田丸」江役で大河初出演!秀忠・星野源の姉さん女房に”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2016年8月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/20/kiji/K20160820013198610.html 2016年8月22日閲覧。 
  11. ^ とある飛空士への追憶”. メディア芸術データベース. 2016年8月4日閲覧。
  12. ^ キャラクター”. 映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト. 2017年1月26日閲覧。