新宿警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新宿警察(しんじゅくけいさつ)は、藤原審爾による日本の警察小説のシリーズ、また、それを原作とするテレビドラマ。

概説[編集]

東京新宿にある警察署を舞台に、根来刑事を初めとする刑事たちの活躍を描いた警察小説『新宿警察』を第1作とする一連のシリーズ作品。昭和30年代から30年にわたって書き続けられ、長編『夜だけの恋』『あたしにも殺させて』2作の他、100編を越える[1]作品がある。エド・マクベイン87分署シリーズのように複数の刑事達の行動が並行して描かれるスタイルで、「日本の87分署」とも、「日本の警察小説の先駆的作品」[2]とも言われる。執筆当初は実際には新宿の警察署は淀橋警察署という名前で、新宿警察署というのは実在しない架空の警察署だった。自身では「ある時会った所轄の刑事たちが〜燃えるような情熱をもっていることを知って、わたしはそれにうたれた」のを契機に書き始めたと述べている[1]

刊行リスト[編集]

  • 『新宿警察』 報知新聞社 1968年(短編集)
  • 『新宿警察 新宿広場』 報知新聞社 1969年(短編集)
  • 『マリファナ』 双葉社 1972(短編集)
  • 『新宿真夜中ソング』 桃園書房 1974年 (短編集)
  • 『新宿警察』双葉社 1975年(短編集)
  • 『夜だけの恋』双葉社 1975年 のち角川文庫(『漫画サンデー』1970/1/7・15合併号-8/8号に連載、連載時題は「新宿その暗黒の恋」)
  • 『続新宿警察』双葉社 1975年(短編集)
  • 『愛しながら殺せ』グリーンアロー出版社 1975年(短編集)
  • 『マリファナ殺人事件』 実業之日本社 1977年(短編集)
  • 『新宿心中』 実業之日本社 1978年
  • 『真夜中の狩人』 実業之日本社 1978年 のち角川文庫(短編集)
  • 『あたしにも殺させて』 双葉社 1984年
  • 「新宿西口ビル街殺人事件」(『ろくでなしはろくでなし』に併録)
  • 『新宿警察』『慈悲の報酬』『所轄刑事』『新宿生餌』双葉社 2009年(短編集、1975年『新宿警察』『続新宿警察』を分冊化したもの)
(各出版社の短編集には重複して収録されている作品がある。)

また『わが国おんな三割安』の舞台も「新宿署」の管轄で、シリーズ中の刑事が登場する。

テレビドラマ[編集]

新宿警察
ジャンル 刑事ドラマ
原作 藤原審爾
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1話 - 4話
放送期間 1975年9月6日 - 9月27日
放送時間 土曜 22:00 - 22:55
放送分 55分
第5話以降
放送期間 1975年10月4日 - 1976年2月28日
放送時間 土曜 22:00 - 22:54
放送分 54分
回数 全26

特記事項:
製作:フジテレビ東映

フジテレビ東映の制作により、テレビドラマ化。フジテレビ系で放送された。

新宿の裏社会の人間模様と、それに挑む警視庁角筈(つのはず)警察署(架空の署)の刑事たちの活躍を描く。


放送データ

メインキャスト[編集]

ゲスト[編集]

