新居浜工業専門学校 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
新居浜工業専門学校
(新居浜工専)
創立 1939年
所在地 愛媛県新居浜市
初代校長 浦川敏介
廃止 1951年
後身校 愛媛大学工学部
同窓会 愛媛大学工業会

新居浜工業専門学校 (にいはまこうぎょうせんもんがっこう) は、1939年 (昭和14年) に創立された官立の旧制専門学校。創立時の名称は 「新居浜高等工業学校」 (略称: 新居浜高工)。

概要[編集]

  • 戦時体制下の技術者拡充を図るため、1939年に増設された官立高等工業学校 7校の一つ (他の 6校は、室蘭盛岡多賀大阪宇部久留米)。
  • 新居浜高工創立時は、本科 (修業年限3年) に機械科・工作機械科・電気科・採鉱科・冶金科を設置した。
  • 第二次世界大戦中の1944年新居浜工業専門学校と改称された。
  • 学制改革で新制愛媛大学工学部の母体となった。
  • 現存する新制新居浜工業高等専門学校 (新居浜高専) は別組織であるが、愛媛大学工学部が松山市に移転する見返りに、跡地に開設された学校である。
  • 同窓会は 「愛媛大学工業会」 と称し、旧制・新制 (工学部) 合同の会となっている。

沿革[編集]

新居浜高等工業学校時代[編集]

  • 1938年12月18日: 愛媛県議会、「国営高等工業学校設置要望に関する意見書」 を可決。
  • 1939年2月: 県知事・新居浜市長ら上京、高等工業学校設置を陳情。
  • 1939年3月31日: 文部省、高等工業学校増設 7校を発表。新居浜市への設置決定。
    • 住友本社別子銅山開坑250周年記念で 100万円を県に寄附。
    • 愛媛県、住友からの 80万円を国に寄附し、残り 20万円と県費 20万円で寄宿舎建設。
    • 新居浜市、30万円・校地30000を寄附。
  • 1939年5月22日: 文部省直轄諸学校官制改正で新居浜高等工業学校設置 (勅令第336号)。
    • 翌23日、規程・規則制定。本科 (修業年限3年) に機械科・工作機械科・電気科・採鉱科・冶金科を設置。
  • 1939年6月: 新居浜市庄内庄司 (現・八雲町) を校地に決定。
  • 1939年7月10日: 生徒ら、開校祝賀ストームを敢行。
  • 1939年7月11日: 仮校舎で第1回入学式。
  • 1940年4月: 住友アルミ青年学校校舎を第2期生用に借用。
  • 1940年11月: 新校舎第1期竣工。12月9日、新校舎に移転。
  • 1941年3月6日: 寄宿舎竣工。9月1日、「雄風寮」 と命名。
  • 1941年12月28日: 第1回卒業式。
    • 戦時措置による繰上卒業 (1942年から1945年は9月卒業)。

新居浜工業専門学校時代[編集]

  • 1944年4月: 新居浜工業専門学校と改称 (3月28日勅令第165号)。
    • 本科学科: 機械科 (旧機械科 + 旧工作機械科)・電気科・採鉱科・冶金科。
  • 1946年1月: 復員者のために機械専修科を設置。
    • 1期のみで廃止。
  • 1947年1月26日: 同窓会 「国領会」 発足 (1974年5月、「愛媛大学工業会」 と改称)。
  • 1947年1月27日: 理工科大学昇格学生大会を開催。
  • 1947年3月31日: 衆議院、新居浜工専の大学昇格を建議。
  • 1948年5月24日: 四国総合大学設置期成委員会、四国総合大学案を文部省に提出。
  • 1948年6月: 四国総合大学案、文部省の一県一大学方針により挫折。
  • 1949年5月31日: 新制愛媛大学発足。
    • 新居浜工専は工学部 (機械工学科・電気工学科・鉱山学科・冶金学科) の母体として包括された。
  • 1951年3月31日: 旧制新居浜工業専門学校、廃止。

歴代校長[編集]

  • 初代: 浦川敏介 (1939年5月 - 1945年4月)
  • 第2代: 酒井佐明 (1945年4月 - 1948年10月)
  • 第3代: 田中正三郎 (1948年10月 - 1951年3月)

校地の変遷と継承[編集]

新居浜高工創立当初は、新居浜第二尋常小学校 (現・新居浜市立宮西小学校) 校舎を仮校舎とした。翌1940年には第2期生を収容するために、住友アルミ青年学校 (夜間校) 校舎を昼間のみ借用した。1940年末に新居浜市庄内1188番地 (現・八雲町) の校舎が竣工し、移転した。庄内の校地は、後身の新制愛媛大学工学部に引き継がれた。1960年代に入り、工学部が松山市城北地区 (文京町) に統合移転することになり、その見返りとして1962年4月、国立新居浜工業高等専門学校 (新居浜高専) が庄内校地に設置された。高専との同居を約1年続けた後、1963年8月、愛媛大学工学部は松山市城北地区に移転した。庄内 (八雲町) の校地は新居浜高専に引き継がれて現在に至っている。

著名な出身者[編集]

  • 北代省三 - 美術家、写真家。実験工房メンバー
  • 山崎英夫 - エンジニア。実験工房メンバー

関連書籍[編集]

  • 作道好男・作道克彦(編) 『愛媛大学工学部史』 教育文化出版教育科学研究所、1984年7月。

関連項目[編集]