新宿コマ東宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新宿コマ東宝
Shinjuku Koma Toho
閉館後の新宿コマ劇場。その地下1階に新宿コマ東宝があった
情報
通称 コマ東宝
正式名称 新宿コマ東宝
完成 1956年
開館 1956年12月28日
閉館 2008年12月31日
最終公演 ALWAYS 三丁目の夕日
収容人員 586人
設備 ドルビーデジタル
用途 映画上映
運営 株式会社コマ・スタジアム
所在地 160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1-19-1
新宿コマ劇場地下1階
アクセス 新宿駅東口より徒歩8分

新宿コマ東宝劇場(しんじゅくコマとうほうげきじょう)は、東京都新宿区歌舞伎町にあった、阪急阪神東宝グループの株式会社コマ・スタジアムが経営・運営していた映画館である。

概要[編集]

1956年12月28日新宿コマ劇場のオープンとともに、同劇場の地下1階に併設された。千代田劇場→日劇東宝→日劇2(現・TOHOシネマズ日劇スクリーン2)系列の東宝邦画系チェーンである。1カ月に1作程度の割合で、新作が公開された。定員586人。1982年に改装オープン、同時に「コマダンスホール」を小劇場「シアターアプル」としてリニューアルオープンした。TOHOシネマズ系の映画館やシネマコンプレックス(総称:TOHO Theaters)とは異なり、全席指定・定員入替制を導入しなかった。 また、2008年11月より東宝の完全子会社に入ったがTOHO Theatersとは別の映画館として存在していた。

この劇場でシリーズ上映を貫いた作品[編集]

劇場の終焉[編集]

歌舞伎町地区の東宝邦画系の基幹劇場として親しまれた『新宿コマ東宝』だったが、入居している新宿コマ劇場の老朽化と隣接している新宿東宝会館(新宿プラザ劇場が入居していた)を含めた歌舞伎町一帯の再開発も重なり、2008年12月31日をもって閉館となった(コマ東宝での最後の封切作品は同年11月15日から上映の『ハッピーフライト』を12月19日まで本興行した)。

12月20日から31日の12日間、閉館イベント『さよならコマ東宝 想い出の東宝名作映画フェア』を開催した。料金は500円均一で、定員入替制を導入した。

が上映され、最終日の12月31日には『ALWAYS 三丁目の夕日』の上映を最後に、52年間の歴史に幕を閉じた。

新宿地区には、新宿バルト9ティ・ジョイ/TOHOシネマズ共同経営)や新宿ピカデリー松竹マルチプレックスシアターズ直営)など、都心型シネマコンプレックスが開館しており、こうしたシネコンによって映画興行も変貌、興行体制を見直すことが要因となった。