新屋駅 (秋田県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新屋駅
駅舎(2019年6月)
駅舎(2019年6月)
あらや
Araya
桂根 (4.0km)
(3.3km) 羽後牛島
所在地 秋田県秋田市新屋扇町9-33
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 羽越本線
キロ程 265.7km(新津起点)
電報略号 アラ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
921人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1920年大正9年)2月22日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

新屋駅(あらやえき)は、秋田県秋田市新屋扇町(おおぎまち)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線である。

歴史[編集]

待合室内に設けられた書棚(2016年10月)
  • 1920年大正9年)2月22日国鉄の駅として河辺郡新屋町に開業。
  • 1964年昭和39年)10月1日専用線発着を除く貨物の取扱いを廃止。
  • 1985年(昭和60年)3月14日荷物の取扱いを廃止。
  • 1986年(昭和61年)11月1日車扱貨物の取扱いを全廃。
    • この頃まで、当駅から国立食糧倉庫へ至る専用線[1]と、十條パルプ工場(旧・十條製紙秋田工場)への専用線があった。パルプ工場からは数多くの貨物列車が設定されていたが、1986年3月19日に工場が閉鎖されたために廃止された。跡地は解体されて更地になり、現在はその一部が西部工業団地になっている。国立食糧倉庫への専用線は1970年代に貨物列車の設定が無くなったものの、1990年3月の倉庫の用途廃止まで線路が残っていた。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により、JR東日本の駅となる。
  • 2003年平成15年)4月1日:駅業務委託開始。
  • 2016年(平成28年)

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。当駅では秋田方面への始発・終着も設定されている。

秋田駅管理の業務委託駅で、JR東日本東北総合サービスが業務を行っている。朝晩は駅員が不在となる。みどりの窓口自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 羽越本線 下り 秋田方面[5] 一部2番線
2 上り 酒田鶴岡方面[5]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は921人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,092 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,050 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,033 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,002 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 967 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,008 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,021 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,022 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 971 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 925 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 938 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 952 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 936 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 956 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 881 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 878 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 903 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 884 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 921 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

新屋駅から秋田公立美術大学へと続く遊歩道。かつての貨物専用線跡地を利用して整備された。

バス路線[編集]

駅周辺には「新屋駅前」や「新屋踏切前」などの停留所があり、秋田中央交通の路線バスや秋田市マイタウン・バスの路線が発着する。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
羽越本線
快速
羽後亀田駅新屋駅羽後牛島駅
普通
下浜駅 - 桂根駅(※) - 新屋駅 - 羽後牛島駅
(※)一部の列車のみ桂根駅に停車する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 1935年開通。小野田滋「日本の鉄道遺産」『鉄道ファン』No.669、131頁
  2. ^ “2016年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), JR東日本秋田支社, (2015年12月18日), p. 6, https://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20151218-1.pdf 2016年3月21日閲覧。 
  3. ^ 2016年6月18日付秋田魁新報、23面
  4. ^ “羽越本線 新屋駅をリニューアルしました” (日本語) (PDF) (プレスリリース), JR東日本秋田支社, (2016年12月26日), http://www.jreast.co.jp/akita/press/pdf/20161226.pdf 2016年12月27日閲覧。 
  5. ^ a b 時刻表 新屋駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月13日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月21日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月28日閲覧。

関連項目[編集]