新宮凉庭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤浪剛一『医家先哲肖像集』より新宮凉庭

新宮 凉庭(しんぐう りょうてい、天明7年3月13日1787年4月30日) - 嘉永7年1月9日1854年2月6日))は、江戸時代蘭方医丹後国由良(現・京都府宮津市)出身。漢方医学を学んだあと、長崎蘭学を学び、京都で医学校「順正書院」を創立し、多くの医師を育てた。翻訳書も含め、医学書も多数著した。名は碩(せき)、号は鬼国、駆豎斎。凉庭は字。

略歴[編集]

1787年に丹後の由良に生まれる。家が貧しかったため、漢方医の叔父の元で育つ。幼いころから記憶力に優れた秀才で、漢学を修める。16歳で福知山藩の江戸藩邸に詰め、18歳のときに故郷で漢方医として開業する。

21歳のとき、蘭方医の宇田川玄随が著した「西説内科撰要」を読み、西洋医学を学ぶことを決心し、1810年に長崎に向かって旅立つ。道中、各地の医学者を訪ねては交流して学び、3年後の1813年に長崎へ到着。カピタンヘンドリック・ドゥーフに気に入られ、出島の商館医との交流が許され、自らも医師として商館で働いた。

1818年に故郷に戻り、1819年に京都で開業、多くの弟子を育てた。名医の誉れ高く、経済的にも成功し、1839年に医学学校と文化サロンを兼ねた「順正書院」を南禅寺の隣に建てた。経済にも明るく、諸藩の財政指導や融資を行なう一方、経済書も著した。

1854年、68歳で死去。順正書院は、息子の凉民、凉閣、凉介が跡を継いだが、明治時代に閉めた[1][2]

順正書院の跡地は現在、湯豆腐店の「順正」が店舗として使用している。

著作[編集]

  • 『西遊日記』 1836年 - 長崎留学記
  • 『但泉紀行』 1846年 - 城崎温泉逗留記
  • 『破レ家ノツヅクリ話』 1847年 - 経済論

[3]

伝記[編集]

  • 新宮貞亮『順正書院記』 1869年
  • 新宮凉閣『鬼国先生言行録』 1885年
  • 山本四郎『新宮凉庭傳』(ミネルヴァ書房) 1968年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「京都の蘭方医学者 ~新宮凉庭」木村専太郎クリニック
  2. ^ kotobank
  3. ^ 松本仁介氏医学振興基金古医書コレクション[リンク切れ]

関連項目[編集]