新安郡 (中国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新安郡(しんあん-ぐん)は、中国にかつて存在した晋代から唐代にかけて、現在の浙江省杭州市安徽省黄山市にまたがる地域に設置された。

概要[編集]

後漢末に立てられた新都郡を前身とする。280年太康元年)、晋がを平定すると、新都郡は新安郡と改められた。新安郡は揚州に属し、郡治は始新県に置かれた。新安郡は始新・遂安海寧黎陽の6県を管轄した[1]

南朝宋のとき、新安郡は始新・遂安・歙・海寧・黟の5県を管轄した[2]

南朝斉のとき、新安郡は始新・黟・遂安・歙・海寧の5県を管轄した[3]

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、新安郡は廃止されて、歙州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、歙州が新安郡と改称された。新安郡は休寧・歙・黟の3県を管轄した[4]

621年武徳4年)、唐が汪華を平定すると、新安郡は歙州と改められた。742年天宝元年)、歙州は新安郡と改称された。758年乾元元年)、新安郡は歙州と改称され、新安郡の呼称は姿を消した[5]

僑置新安郡[編集]

河南の新安郡[編集]

本節では現在の河南省新安県一帯に置かれた新安郡について述べる。東魏天平初年に置かれた。この新安郡は洛州に属し、新安東垣河南の3県を管轄した[6]興和年間に義州に転属し、新安郡は西垣・新安・東垣の3県を管轄した[7]563年北周保定3年)、廃止された。隋末に江南の新安郡本土が反乱勢力の手に落ちた。このため618年義寧2年)に再び河南の新安県に新安郡が立てられた。新安郡は新安・澠池・東垣の3県を管轄した。同年(武徳元年)、唐により新安郡は穀州と改められた[8]

武州の新安郡[編集]

本節では現在の山西省忻州市一帯に置かれた新安郡について述べる。543年(東魏の武定元年)に置かれた。この新安郡は武州に属した[7]

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』地理志下
  2. ^ 宋書』州郡志一
  3. ^ 南斉書』州郡志上
  4. ^ 隋書』地理志下
  5. ^ 旧唐書』地理志三
  6. ^ 魏書』地形志二中
  7. ^ a b 魏書』地形志二上
  8. ^ 旧唐書』地理志一