新宿昭和館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新宿昭和館
Shinjuku Showakan
情報
通称 昭和館
正式名称 新宿昭和館
完成 1932年
開館 1932年12月22日
閉館 2002年4月30日
最終公演 明治侠客伝 三代目襲名
収容人員 503人
客席数 昭和館:291
地下劇場:212
用途 映画上映
運営 昭和興業株式会社
所在地 東京都新宿区新宿3丁目35-13
アクセス 東京メトロ新宿三丁目駅より徒歩2分

新宿昭和館(しんじゅくしょうわかん)は、かつて東京都新宿区三丁目にあった任侠映画専門の名画座である。定員は291席。地階に成人映画専門の昭和館地下劇場(定員212席)を併設していた。

跡地にはSHOWAKAN-BLD.(昭和館ビル)が新築され、同ビル3階にミニシアターK's cinema」(ケイズシネマ)が2004年3月6日にオープンしている[1]

歴史[編集]

新宿駅を中心とした1937年(昭和12年)の地図。駅の東側(右側)の角筈町1丁目(現在の新宿3丁目)に、同館のほか武蔵野館新宿劇場(第一次)、新宿座、新宿帝国館等が密集している。
  • 1956年(昭和31年)4月28日 - 名画座路線の昭和館地下劇場開館
  • 1958年(昭和33年) - 新東宝の封切館からはずれ、名画座路線に
  • 1965年(昭和40年)頃 - 東映任侠路線の上映を開始
  • 1975年(昭和50年)頃 - 地下劇場にて成人映画の上映を開始
  • 2001年平成13年)7月13日 - 新建屋が開館50周年を迎える
  • 2002年(平成14年)4月30日 - 建物老朽化により閉館

関連書籍[編集]

  • 川原テツ 『名画座番外地「新宿昭和館」傷だらけの盛衰記』、幻冬舎、2007年7月 ISBN 434401362X

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ vol.02 新宿K's CINEMA(ケイズシネマ)|違いのわかる映画館”. レッツエンジョイ東京. 2016年9月4日閲覧。
  2. ^ 昭和7年の東京府下の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料「キネマ旬報」). 2013年12月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月27日閲覧。
  3. ^ 年鑑[1942], p.10-35.

参考文献[編集]

  • 『映画年鑑 昭和十七年版』、日本映画協会、1942年発行