新尾頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 熱田区 > 新尾頭新尾頭町
新尾頭・新尾頭町
新尾頭・新尾頭町の位置(愛知県内)
新尾頭・新尾頭町
新尾頭・新尾頭町
新尾頭の位置
新尾頭・新尾頭町の位置(名古屋市内)
新尾頭・新尾頭町
新尾頭・新尾頭町
新尾頭の位置
北緯35度8分25.04秒 東経136度53分51.46秒 / 北緯35.1402889度 東経136.8976278度 / 35.1402889; 136.8976278
日本の旗 日本
都道府県 愛知県の旗 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
熱田区中区
人口
(2018年(平成30年)12月1日現在)[WEB 1]
 • 合計 1,472人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
456-0018[WEB 2]
市外局番 052 (名古屋MA)[WEB 3]
ナンバープレート 名古屋

新尾頭(しんおとう)は、愛知県名古屋市熱田区および中区にある町名。現行行政地名は新尾頭一丁目から新尾頭三丁目と新尾頭町。住居表示は新尾頭町が未実施、新尾頭一丁目から新尾頭三丁目が実施済み[WEB 4]

地理[編集]

名古屋市熱田区の北部に位置し、東は花町金山町、西(新尾頭町の西隣も含む)は中川区八熊柳川町、南は尾頭町五本松町、北は中区正木と接する。

新尾頭町は新尾頭の西隣にあるが、面積の殆どが堀川にある。また中区新尾頭は、一丁目が道路部分にのみ存在する。

歴史[編集]

町名の由来[編集]

新尾頭の地名は、熱田の北郊の尾頭の町のさらに北側に、江戸時代前期に町屋ができたことによる[1]

新尾頭にあった住吉社と佐屋街道の様子。天保年間ごろ

現在の新尾頭の東側・北側を通る佐屋街道は熱田と桑名を結ぶ道で、東海道の脇道に当たる。寛文6年(1666年)幕府が道中奉行が管轄することとなったとき、佐屋街道の尾頭橋を亀屋河渡から北側の現在位置に移転させた。これにより尾頭橋の東側の佐屋街道沿いに町が広がり、これを新尾頭町と呼ぶようになった。

江戸時代、佐屋街道は諸大名の参勤交代のルートになるとともに[2]、多くの人々が伊勢詣り津島詣でに利用し、シーボルト松尾芭蕉も通行したといわれる。 新尾頭の町にある住吉社は、摂津住吉大社(現在の大阪市)の神の来臨を願って建てられたもので、現存する[2]

天保期に編さんされた『尾張名所図会』の「住吉社」では、住吉社手前(北側)の佐屋街道沿いにのれんを下げた商家が描かれている[3]

沿革[編集]

  • 1878年(明治11年)12月28日 - 愛知郡熱田村の一部より、新尾頭町が成立[4]
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 町村制施行・合併に伴い、愛知郡熱田町大字新尾頭となる[4]
  • 1907年(明治40年)6月1日 - 名古屋市へ編入し、同市熱田新尾頭町に改称[4]
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 行政区設置に伴い、南区所属となる[4]
  • 1937年(昭和12年)10月1日 - 行政区変更に伴い、熱田区所属となる[4]
  • 1939年(昭和14年)12月15日 - 熱田尾頭町(尾頭町)の一部を編入し、新尾頭町に改称[4]
  • 1980年(昭和55年)7月13日 - 以下の通り変更[4][5]
    • 熱田区新尾頭町の一部より、同区新尾頭一丁目が成立。
    • 熱田区尾頭町・新尾頭町の各一部より、同区新尾頭二丁目が成立。
    • 熱田区尾頭町・五本松町・新尾頭町・花町の各一部より、同区新尾頭三丁目が成立。
    • 中区正木町古渡町の各一部(道路部分のみ)より、同区新尾頭一丁目が成立。
    • 新尾頭町の残部が堀川部分を除き熱田区金山町一丁目・花町となる。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[WEB 1]

丁目 世帯数 人口
新尾頭一丁目 608世帯 942人
新尾頭二丁目 142世帯 314人
新尾頭三丁目 134世帯 216人
884世帯 1,472人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 1,254人 [WEB 5]
2000年(平成12年) 1,167人 [WEB 6]
2005年(平成17年) 1,329人 [WEB 7]
2010年(平成22年) 1,503人 [WEB 8]
2015年(平成27年) 1,528人 [WEB 9]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[WEB 10]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[WEB 11]

丁目 番・番地等 小学校 中学校 高等学校
新尾頭一丁目 全域 名古屋市立高蔵小学校 名古屋市立沢上中学校 尾張学区
新尾頭二丁目 全域
新尾頭三丁目 全域

施設[編集]

略地図
1
イチビキ本社
2
愛知県司法書士会
3
十六銀行熱田支店
4
商工組合中央金庫熱田支店
5
NTT西日本熱田ビル
6
真求寺
7
妙安寺
8
住吉神社
9
名古屋市営新尾頭荘
堀川尾頭橋より伏見通までの約250メートルの間の道路の両側に商店が所在する商店街[6]。昭和初年に商店街が形成され、発展会として組織化された[7]。戦災により全滅したものの、その後復活を果たしている[6]。小売店や飲食・サービス業などの一般向け店舗は商店街の3分の1程度であり、作業着・塗料などの卸売業が中心となっている[6]

交通[編集]

道路[編集]

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

WEB[編集]

  1. ^ a b 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2018年12月20日). 2019年1月6日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ 熱田区の町名”. 名古屋市 (2015年10月21日). 2019年1月12日閲覧。
  5. ^ 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (CSV)” (日本語). 2019年4月27日閲覧。
  6. ^ 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (CSV)” (日本語). 2019年4月27日閲覧。
  7. ^ 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (CSV)” (日本語). 2019年4月27日閲覧。
  8. ^ 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (CSV)” (日本語). 2019年4月27日閲覧。
  9. ^ 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等 (CSV)” (日本語). 2019年4月27日閲覧。
  10. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  11. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  12. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年01月06日閲覧 (PDF)

書籍[編集]

参考文献[編集]

  • 『熱田区誌』熱田区制五十周年記念誌編集部会、熱田区制五十周年記念事業実行委員会、1987年10月1日(日本語)。全国書誌番号:88014448
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5。
  • 名古屋市計画局『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。全国書誌番号:93012879
  • 日下英之『佐屋路 歴史散歩』七賢出版中部事業部、1994年。

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、新尾頭に関するカテゴリがあります。