新宇部発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新宇部発電所(しんうべはつでんしょ)は、山口県宇部市西沖の山1-2にあった中国電力石炭火力発電所

概要[編集]

1958年に1号機が運転を開始、3号機までが建設された。当初は石炭専焼だったが、1972年重油専焼に転換、さらにオイルショック後の1982年に石炭専焼へ再転換した。

その後、老朽化に伴い廃止されたが、変電設備は西宇部変電所として残されたほか、跡地は火力発電技術センターとなっている。

廃止された発電設備[編集]

1号機(廃止)
定格出力:7.5万kW
使用燃料:石炭
営業運転期間:1958年 - 1990年
2号機(廃止)
定格出力:7.5万kW
使用燃料:石炭
廃止時期:1990年
3号機(廃止)
定格出力:15.6万kW
使用燃料:石炭
廃止時期:1990年

出典[編集]

  1. ^ 新宇部発電所・石炭転換の計画概要科学技術総合リンクセンター
  2. ^ 新宇部発電所石炭だき転換後の運転実績科学技術総合リンクセンター

関連項目[編集]

座標: 北緯33度57分15.9秒 東経131度12分34秒