新寺通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
新寺4丁目(左)・5丁目(右)(2009年)

新寺通(しんでらどおり)は、仙台市青葉区の五橋一丁目交差点(新北目町ガード)を起点とし、宮城野区東華中学校前を終点とする仙台市道の愛称である。

宮城野通同様、仙台の東のメインストリートであると同時に、仙台市都心部の五橋と仙塩地区の多賀城市塩竈市を結ぶ重要な幹線道路としても機能している。

名称は、新寺通の一本北側の道路である新寺小路に由来する。江戸時代の仙台城下町の道路命名法において、寺社が集中している道は「小路」と呼ばれた。新寺通の北側には、東西640m、幅10mの「新寺小路緑道」が並走する。

沿道の施設など[編集]

  • ロッテ商事
  • 阿弥陀寺
  • 龍泉院
  • 応瑞寺
  • 正楽寺
  • 善導寺
  • 林香院
  • 洞林寺
  • 東秀院
  • 道仁寺
  • 国家公務員宿舎
  • 郵政公社アパート