※出演はクレジットタイトルの表記順。

話数 ゲスト
1 夏夕介高品格佐藤京一鷲尾真知子、小林千枝、愛田純伊達弘、沢田浩二、不知火艶/大村千吉、佐野哲也、城海峰、高橋康司/八木喬、木島あかね、青木卓司、司欣也/山口智子、上田博、鹿地史郎、大塚秀宜/神山繁:小池朝雄(ナレーター)
2 山本昌平荒砂ゆき水沢有美鈴木正幸、久米勳夫/土山登士幸、大塚秀宜/藤倉悦典、二家本辰巳:小池朝雄(ナレーター)/深江章喜
3 伊佐山ひろ子富田仲次郎、高木門/笹一平・八平、池田鴻/小泉郁之助、大堀早苗、片山由美子/鍋谷孝喜、奈良富士子、原田君事、大山豊/右京考雄、三島一郎、伊藤あつ子、加川真規/足立義夫、根本節子、大北隆志、清郷秀人:小池朝雄(ナレーター)
4 三ツ木清隆小林稔侍関根世津子太刀川寛宮井えりな野呂圭介、橘真紀、東大二朗/高月忠、清水照夫、和久井節雄山崎猛、塚田末人、徳永正人、大島剛/長谷川弘谷口香:小池朝雄(ナレーター)
5 金田龍之介上野山功一梅津栄伊達三郎/林靖子、田中久子、神ひろし/川崎あかね、須賀良、亀山達也、山川弘乃/五月晴子高月忠、船渡伸二、朝倉一/伊達弘、司欣也、島康二、岡本安代/尾形とも子、原啓子、笠井心:小池朝雄(ナレーター)
6 大門正明内田勝正、大森不二香/佐山俊二、曽我廼家一二三/轟謙二、北城寿太郎、小笠原まりこ/加納健司、須賀良、土山登士幸、石田国松/三島一郎、岸井あや子相原巨典太古八郎/溝口久夫、司欣二、北見あつ子、水木京一/吉中正一、大島久雄、霞涼二(刺青):小池朝雄(ナレーター)
7 新克利佐々木孝丸田口計/森秋子、姫ゆり子市地洋子江幡高志大泉滉潮健児五代勝也石山克巳多田幸雄/浜田東一郎、渡辺義文、豊岡晋:小池朝雄(ナレーター)
8 郷鍈治睦五郎/藤里まゆみ、堀内香/横山あきを、町田幸夫、小野川公三郎/鍋谷孝喜、樋口京子、原田あけみ/田中清一、平沢信夫、足立義夫、鹿地史郎/大橋志郎、瀬尾脩:小池朝雄(ナレーター)
9 林ゆたか/吉野あい/江角英明、丘奈保美、秋津令子/小園蓉子奥野匡堺左千夫里見たかし、水多優雄、石津康彦、豊川晋伍/古川登志夫、瀬戸山秀樹、永瀬光、ながいゆうこ/幸英二、中川明、よぎ英一、佐竹祥一/石井啓一、松風敏勝、新山くるみ、漆沢政子(振付):小池朝雄(ナレーター)
10 香野百合子広瀬昌助浅茅陽子武智豊子幸田宗丸田畑孝笠井一彦/坂上千恵子、水町千代子/大矢兼臣、益子隆充、鹿地史郎/吉行和子:小池朝雄(ナレーター)/江幡高志[3]
11 芹明香白石奈緒美所雅樹西本裕行高杉哲平、西尾啓/相馬剛三、影山丈二、清水照夫/飯田悦子、高野隆志、入江正徳/山浦栄八百原寿子、山田博幸:小池朝雄(ナレーター)
12 夏純子東龍明相沢治夫松田章槙ひろ子、石川珠美/長浜鉄平、石部稲子/小池朝雄(ナレーター)/勝部演之[3]
13 緑魔子根岸一正テレサ野田/平凡太郎、弘松三郎/直木みつ男、横井豊、丹古母鬼馬二/片桐陽子、笹一平、笹八平、太古八郎/安達由紀、松尾リッチ、ちほひろみ、風間杜夫佐藤蛾次郎:小池朝雄(ナレーター)
14 藤田みどり堀内正美岩城滉一、風間千代子/奥村公延笠井うらら/折尾哲朗、影山みのる、岡崎夏子/安達勇次、近藤剛史、山岡洋子/前川広一、佐藤のぼる、木村栄作:小池朝雄(ナレーター)
15 山谷初男瀬戸山功、祐樹秀幸/加藤和夫池田忠夫田島義文/白石浩司、小泉郁之助、沢田勝美/西沢武夫、西田昭市山本緑/山田光一、比良元高、畑中猛重/大島剛、大塚秀宜:小池朝雄(ナレーター)
16 山本麟一加藤小夜子藤山律子渥美国泰、神山勝/玉村俊太郎、大阪憲、進藤幸/田中久子、小泉郁之助、吉水慶、小山武彦/五野上力、足立義夫、大北隆志、司恵子/高土新太郎、谷本一:小池朝雄(ナレーター)
17 赤座美代子蟹江敬三浜田晃人見きよし渚健二萩原信二寄山弘浅見小四郎/沢美鶴、鳥井忍、大野富久代/峰洋子、福原三男:小池朝雄(ナレーター)
18 荒木道子藤江リカ千波丈太郎川原洋一郎、遠藤孝子/椎谷建治里木佐甫良井上博一/佐藤明美、石垣守一、松坂雅治岡田京子/黒瀬領二、曽我寶文、矢島洋子:小池朝雄(ナレーター)
19 中原ひとみ河村弘二絵沢萠子/肥土尚弘、上月左知子、小泉郁之助、/中井美樹、鈴木治郎、中井美奈/寺泉哲章、田畑喜彦、近江大介、佐藤了一/高月忠、劇団ひまわり:小池朝雄(ナレーター)
20 小原秀明河原崎次郎近藤宏/柴田英子、吉野あい、三戸部スエ/角友司郎、安達由紀、清川元夢木村修、林義一、工藤武/小松方正:小池朝雄(ナレーター)
21 木内みどり下條アトム蜷川幸雄/江幡高志、高宮啓二宮田光紅理子高品正広、山本良々、松田真理/水上竜子:小池朝雄(ナレーター)
22 佐藤佑介早田みゆき中原早苗北原義郎小峰千代子、竹田将二、九重ひろ子/真咲美岐瀬良明猪俣猛(ドラム指導):小池朝雄(ナレーター)
23 横山リエ/小松方正/田中浩中村俊男中村方隆吉原正浩若尾義昭、麻生竜、清川元夢:小池朝雄(ナレーター)
24 根岸明美、堀井永子/エンゲル・ラーソン、八名信夫福山象三/清水理絵、森みつる、大坪日出代/木田三千雄、野地きくみ、西川敬三郎/肥土尚弘、亀山達也、佐々木一哲、須賀良/鈴木治郎、中井美奈:小池朝雄(ナレーター)
25 佐藤友美古今亭圓菊由利徹今井健二柴俊夫片桐夕子/エンゲル・ラーソン、藤山浩二、小高まさる鮎川浩/和田健一郎、井上正広、山田光一、福地悟郎、尾形とも子/松本敏男、薗部優子、山形政彦、桐島好夫、河野洋子/峰洋子、足立義夫、立花ひろあき:小池朝雄(ナレーター)
26 室田日出男春川ますみ南城竜也松原光二、生田くみ子/松尾文人、たゆみあき、青木卓司、邦創典北島マヤ/山口譲、遠藤孝子、佐藤仁哉、古能成二、柴田徹/謝秀容、芝さなえ、岩井松二郎、美原亮、三城貴子/打越正八、高月忠、山田光一、足立義夫:小池朝雄(ナレーター)

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:高橋久仁男(フジテレビ)、青村暿一(フジテレビ)、佐伯明(東映)、加藤貢(東映)
  • 音楽:クニ河内(オープニング&エンディングテーマ曲演奏:あんぜんバンド)
  • 監督脚本作品リストを参照

作品リスト[編集]


話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1975年9月6日 新宿・24時 江里明 真船禎
2 9月13日 地下水道 尾中洋一 竹本弘一
3 9月20日 新宿ろくでなし 永原秀一 真船禎
4 9月27日 銀行ギャング・わが夢 池田一朗 江崎実生
5 10月4日 華麗なる用心棒 真船禎 真船禎
6 10月11日 純情無頼 永原秀一 江崎実生
7 10月18日 帰らざる街 尾中洋一
塩田千種
真船禎
8 10月25日 汗まみれの逆転 永原秀一
峯尾基三
斎藤武市
9 11月1日 新宿はやり唄 尾中洋一
真田喜助
10 11月8日 一発の銃弾 尾中洋一 原田雄一
11 11月15日 殺しの録音テープ 江里明 村山新治
12 11月22日 娼婦の罠 広沢栄 斎藤武市
13 11月29日 新宿マリーの怨み節 永原秀一 長谷部安春
14 12月6日 再会 佐伯孚治
15 12月13日 脅迫電話 池田一朗 原田雄一
16 12月20日 理由なき殺人 永原秀一 長谷部安春
17 12月27日 新宿哀歌 永原秀一
佐治乾
吉川一義
18 1976年1月3日 お茶汲み刑事 江里明 原田雄一
19 1月10日 新宿 エロチカ 尾中洋一 真船禎
20 1月17日 ひとりぼっちの追跡 池田一朗 原田隆司
21 1月24日 新宿心中 尾中洋一 真船禎
22 1月31日 新宿・初恋 原田雄一
23 2月7日 その暗黒の恋 田上雄
藤森隆明
原田隆司
24 2月14日 青い目の傷痕 (きずあと) 池田一朗 原田雄一
25 2月21日 さよならも言わないで… 野上龍雄
猪又憲吾
原田隆司
26 2月28日 長くて暑い日曜日 池田一朗 佐藤純弥

媒体・再放送[編集]

2015年12月・2018年1月より東映チャンネルで全話が再放送された。

レコード[編集]

オープニング曲はレコード化もされ、レコードバージョンは後にオムニバスアルバム『テレビ狂時代 Vol.1 '69〜'77』(徳間ジャパン、2003年1月22日発売)などに収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『真夜中の狩人』作者のことば(双葉社 1980年)
  2. ^ 細谷正充「私と藤原審爾」(『新宿警察』双葉文庫、2009年)
  3. ^ a b ノンクレジット
フジテレビ系 土曜22時台
【当番組より国産ドラマ枠】
前番組 番組名 次番組
女刑事ペパー・アンダーソン
新宿警察
フジテレビ 土曜 22:54 - 22:55枠
女刑事ペパー・アンダーソン
※22:00 - 22:55
新宿警察
(第4話まで。1分縮小して継続)
ある日のヨーロッパ
※22:54 - 23:00
(1分拡大)